FC2ブログ

椅子に繋がれた青年は無慈悲な淫具達にいたぶられる

2017.06.23.Fri.21:00
「んぅっ! むぐぅぅぅっ!! ふー! ふぅぅぅーっ!!」

黒のガムテープで視界を塞がれた青年が口に噛まされた黒のギャグボールの穴から唾液と悲鳴を零し、また絶頂へと追い立てられた。背もたれの後ろに回した腕と胴体、前側の脚にぴったりと密着させた左右の足を目を塞ぐ物と同じ黒のガムテープを幾重にも巻いて椅子に緩み無く拘束された青年の裸体が苦しげに痙攣し、精液を絞り取られた男根から透明な蜜が弱々しく溢れ出す。
しかし、青年を襲う甘い苦悶は終わらない。身動きを封じられた裸体が生き物とは思えない痙攣をしても、男根が絶頂の証である白の体液を放出出来なくなっても、無慈悲な淫具達はその動きをとめない。青年の胴体を背もたれに縛り付ける際ついでのように乳首にあてがわれた二つのローターは、尖り切ってじんじんと痺れている乳首を休み無く震わせ続け。青年の男根を狙い打つ形で左右の太ももに固定されたマッサージ器に似た淫具は、丸みを帯びた先端で硬くふくらんだ男根の裏側を左右から激しく振動させ。椅子の座面に固定されていた極太のバイブは青年自身の体重で尻穴の最奥までを貫いたまま乱暴に首を振り、柔らかな腸壁をこれでもかと掻き毟って青年に強過ぎる雌の快楽を容赦無く叩き込んでいる。

乳首と、男根と、尻穴。三か所を同時にいたぶられる状況だけでも苦しいのに、椅子に縛り付けられてしまっている青年の裸体は大きく身悶えて快楽を散らす事も叶わず、目隠しをされた青年は視覚情報で快楽を紛らわす事も許されない。
何も見えず、まともな言葉も口に出来ず、満足な身悶えも行えないまま感情を持たない淫具達の刺激で連続絶頂させられている状況は地獄以外の何物でもない。故に、青年は塞がれた目から頬に大粒の涙を零し、恥を承知で哀願の意思を込めた唸りを絶えず発し、快楽凌辱という地獄からの解放を求めている。
だが、青年を拘束し、淫具による連続絶頂をさせている男達は青年が発する悲痛な哀願の唸りを全く聞き入れず、思い思いの角度から青年を眺めて愉しむだけだ。

正体を暴かれて捕らわれの身となり、裸体を椅子に拘束されたまま無様にイきまくっている青年スパイがよがり狂う様子を観察し、残酷な笑みを浮かべるだけだ。

「んー! んぐぅぅっ!! ふぎゅ! ふぶぅ…んもぉぉぉぉぉーっ……!!」

助けて、許して。
嘘偽りの無い懇願を胸に抱きながらまた絶頂へと追いやられ、くぐもった甘い悲鳴を上げながら汗と淫液に塗れた裸体を椅子と一緒に震わせる青年スパイ。残酷な男達はそんな青年スパイを、無言のまま実に愉しそうに笑って見つめていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


今日からケモノの男嫁さん!? 1
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

哀れな探偵は白に覆われた姿でよがり狂わされる

2017.06.16.Fri.21:00
どうにかして、逃げられないか。どうにかして、捕らわれの身から抜け出せないか。
探偵の男は、必死になって打開の策を模索する。しかし、考えれば考える程探偵は自分の置かれている状況は自力では好転などさせられないと嫌でも思い知り、ただただ湧き上がる絶望に打ちひしがれてしまう。

自分を捕らえた犯罪組織の男達の手によって衣服を道具と共に一つ残さず剥ぎ取られ一糸まとわぬ裸体にされた探偵は、衣服の代わりに厳重な拘束を与えられた。それは、白いテープを使った拘束だ。
背中で肘から先を重ねた腕をテープを幾重にも巻いて縛られ、更にその縛った腕の動きを封じる為にと胴体に腕をテープできつく括り付けられた探偵は、腕どころか指一本を伸ばす事も叶わない状態に追いやられた。これでは、抵抗なんて出来ない。無理矢理に折り畳まれた足にテープを巻かれ、足を伸ばしたくても伸ばせないようにされても、探偵は満足な抵抗も出来ぬまま足の自由も奪われるしか無かった。
両手両足を拘束され、探偵は文字通り手も足も出せない格好に追い込まれている。だが、悪人の男達は立つ事すら不可能になった無様な探偵を作り出しただけでは飽き足らず、ここに更なるテープを追加した。探偵の頭部を包み、視界と言葉を封じるテープだ。

