FC2ブログ

青年ペットは少年主の命令を守る

2017.01.30.Mon.21:00
良く晴れた休日の昼下がり。カーテンを閉めきったマンションの一室で、一人の青年が拘束を施された裸体をベッドに仰向けで寝転がらせていた。
手首と二の腕を茶色いガムテープを使って括られ、伸ばせないようにされた手を胴体から離せないよう、すでにテープが巻かれている手首の部分と肘の辺りを胸部にテープで縛り付けられた青年に手の自由はもはや無い。
一応指は使えるが、青年は口に貼り付けられたテープを剥がし口内に詰め込まれた布を取り出す程度の動きすら出来ない。そんな状態では、足首と太ももを括るテープを剥がす事など当然不可能。加えて、尻穴に嵌まり込んだまま抜け落ちないようテープで固定された極太のアナルバイブの駆動をとめ、柔らかな腸内を乱暴に掻き毟る責めを終わらせる事ももちろん叶わない。
両手両足を縛り上げられ、言葉を封じられ、無感情な淫具で休み無く体内を抉られている状況は堪えがたい快楽だけでなく、堪えがたい屈辱と恥辱を生む状況だ。
しかし、当の青年は。あらゆる自由を奪われ、一方的な快楽でいたぶられているはずの青年は屈辱はおろか恥辱さえも感じていない。青年が感じているのは、快楽を始めとした甘い悦びの感情。そして、ベッドの上でくぐもった喘ぎを漏らして身悶えている自分を椅子に座って笑いながら観察している少年の命令を守らなければという義務感だ。

「お兄さん、さっきから痙攣が激しくなってるけど…もうイっちゃうの? 僕の命令に、逆らいたくなっちゃった?」
「んんーんっ! んぅぅ!」

意地悪な少年の言葉に、青年は首を左右に振りつつ否定の唸りを上げた。
すると、その否定の様子を見て、聞いた少年は笑みに鬼畜な色を滲ませ、声を愉しげに弾ませながら言う。

「そんなに強く否定する程僕の命令を守る気で満ちてるんだね。それじゃ、もっと強くしてもちゃんと守れるよね?」

青年の返事を聞かずに、少年は床に置いていたアナルバイブのリモコンを靴下を履いた右足の親指で動かす。MAXと示された位置までスライドされたリモコンのつまみはピンク色のコードを伝ってバイブに指示を出し、バイブはその指示を受けて今まで以上に容赦無く暴れ出す。
腸壁をぐりぐりと擦っていたバイブのイボが、更なる激しさと強さで腸壁を擦る。その刺激は青年に理性が吹き飛びそうな快感を叩き込むが、青年はどんなに射精欲が込み上げてもそれを必死で抑え続ける。自分を快楽で飼い慣らす少年主が提示した命令を守らなければ、一時間の間射精を迎えずにアナルバイブの責めを耐えるという命令を破ってしまったら、今日一日男根ではなく淫具だけで弄ばれてしまうからだ。

「んむぅぅぅーぅっ! ふぐぅぅ! むごぉぉぉぉぉーんっ!!」
「僕のチンコでケツマンコを犯されたいんでしょ、お兄さん? ほらほら、あともうちょっとだから頑張って」

命令を守り切れずに射精を迎えたら、お仕置きと称して乳首と性器に淫具を取り付け休み無い連続絶頂で可愛がろう。ちゃんと命令を守り切れたらご褒美と称して縛った姿のまま尻穴に性器を挿入し、乳首と性器を指と舌で苛めながら許してと鳴き叫んでも許さずに可愛がろう。
どちらの結果になっても、鬼畜な少年主が青年のペットを淫らに可愛がるのは変わらず。少年は一体どっちになるのかと愉しみにしながら、ベッドの上でガクガクと震えつつ射精を堪える愛しい青年ペットの痴態を椅子から立ち上がって観察する。
立ち上がった少年主に観察されている青年は、無慈悲とも言える責めに悶え苦しみながらもふくらんでいる少年の股間と無意識に高ぶっている少年の表情を見つめ、自分のよがり狂う様で主が興奮している事実にこれ以上無い悦びを覚え、心と身体をきゅんきゅんと甘く疼かせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


