FC2ブログ

少年達は刑事を盗んでよがり狂わせる

2018.07.21.Sat.21:00
刑事の男は、欠片も油断などしていなかった。刑事が捕らわれの身に堕とされた理由はたった一つ、敵である少年窃盗団が一枚も二枚も上手だったからだ。
盗みの標的である宝飾品が展示されている美術館の死角となる位置を綿密に調べ上げ、催眠効果を生み出す無色無臭の気体を一番効率よく美術館全体に行き渡らせる場所を選び出し、姿を晒すことすらせずに美術館の職員だけでなく職員から予告状を見せられたことで集まっていた警察官達までもを深い眠りへと落とした少年達は狙いである宝飾品を悠々と盗み出し、ついでとばかりに床に転がっていた刑事の男を数人がかりで運び出し、自分達のアジトへと連れ去ってしまった。
無様に眠らされ、少年達の盗みを成功させたばかりか捕らえられてしまった刑事の男。そんな刑事の男から少年達は衣服を全て奪い、代わりに茶色のガムテープを用いた厳重な拘束を与えた。背中に回させた左右の腕を、伸ばした状態のままガムテープを何重にも巻き付けて縛り上げ、更に折り畳ませた足を伸ばしたくても伸ばせないよう腕と同じくガムテープできつく、緩み無く、肌の色が見えなくなるくらいに縛ったのだ。

眠っている間に衣服を奪い取られて裸体にされ、両手両足を拘束されていた刑事の男は、情けない格好で床に転がる自分を取り囲み、笑って見下ろしている少年達に驚きと恐怖を抱き、まどろみから一気に覚醒すると手足のガムテープを剥がそうとして必死になって暴れた。
もちろん、しつこく巻き付けられたテープは刑事が幾らもがいても全く緩まない。握り拳を強制する状態になるよう、足の指を内側に曲げた状態になるようテープを巻かれているために、刑事は指一本すら自由には動かせない。
無意味な足掻きを繰り返す刑事。そんな刑事を作り出した少年達は残忍な笑みを濃くしながら怯える刑事にゆっくりと近付き、のたうち回る刑事の近くでしゃがみ込むと、覆い隠すこともままならない無防備な裸体に手を伸ばして無慈悲な責めを加え始めた。

刑事の乳首と、男根を責め立てて甘い快楽に喘ぎ鳴かせながら刑事の痴態を意地悪く指摘し、刑事の心と身体を屈辱と恥辱で痛め付ける苦悶を与え始めたのだ。

「あっ、あぁぁぁっ! やめ、やめへぇっ!! も、やめひぇ、くれぇぇぇぇっ!!」

正座のような座り方をさせられた刑事の左右の肩を掴む二人の少年が、肩を掴んでいない方の手で刑事の乳首を好き勝手に弄んでいる。
刑事の折り畳まれた足を限界まで開かせた二人の少年が、足を押さえ付けていない方の手で刑事の肉棒と睾丸を弄くり回し、望まぬ絶頂を何度も何度も味わわせている。

一回り以上年下の少年達に自由を奪われ、一方的に嬲られている状況は刑事の誇りを傷付け、怒りと悔しさを感じさせている。だが、刑事はその怒りと悔しさを遥かに上回る快楽を感じてしまっている。
硬く尖った乳首を強く捻られ、引っ張られ、カリカリと引っかかれると背筋がゾクゾクと震えるような悦びが全身に駆け巡る。男根を少年の手で扱かれ亀頭を親指でぐりぐりと擦られながら同時に睾丸をやわやわと揉み込まれると、堪らない快感を覚えて甘い声が漏れ、追い立てられるがままに絶頂を迎え、精液を噴き出させてしまう。

「んぅ、おっ、ほぉぉぉっ!! イっでる! イっでりゅ、がらぁぁぁっ! んひっ、ひぅぅぅぅっ! も、ゆりゅじで、イぎだぐない、イがぜないれ! たしゅけへ、ゆりゅひへくらひゃぃぃぃっ!!」