生意気な番長を性的に懲らしめてみた
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

少年は自室で淫乱ペット達を可愛がる

2017.01.26.Thu.21:00
品行方正にして成績優秀、運動神経も悪くなく金持ちの息子という妬みを生む要素が霞む程に慕われる人格を持った少年がいた。
クラスメイトだけでなく、他学年や教師からも信頼を抱かれるその少年に悪い噂は全く無く、誰もが校内で見えている少年の様子をそのまま彼の私生活にも当て嵌めていた。
実際には、全然違うというのに。自身が住む屋敷に戻り他人の目を気にせず欲望のままに振舞える環境にいる少年は、口調と態度こそ変わらないものの瞳に常に淫らな欲をちらつかせ、自分の命令を悦んで聞く二人の執事の男を淫猥に可愛がる事を心の底から愉しんでいるというのに。
学校から帰ってきた少年は、部屋に戻るや否や二人の執事に執事服から着替えるよう命令を出した。それも、恥部を一切隠さず性的な意味で隷属する存在である事が一目で分かる衣装に、だ。
普通の男であれば、反射的に拒否を口にするだろう。しかし、二人の執事は違う。主に命令されたから着替えるのではなく、愛しい主にご奉仕をさせて頂ける、愛しい主に甘い快楽で可愛がってもらえると嬉しさの感情を胸に湧き上がらせ、拒否の選択肢は二人の脳裏に浮かぶ事すら無く淫乱に蕩け始めた思考の奥底に沈んでいく。

息を緩く乱しながら服を脱いで裸体となり、いつもの場所から使い慣れた衣装を手に取る二人の執事に、普段の凛とした様子はどこにも無い。
自身の名前が刻まれたプレートが吊るされた黒い首輪を自らの手で首に巻き付け、少年主から贈られた白いイヌミミと黒のネコミミの飾りを背筋を震わせながら頭部に取り付け、異物を受け入れる幸せを知っている尻穴にローションをたっぷりとまぶした白い犬尻尾と黒い猫の尻尾が垂れ下がったアナルパールを慣れた手付きで奥まで挿入し、犬の足と猫の足を模したグローブとブーツを装着した手足を大きく開いてピンと伸ばした四つん這いの体勢を自ら取っている二人の男はもはや執事としての姿を完全に失っている。
どこからどう見ても、二人は従順なペット。少年主の用意が終わると同時に始まる甘い甘い苛みの時間を心から待ち侘びる淫乱極まりない雄犬と雄猫のペットだ。

「ふふっ…良い子に待てましたね。本当に、エッチで賢いワンちゃんと猫ちゃんだ」
「わぅ…わぅぅんっ」
「んにゃ、にゃぅぅんっ」

二匹のペットは用意を終えた少年主に褒められながら頭を撫でられると目を細めて甘え声で鳴く。そして、頭を離れた主の手が手足に嵌めたグローブとブーツに鍵を掛け脱ぐ事と指を自由に動かす事を封じ出すと、二匹は抑え切れぬ興奮により息を熱くし、開いた足の間にあるたくましい男根を仲良く硬化させていく。

「わん…わんっ」
「にゃぁ、にゃはぁぁっ…!」

本物の動物さながらに発情し、無意識に腰を揺らしながら責めを求めておねだりの鳴き声を上げる犬と猫。しかし、少年の主は発情したペットの様子に微笑むだけでそのおねだりには応えず、手足に鍵を掛けると四つん這いになっている二匹の背後に回り、床に直接腰掛けると左右の手の指を唾液で湿らせ、湿らせた指を二匹のペットの亀頭に近付けながら愉しそうに言った。

「今から、ワンちゃんと猫ちゃんの気持ち良いところをたっぷり可愛がってあげるからね。先に四つん這いの格好を保てなくなった方は今日は僕のおチンチンをお預けしちゃうからね。欲しい子は頑張ってね」

優しい口調で言い、少年主は唾液で濡れた指先を二つの亀頭に触れさせ、何の躊躇いも無く過敏な亀頭を最初から激しく指で擦り始めた。
当然、苛烈な快楽が二匹の身体に走る。全身がビクビクと震え、肌には一気に汗が噴き出す。けれど、二匹は伸ばした手足を緩める事はせずに四つん這いの体勢を続けている。少年主の男根を、口と尻穴が欲しい欲しいと喚いているからだ。

「あぉぉぉんっ!! わぅ、きゃうぅぅ! あぉ、はおぉぉぉ!!」
「にゃぁぁぁーんっ!! んにゃ、にゃぁぁ! にゃ、はっ、にゃぁぁぁぁーっ…!」

目を剥き、震える口から尖らせた舌を突き出しているであろうペット達の仰け反った頭部と身悶えに合わせて左右に揺れ動き亀頭を責め立てる手を軽く叩いている二本の尻尾を見つめながら、少年主はどっちが勝負に勝つか、負けた方にどんなお仕置きをしようかを考えながら、一層激しく亀頭を指で擦って二匹のペットを甘く鳴き叫ばせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


生意気な少年を犯してハメて露出調教

男は拘束されたまま興奮を募らせる

2016.12.09.Fri.21:00
赤い絨毯が敷かれた薄暗い部屋の中央に、裸体の男がいる。程良い筋肉に覆われた肉体を持つその男は、鍛え上げた筋力をもってしても壊せない頑丈な手枷で左右の手首を頭上に持ち上げたまま天井から吊るされ、手の物と同じ枷で足首を繋がれた足で立ったままの姿を強いられている。その上、男は目に視界を塞ぐ黒布の目隠しを施され、口には言葉を封じる穴の開いた黒いギャグボールを噛まされている。
見る事としゃべる事、加えて移動まで禁じられた男はもはや何の抵抗も出来ない。命を脅かすような行動を取られても、大人しく受け入れるしか無い。
だが、そんな状況にありながら男は全く恐怖を抱いていない。それどころか、男は左右の乳首を硬く尖らせ、男根を硬く勃起させて透明な先走りを先端に滲ませ、尻肉の奥に隠れている窄まった穴をヒクつかせ、明らかな性の興奮を抱いていた。

自由を奪われた状態で興奮を高めている男の姿は、はたから見たら異常だ。しかし、男の淫らな本性を良く知る青年にとっては異常でも何でもない当然の様子であり、青年は男の尖った乳首とふくらんだ男根を見つめながら愛しげににっこりと笑い、荒く乱れた呼吸を繰り返す男の耳元に唇を近付けて意地悪く囁いた。

「まだ何もしてないのに、もう興奮しちゃってるんですね。自分が仕える主の前で裸を晒して、抵抗を奪われている恥ずかしい状態だっていうのに乳首とチンコを硬くして…貴方は本当に、とんだ淫乱執事ですね」
「んむ、うぅんっ……」

浴びせかけられる嘲りの言葉。けれど、執事の男はそんな嘲りの言葉にも興奮を募らせてしまう。
愛しい主に淫らな自分を見てもらえている事が嬉しいから、愛しい主に淫らな自分を捧げられる事が幸せだから、そして何より愛しい主の声が欲情で掠れている事に愛されている実感が湧くから、執事の男は嫌でも興奮を募らせて乳首と男根を更に硬くし、谷間の奥で尻の穴をきゅんきゅんとヒクつかせてしまう。
一層身体を火照らせ、息を荒くし、立ったまま拘束された姿で腰を揺らし始める淫乱執事の変化に気付いた青年主は口元を愉しそうに歪め、また自由を奪った執事の耳元に囁く。

「僕の言葉で、余計に興奮しちゃったんですか? もう、苛めて欲しくて堪らないんですか?」
「んむっ…ふっ、んふぅぅんっ」

主の問いに、執事は意味の無い唸りを唾液と共に零しながら顔を縦に振った。
主の声で興奮を強めてしまいましたと、いつもみたいに快楽で苛めて絶叫するくらいによがり狂わせて欲しくて堪らないですと、正確な意思が伝えられないなりに執事は一生懸命に主張した。
が、意地の悪い主はそんな執事の意思をしっかりと把握しておきながら、無情にも却下した。快楽を欲しがって身悶える年上の執事の可愛らしい様子を、もっともっと観察して愉しみたいと思ったからだ。

「可愛いおねだりですけど、今日はまだ苛めてあげませんよ。貴方が焦れに焦れて、どうしようもない程に発情し切ってから…貴方の大好きな僕のチンコで、めちゃくちゃにイき狂わせてあげますからね?」
「っ…ふぅぅんっ…!」

ズボンから取り出された主のたくましい男根が執事の左の太ももを擦る。太ももではなく、口の中を擦って欲しい。それ以上に蕩けている尻穴を擦って欲しい。淫猥な願望が執事の中で湧き上がる。
それらの願望が執事の肉体をより蕩けさせ発情状態へと内側から追いやっていく過程を主は時折もどかしい快楽で裸体を責め立てながら存分に愉しみ、執事の精神と肉体が淫欲の事しか考えられない状態となったのを確認すると手を吊るしている拘束だけを解いてやり、疼きに疼いている尻穴を自らの男根で抉り倒し宣言通りに執事をめちゃくちゃにイき狂わせて悦ばせるのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