涙をとめどなく零し、汗と淫液で汚れた裸体を痙攣させながら、刑事の男は少年達に向かって一生懸命に哀願を行う。
しかし、少年達は刑事に慈悲を与えない。悲痛な叫びに対し、少年達は残酷な返事を行う。

「刑事さん、まだ一時間も経ってないのにもう限界なの? だらしなさ過ぎるよ」
「俺達はまだ一組目なんだよ? 刑事さんを苛めたい奴らは見ての通りたくさんいるんだから、この程度で音を上げてたら最後まで持たないよ?」

今刑事を嬲っている少年達は、四人。順番を待っている待っている少年達は、刑事の正面の視界内だけでも十数人いる。
この快楽地獄は、まだまだ終わらない。容赦無く絶頂へと追いやられる淫らな苦しみからは解放されない。それに気付いた刑事は快楽に蕩けた顔を絶望に歪ませて、狂ったように許しを請う言葉を発しだした。

「いやぁぁぁっ! も、いやぁぁ!! 誰か、たひゅけてぇぇぇぇーっ!! もう、やら! イぎだくない! しゃせーいやらぁぁぁぁぁーっ!!」

耳に心地良い惨めな刑事の絶叫を愉しみながら、少年達はその絶叫を甘い悲鳴に変える為に乳首と男根を更に激しく責め、順番を待っている少年達は自分の手で刑事をよがり狂わせることに対して期待を膨らませながら、ズボンの下で自身の男根を硬く勃起させている。

「いやっ! やぁぁぁぁーっ!! イぐっ、イぐイぐぅぅ!! まら、イぐ! イっぢゃぁぁぁぁーっ!!」

助けの来ない少年窃盗団のアジトには、少年達に盗まれた刑事が発する淫猥な鳴き声が哀しく反響し、刑事の絶望と少年達の興奮を加速させる役割を担っていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


カンナビス総集編2011-2013
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

少年は肉奴隷を眺めて微笑む

2018.05.27.Sun.21:00
「んっ! んむぅぅ! ふっ、ぐふぅっ……うぎゅぅぅぅっ!!」

跳び箱に似た形状をした台に仰向けで寝かされ、両手両足を台の側面に幾本ものベルトを使って縫い付けられ、逃走と抵抗を完全に封じられた男の裸体が淫具を用いた快楽責めに屈して、十数度目の絶頂を迎えた。
男の口を塞ぐ黒い棒状の口枷の隙間から漏れる悲鳴は淫らに歪み、勃起したまま萎える暇さえ与えられない男根の先端から溢れる液体は白色を完全に失って無色透明な先走りだけとなっている。
だが、男を嬲る淫具達は無慈悲な快楽責めを一切緩めない。男が悲痛な絶叫を部屋に響かせようと、絶頂へと追い立てられすぎた男根が精液を吐き出す事の叶わない不完全な絶頂に苦しもうと、無感情な淫具達は無防備にさらけ出された男の性の弱点を容赦無く刺激して絶え間無い絶頂を要求するだけだ。

「んむぉぉ! ふーっ……ふぅーっ! うぐ、うぅ! んむぉぉぉっ……!!」

左右の乳首に貼り付けられた、楕円形のローター。男根の亀頭すぐ下と根元に巻き付けられた黒く細いベルトと一体化し、裏筋をぶるぶると振動させているローター。台の上部に固定された機械から伸び、男の尻穴をじゅぼじゅぼと淫猥な水音を立ててほじっている男根を模した極太の張型。手を拘束されているせいで駆動をとめるどころか触れる事すら出来ない淫らな機械達を涙の潤んだ瞳で見つめながら男はまた絶頂へと至り、ぐったりと脱力した。