日焼け×少年×オリジナル

歪んだ愛情は拘束と躾に変わる

2016.08.30.Tue.21:00
部屋に敷かれた赤い絨毯の上で一人の男が、情けない恰好で裸体の自由を取り上げられている。
男の口に噛まされている穴の開いた赤のギャグボールは、男にまともな言葉を発せないようにさせつつ、唾液をだらしなく垂れ流す状況を生んでいる。
左右の足首同士と膝同士を繋ぐ棒の足枷は、男に足を大きく開かせたまま閉じる事を禁じ、股間をさらけ出す状態を強制している。
背中に回させた男の手首同士を繋ぐ黒革の手枷は男の首に巻き付けられた黒の首輪の後部と鎖で結合されており、男は不自然に手を後ろで捻り上げたまま下ろしたくても下ろせないようにされている。
その上、男に装着された首輪の前部に結ばれた縄は足を拘束する棒枷を経由して男の股間へと伸ばされ、睾丸を絞り出す革のベルトと遊び無く繋がれている。

手を背中で拘束されている為に、男は言葉を奪うギャグボールや足の動きを制限する枷を外そうと試みたくてもそれらに触れる事さえ叶わない。
丸出しの尻穴や男根を隠したいと思っても、首輪と睾丸を足枷を通じて縄で繋がれている男は下手に身動きをしたら睾丸が激しく絞め上げられてしまう為暴れる事も出来ず、赤い絨毯に胸と膝を着けて裸体を支え覆い隠す物の無い丸出しの尻穴と男根を高く掲げる体勢のまま大人しくするしか無い。

手は使えず、立つ事も不可能。声も出せず、恥ずかしい場所を見られても対処のしようは無い。
ただじっとしているだけでも恥辱と屈辱に襲われる無様な姿にされた男。だが、男にそんな姿をさせた存在は、すでに十分辱められている男に更なる辱めを与えた。男が最も見られたくないと思っている場所、きゅっと窄まった尻穴が良く見える背後に一人掛けソファーを置いて腰掛け、革ベルトに絞られている睾丸や首を左後ろに回した男の許しを請う視線を愉しみながら、無防備な尻穴を弄び始めた。
発情を促す薬品を固めた小さな球を一粒ずつゆっくりと尻穴に挿入し、腸内の温度で溶けた淫薬の効能で無理矢理に発情させられていく男の苦悶の反応を堪能するという形で、抵抗の行えない男を容赦無く辱めたのだ。

「んー…! ふ、ぐふぅっ…!」

無慈悲な指が尻穴に押し込んでくる淫薬の粒に性の興奮を高められた男は目を剥き、ギャグボールの穴から濡れた吐息と唾液を零しながら身をよじっている。
粘膜から直接淫薬を吸収させられた尻穴は、自覚出来るくらいにヒクヒクと収縮を繰り返し、気が狂いそうな程に疼いている。
しかし、その疼きを鎮める方法は無い。指で疼く穴を掻き回したくても指は尻穴に届かず、身をくねらせて疼きを紛らわしたくても睾丸の革ベルトを気にしながらでは到底疼きを散らせる程の動きは出来ず、恥を承知で背後の存在に尻穴を突き出して刺激を望んでも残酷な相手は応えてくれず、むしろ疼きを加速させるかのようなもどかしい刺激を、ヒクつく尻穴を指でつついて愉しむという意地悪な仕打ちを与えてくる。

「ほ、もおぉ…! うぐっ、むぐっ…あぶぅぅ…っ!」

不明瞭な声で紡がれる唸り。それは助けてなのか、許してなのか、気持ち良くしてなのか、それは分からない。
だが、分からなくても良い。男を拘束し、好き勝手に嬲る存在は。一回り以上年上の男を裸体で拘束し、甘い苦しみを注いで嬲る青年は、目の前で男が甘く鳴いて身をくねらせている事実だけで十分だからだ。

「○○さん…もっとよがり狂って良いですよ。もっとよがり狂って…二度と教育役だからなんて言い訳が出来ないくらい、僕への服従心を抱いてくださいね」
「うぐ、うぅ、んむぅぅっ!」

幼い頃から自分の世話をした男に強い愛情を抱き、男に立場を理由にして断られ続けた為に強い愛情を歪めてしまった青年。
そんな狂い始めた青年をどうにかして正常に戻そうと男は考えているがそれはもはや手遅れで。青年は捕らえた男が自らの意志で自分を求めるよう長い時間をかけて心と身体を躾け、男は青年に対する教育役としての立場を完全に忘れて発情に屈服し、青年が与える拘束と快楽を悦んで欲しがる愛玩奴隷の立場へと堕とされてしまうのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