「んも、もぉ……! ほ、ぶ……うぐぅ、むぐぅっ……」

自由を奪われた男の脱力した裸体に、休む事を知らない淫らな責め具達は変わらぬ快楽を注ぎ、次の絶頂へと追い詰めていく。
終わりの見えない甘い地獄。そんな地獄に絶望する男の霞んだ視界に、今まで見えていなかった物が映った。
絶頂の余韻で脱力し、顔を台の上からだらんと垂らした男の逆さまの視界に映ったそれは、一人の少年。ランドセルを背負った一人の少年だった。

「っ!? んぅぅぅ!! むぅぅっ! んぐぅぅぅぅーっ!!」

人が、来た。自分をこの淫らな苦悶から救い出してくれるかも知れない存在が、訪れた。
少年に気付いた男は目を見開き、現れた少年に向かって助けてくれの意思を込めて唸りを発した。
すると、少年はランドセルを床に置いて部屋の入り口へと駆け寄り扉を開くと、助けを呼びに行ってくれたと希望を抱いていた男に困惑を与える言葉を発した。

「パパー!? 僕の部屋にいるのがパパが言ってた刑事の人ー!?」
「む、ぅ……!?」

何が起こっているのか分からず、意味も不明な発言に甘い快楽で痺れた思考内で疑問符を浮かべる刑事の男の耳に、今度は聞き慣れた声が聞こえた。
刑事の男を捕らえ、連れ攫った犯罪組織のトップである男の、優しげな声が。

「そうだよ。前に自分専用の雄の肉奴隷が僕も欲しいって言ってただろ? いつも良い子にしてる○○にパパからのプレゼントだよ」
「パパ、ありがとう! 出来るだけ壊さないよう、大事に遊ぶね!」
「欲しいものがあったらいつでも言えよ? ペット用の首輪も、逃がさないようにする檻も、言えばすぐに用意してやるからな?」
「うん、分かった!」

自分の常識では考えられない異常な会話とそれを当然の物として認識している少年に対して恐怖を抱き、背筋を震わせる刑事の男は、父親の元から自分の元に戻ってきた少年に、肉奴隷の主として自分に快楽を注ぐ愉しみで目を輝かせている少年に、数十秒前の救いを求める視線とは全く別の怯えに満ちた視線を寄せていた。

「怖がらなくても大丈夫だよ、刑事さん。痛い事はしない、毎日毎日、たくさん気持ち良くしてあげるからね?」

刑事の怯えの表情を眺めながら、少年はにっこりと微笑むと刑事に快楽責めを施している淫具のリモコンに手を伸ばし、何の躊躇いも無く、ダイヤルをMAXと示された位置まで回していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


エッチするならパパ穴で(1)

飼い主はペットの全てを淫らに握る

2018.05.16.Wed.21:00
明かりが落とされた地下室の中央に、一人の青年がいる。暗闇の中にたたずんでいるその青年は、好き好んでその場所にいるのではない。衣服を着る事も許されない裸体に拘束を取り付けられているために、その場所から移動したくても出来ないのだ。
黒色をした革製の枷を嵌められた手首と足首は枷同士を繋ぐ短い鎖で手足の自由を大きく制限され、手足の枷を天井と床の金具に繋ぐ長さの違う鎖によって、逃走と体勢の選択肢を奪われている。床の金具と足の枷を繋ぐ鎖は非常に短く、青年は地下室の中央から離れる事を禁じられている。天井の金具と手首の枷を繋ぐ鎖は足の物に比べたら遥かに長いものの床に寝転がった楽な体勢を取るには全く長さが足りず、青年は地下室の中央で手首を高く持ち上げたまま正座をするのが一番ましという状況に追いやられている。
手足を厳重に拘束され、地下室に監禁された青年。そんな青年は、視界を塞ぐ黒革の目隠しの下で眉根を寄せて棒状の口枷を噛み締めながら、大人しく正座を続けている。暴れても拘束が外れない絶望の事実を身をもって知り、暴れた事で拘束具を少しでも破損したらお仕置きと称して何時間も責め立てられる恐怖を、心と身体に刻み込まれてしまったせいだ。