絶頂CONTRACT

鬼畜な少年は犬に命令を与える

2016.06.25.Sat.21:30
「んむぅぅぅ…ふぅ、んっ…うむぅぅっ…!」

広い屋敷の地下室に、苦しげにくぐもった声が聞こえている。その声の主は一人の青年。自らがこしらえた借金が原因で、屋敷の主に金で買われ。その主から主の息子である少年へとプレゼントとして贈られたその日から、中性的な顔立ちからは想像も付かない程に鬼畜な少年の遊び道具にされている青年だ。
プレゼントにされ少年の元に辿り着いた青年はそのまま地下室へと移され、一度もそこから出る事を許されていない。それどころか少年は青年に衣服を身に着ける事さえ許さず、代わりに行動の自由を奪う拘束具を常に身に着けさせて青年に自らの立場を教え込み、その立場に相応しい振る舞いと心構えを容赦無く躾けていた。両手両足に犬の足を模した鍵付きの黒のグローブとブーツを嵌めて指を使う事を封じ、頭部に鼻の穴以外を隙間無く覆ってきつく絞め付ける犬の顔に似せた鍵付きの黒い全頭マスクを被せて視界と言葉を封じ、淫薬をたっぷりと注ぎ込んだ尻穴で黒い犬の尻尾が付いたアナルプラグをふくらませて栓をし、淫薬で発情する肉体を自らの手で慰める事も許さないまま赤い首輪の鎖を引いて青年に地下室内を散歩させている、今の状況のように、だ。

「ふ、ぐ…むぅ、んむぅぅぅんっ…」

発情を無理矢理に促す薬品の効果が全身に回った青年の肉体は、すでに施されていた調教の成果も相まって淫猥に熟してしまっている。
息は乱れ、左右の乳首は硬く尖り切り、足の間で勃起した男根は首輪を引いて歩かされる度に先端から滲み出た透明な蜜を地下室の床に垂らし、淫薬を流し込まれた尻穴は栓の役目を果たしているアナルプラグを無意識にはむはむとしゃぶり、黒い尻尾を揺らしてしまう。それはもはや淫らな刺激を欲しがっていない場所を探す方が難しい状態で、青年の思考は湧き上がる淫欲によって快楽を心の底から求めるまでに追い詰められている。
だが、どんなに快楽が欲しいと思っても、手に入れる事は出来ない。少し動かせば疼きに疼いている場所を犬グローブを嵌めさせられた手で刺激出来るが、もしそれをしたら飼い主である少年の気を損ねてしまう事になる。
手足の自由、言葉と視覚の自由、そして食事を与えるか与えないかの判断を握っている鬼畜な少年を不機嫌にさせたら、どんな仕置きが待っているか分からない。その仕置きの苛烈さと甘さをその身をもって知っている青年は少年への恐怖で欲望に溺れられず、火照り切った肉体を少年が引く鎖に合わせて四つん這いで歩かされ、解消させてもらえない欲望と休み無く歩かされる疲弊に精神と肉体を責め立てられている。

「んー…! むぅっ…ふむぅぅ…!」

汗に濡れた青年の肉体はガクガクと震え、全頭マスクから漏れる鼻呼吸と呻き声は甘く痛々しい。しかし、無慈悲な少年はそんな青年に向かって非情な言葉を放つ。視界が塞がれた青年には自身の愉しげな表情が見えていない事を理解した上で、冷たい口調を作って残酷な言葉を浴びせた。

「どうしたの? 全然ちゃんと歩けてないけど…もしかして、僕の命令に従いたくないって事かな?」
「んぅ!? むぅー…うぐぅぅ!」

少年の発した言葉に怯え、青年は息苦しさに襲われる事も忘れて否定の唸りを叫ぶ。その様子を見た少年は愉しげな表情を更に濃くさせ、冷たい口調を保ったまま続けて言った。

「従う意思はちゃんとあるんだね。なら…ちゃんと手足を伸ばして、開いて、ワンちゃんのエッチなところを揺らしながら歩きなさいって言っても……お仕置きが必要無い良い子だったらその通りに従えるよね?」
「むぅ、んむぅぅ!」

一生懸命に首を縦に振りながら、青年は疲れ切った手足に力を込めて少年が出した命令を忠実に守ろうとする。
その従順な姿に少年の飼い主は背筋をゾクゾクと興奮で震わせ、ズボンの下で少年らしからぬ逸物を硬く膨張させながら、年上の愛しい青年ペットをどうやって淫猥に鳴き喚かせてあげようかと、散歩の後に施す責めを考えていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


unknown act-2
 | HOME | Next »