自力で外せない拘束を解こうともがき、それが原因で苦しみ悶えさせられるならば最初からもがかないのが最も賢明。青年はそう自分に言い聞かせて、大人しく座り続ける。そうして、完全な暗闇と無音の中で、足のしびれを時折座り方を工夫して誤魔化しながら待ち続けて、どれほどの時が過ぎた頃だろう。不意に地下室の扉が開き、電灯のスイッチを操作する音と共に声が聞こえた。
裸体の青年を拘束して地下室に監禁し、好き勝手に弄ぶために飼い慣らしている少年の声が、だ。

「お兄さん、ただいま。今日も、たくさん遊んであげるからね」

にっこりと微笑みながら少年は愛しいペットである青年の元に歩み寄ってしゃがみ込むと、右手を青年の股間に伸ばして男根の先端を指先で撫でた。

「んむぅぅんっ!」
「ふふっ……お兄さんのここ、ガチガチに膨らんでるね。今日のお薬はいつもより効果が強い物にしたから、ちょっと弄っただけで射精したくて堪らないでしょ?」
「んっ、んぅ、ふむぅぅ……!」

食事に混ぜられた、普段の物よりも強烈な効き目を持つ媚薬。その薬効でもたらされた淫らな欲望に長時間苛まれた男根を少年の指先で意地悪く撫でられる青年は今まで必死になって意識を逸らしていた射精への渇望を際限無く掻き立てられてしまう。

「ね、お兄さん。精液出したい? 僕の手でこのオチ○チンをごしごし擦られて、精液をびゅーびゅー撒き散らしたい?」
「むぅぅんっ! んむ、むぐぅぅんっ!!」

少年が耳元で囁いた問いかけに、青年は何の躊躇いも無く首を縦に振り乱しながら肯定の唸りを上げた。一回り近く年下の少年に射精を迎えさせられる事に対する屈辱と恥辱は長期間の監禁生活の中で削り落とされ欠片も残っていない事に加えて、男根を襲う射精欲は到底耐えきれる物ではないからだ。

「そんなに射精したいんだ……じゃあ、させてあげない」
「んむぅぅっ!?」

愉しげな口調で残酷に伝えられ、怯えと絶望に満ちた唸りを発した青年の様子に背筋を震わせながら、少年は右手で男根を苛めつつ言葉を続ける。

「今日はこのまま、お兄さんが失神するまで焦らし続けて、苦しむ姿を愉しんであげる。その代わり、明日は学校が休みだから朝からたっぷり射精させてあげるよ。今日よりも強い薬を投与して、快感が無いとおかしくなっちゃう状態にして、失神してもすぐに起こして一日中イきまくらせてあげるよ。だから、今日は射精はお預け」
「んーんっ! むぅ……むぐうぅ……っ」

今日はどんなに頼み込んでも射精をさせて貰えず、明日は幾ら許しを求めても、吐き出す精液が無くなっても媚薬で火照らされた肉体を途切れの無い絶頂へと追いやられる。
それはあまりに残酷な仕打ち。だが、その仕打ちに打ちひしがれても青年にそれを拒む事は出来ない。自由を奪われたペットである青年は、飼い主である少年に逆らう事など出来ない。

「お兄さんのオチ○チン、ビクビクしてるね。射精したい、射精したいって言ってるみたいだよ」
「んー! んぅ、ふむぅ……!」

少年に監禁され、淫らに哀願される青年は男根をもどかしく弄くり回す指の動きに物足りなさを感じて無意識に裸体をくねらせ、自分の全てを握った年下の飼い主の目をこれ以上無く悦ばせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


氷の戦士 ブルーアイシクル 恥辱の洗脳実験前編

淫らな青年は恥部を晒して誘惑する

2017.12.20.Wed.21:00
少年はいつも通り、店の主人の指示に従って山奥の家に食料を届けに来た。本来なら、指定された場所に荷物を置いてすぐに帰るのだが、その日の少年の行動は違った。
家の裏から聞こえてきた苦しげな声に気付いた少年は、家の主人である青年が具合を悪くしているのかも知れないという心配の感情を抱き、荷物を置いた後家の裏に回ったのだ。
開け放たれた障子の中に見える畳敷きの部屋に敷いた布団の上で、裸体に縄を着た青年が一人で自慰に耽る光景が待っている事など欠片も想像せずに。

「あっ…んあっ。はっ…くぅんっ……ふあ、あっ」

亀甲縛り、と呼ばれる手法で胴体に縄を着せ、足首と太ももを短く括るように縄を施した青年は、大きく開いた自分の足の間に左右の手を伸ばして張り詰めている男根を擦りながら尻穴を指でぐちゅぐちゅとほじくり回している。
恍惚の表情を浮かべて快楽を求める青年。わざと自分を縛り、行動の自由を奪った上での自慰に耽る青年。そんな青年を、少年は見てはいけないと思いつつも目が離せずに眺め続け、こんな事をしてはいけないと自分を制しつつも欲望を抑えられず、物陰に隠れながら硬く膨らんだ自身の男根に右手を伸ばして、青年と同じように男根を擦り始める。

「ふぁっ…あぁ、気持ち、いぃっ……イくっ、イくぅっ!」
「あっ…はっ、ふっ…くぅ、んっ」

跳ね上がった青年の嬌声を耳にしつつ、甘い声を殺しつつ自慰を行う少年。山奥の小屋に、男根を手で擦る粘ついた水音が鳴り、声を抑えない青年の喘ぎと声を抑えた少年の喘ぎがしばらく響き、先に自慰を行っていた青年が甲高い鳴き声を発しながら少年よりも早く絶頂に達した。

「イくっ…イくぅぅっ! チンコと、おひりで…イっちゃぁぁぁーっ!!」
「あぁ…お兄さん、気持ち良さそう……」

ビクビクと布団の上で痙攣し、蕩けきった顔をしながら男根から精液を噴き出させる青年の痴態に釘付けになっている少年は、思わず青年の淫らさにあてられてうっとりと呟く。すると、その呟きに対して思わぬ言葉が返ってきた。

「うん…気持ち良いよぉっ……!」
「へ…っ!?」

覗き見に気付かれていた。それを知って身を強ばらせる少年の耳に、青年の言葉が続いて届く。

「でも…俺一人じゃ足りない。自分じゃ、手を縛れないし、このいやらしい尻穴にチンコを入れる事も、出来ないよ…っ」

切なげな声で言った青年は、男根を握っていた手と尻穴をほじっていた手を絶頂の余韻に震える恥部から離すと布団の近くに置いてあった縄を手に取り、うつ伏せになりながら背中で手首を重ねた。
手を縛ってくれと言わんばかりに。ヒクつく尻穴を物陰に隠れている少年の方に晒し、少年が自分で擦っていた男根を入れてくれと言わんばかりに。

「ねぇ、君。こっちに来て…淫乱な俺を、たくさん……苛めて…っ」
「っ…あ……」

青年のおねだりに応えるべきか、謝った上ですぐに立ち去るべきか。少年は頭で悩みながらも無意識に足を前に動かし、淫猥な穴を犯し抜くために尻を左右に振って自分を誘う青年との距離をゆっくりと詰めていった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


俺の部下が頭おかしい

男は少年の思い通りに絶頂へと追い詰められる

2017.09.15.Fri.21:00
両手首と足首をベッドの柵に遊び無く繋ぐ黒革の枷と鎖はどんなにもがいても外れず、男の裸体をX字に引き延ばしたまま仰向けの状態で固定している。口に詰め込まれた布と、口に栓をするようにして貼り付けられた強力な黒のテープは幾ら顔を振っても剥がれず、男は言葉と口呼吸を封じられてしまっている。
手足の自由を奪われた無防備な裸体を晒し、意味の無い唸りを上げる事しか出来なくされた男。そんな男は、もはや何をされても抵抗出来ない。刑事として鍛え上げた肉体を淫らに責められ、自分を捕らえた者にじっくりと観察されながら望まぬ絶頂へと追い立てられても、刑事の男はどうする事も出来ずに絶頂を迎えるしか無い。
親子程年の離れた少年怪盗に好き勝手に快楽で弄ばれても、抗えない刑事は怪盗の思い通りに白の体液を放出させられるしか無いのだ。

「刑事さん、気持ち良くてまた射精しそうなんですよね? 刑事さんのおチンチン、僕の手の中でビクビクしてますよ?」
「んー! んむっ…むっ、ぐふぅぅっ!」

開かされた足の間にあぐらをかいて座り込んだ少年怪盗に絶頂が近い事を指摘された刑事は表情を屈辱に歪ませ、迫りくる絶頂を下腹部に力を込めて堪える。
だが、そんな事をしても意味は無い。必死になって堪えてみても、自由を奪われている刑事には絶頂を迎えさせられる選択肢以外残されていない。むしろ堪えれば堪える程、それは少年怪盗を愉しませる要素となってしまう。

「ほらほら、もっとちゃんと我慢しないとまた射精させられちゃいますよ? 怪盗の僕の手の中で、また情けなく射精させられちゃいますよ?」
「うー! んぐっ、むっ、ふぐぅぅぅぅっ!!」

意地悪く言いながら、少年怪盗は刑事の筋肉質な裸体が汗を飛ばしながら痙攣する様子と、甘さと悔しさで歪んでいる刑事の表情を目で愉しみ、くぐもった淫らな悲鳴を耳で堪能する。
一方刑事は自分の我慢が少年をより悦ばせる結果を生んでいる事実に気付く余裕も無いまま男根を襲う快楽に身悶えて悲鳴を上げ、じょじょに我慢の限界を感じてその身悶えと悲鳴を切羽詰まった物へと変化させていく。
そんな切羽詰まった身悶えと悲鳴を、鬼畜な少年は見逃してくれない。右手で男根を擦る動きを更に早め、左手で睾丸を揉みしだく動きをより熱烈な物に変え、あぐらから体勢を変えて刑事の亀頭を唇と舌で容赦無く嬲り、鬼畜な少年怪盗は捕らえた刑事の男を絶頂へと導く。

「んぎゅぅぅぅぅーっ!? むぐっ、ほ! むぐぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」

我慢の限界を迎えかけていた刑事が、高まった快楽に勝てるはずも無い。刑事は塞がれた口で長い悲鳴を上げながら裸体を仰け反らせ、少年怪盗の口の中に薄まった精液を吐き出してしまった。
どぷりどぷりと男根から溢れた精液を少年が愉しそうに飲み干す度に刑事の裸体がビクビクと跳ね、刑事の心に快楽に屈した事に対する自己嫌悪の感情がふくらんでいく。
しかし、その感情は長続きしなかった。精液を飲み干し切った少年怪盗が男根をくわえたまま残酷に微笑み、達したばかりの男根を今度は手を使わずに口だけでいたぶり始めたからだ。

「むぐぅぅぅぅーっ!? んもっ、おっ! ほっ、ご、んぐぉぉぉっ!!」
「もっひょ、イかへてあげまふっ…からねぇ……んじゅ…しぇーえひが、でなくなっひぇも……たくさん、イかへてあげまふよぉっ…」
「んーんっ! むぅ、ぐふぅぅぅぅぅーっ!!」

男根全体をまんべんなく刺激する少年怪盗の口と舌に為す術無く翻弄される刑事は、男根をしゃぶりながら上目遣いで自分を見つめる少年怪盗の視線を浴びながら、次の絶頂へとあっという間に追い詰められていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


リンさんと下僕くん 1話
 | HOME | Next »