髪やまつ毛がテープに貼り付かないようにという嬉しくない配慮で探偵は頭部にラップを巻かれ、その上から手足を拘束する物と同じ白のテープを顔に念入りに巻き付けられた。
目の上に貼られた途端、視界は白に閉ざされて何も見えなくなり。口に貼られた途端、探偵は意味を持たないくぐもった唸り以外発せなくなった。
見たくないと心の底から思っている、悪人達の笑い顔すらもう見られない。悪人達に笑われるだけの反抗の言葉すら、もう口に出来ない。
手も、足も、視界も、言葉も。ありとあらゆる自由を没収され、無防備な姿にさせられた探偵。そんな探偵に、悪人達は駄目押しとばかりに屈辱な責めを与えた。テープを巻かずにいた丸出しの恥部を辱める責めを。床に置いた半月状の低い台に取り付けたバイブを探偵の尻穴に飲み込ませ、尻穴への刺激で望まぬ快楽を味わわせる淫らな責めを。

「んー! んむっ、ふぅ! うぐっ、ふぎゅぅぅぅぅ!!」

尻穴を串刺しにしたバイブの首振りで過敏な腸壁をめちゃくちゃに掻き毟られ、探偵は白に覆われた上半身を苦しげにくねらせながら、白に覆われていない鼻からプスプスと息を漏らしている。気持ち良くなんてなりたくないのに、尻穴を掻き回される感覚は間違い無く違和感があるのに、悪人達の指でたっぷりと解された尻穴はバイブのイボが腸壁を擦る度に堪らない快楽を感じ、バイブが特に過敏な前立腺を抉る度に思わず肉体が跳ねる程に鮮烈な快楽を覚えてしまう。
呼吸を制限された状態で強い快楽を絶え間無く注ぎ込まれる。それは拷問にも近い苦しさを生み、探偵はその苦しさから逃れようとして無我夢中で暴れるが、厳重なテープは全く緩まず探偵はバイブを抜く事も叶わぬまま無意味なもがきで息を切らし、余計に自分を苦悶の方向へと追い詰めてしまう。

「んーんっ! んぐっ、ふぎゅ! うぎゅぅぅぅぅぅーっ…!!」

床に着いた足をガクガクと震わせ、低い台の上でバイブに尻穴を嬲られながら呼吸困難と望まぬ快楽に責め立てられる哀れな探偵。そんな探偵を作り出した悪人達は少し離れた位置で椅子に腰かけてよがり狂う探偵を眺め、触られてもいない男根から白の体液が零れ落ちる様子を目に焼き付けながら、探偵の甘い悲鳴と探偵の自由を奪う白のテープが軋む音を耳で愉しんでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


君の音が鳴り止まない。(3)

青年刑事は悪人達の前で蕩け堕ちる

2017.06.14.Wed.21:00
「んむぅぅぅっ! ふっ、むふぅ! ふぅぅっ…んっ、んぐぅぅぅ!!」

刑事の青年が、塞がれた口から甘く歪んだ悲鳴を発しながら一際激しく裸体を身悶えさせ、もう何十度目かも分からない絶頂を迎えた。青年刑事の男根から、ほとんど白の混ざっていない透明な淫蜜がとろりと力無く分泌される。吐き出す精液が尽きる程に絶頂を強要された青年刑事は、限界をとっくの昔に越えている。しかし、青年を責め立てる無感情な淫具達は青年がどんなに限界を超えて苦しんでもお構いなしに動き続け、更なる絶頂を強いる。
左右の乳首に赤いテープで固定された二つのローターは尖り切った乳首を絶え間無く振動させ、男根に乳首の物と同じ赤いテープで貼り付けられた二つのローターは裏筋全体をまんべんなく刺激し、尻穴に挿入された三つのローターは黒いアナルプラグで栓をされた腸内で好き勝手に暴れ回り、柔らかな腸壁と過敏な前立腺をいたぶる。
それら全ての刺激を同時に、休憩も容赦も挟まずに長時間加えられた青年刑事の裸体は、全身を濡らす淫液と汗を飛ばしながらガクガクと痙攣している。手首と天井のフックを繋ぐ枷の鎖を鳴らし、つま先立ちの状態から離れられない足を自身の体液で作られた水溜まりの中で震わせ、口に噛まされた黒のギャグボールの穴から飲み込めない唾液を噴き出しながら、淫具が生む快楽に合わせて裸体を苦しげにくねらせている。

あらゆる抵抗を封じられ、言葉を封じられた上で加えられる淫具を用いた快楽地獄。それは、刑事としてだけでなく男としての尊厳も叩きのめす残酷な責め苦だ。
だが、刑事を捕らえた無慈悲な悪人の男達は、ここに更に責め苦を追加した。
より青年刑事の心を追い詰め、肉体を憔悴させて快楽に抗えなくさせる責め苦を。淫具にいたぶられていない青年の弱点を十数本の筆の毛先でくすぐり、無理矢理に笑わせる非情極まりない責め苦を。

「んーんっ! ふぐっ、むぅ! むふっ、ふぶぅぅぅ!!」

性の弱点を淫具に嬲られ連続で絶頂させられるだけでも息苦しいのに、脇の下や内股、尻の谷間といった箇所を悪人達が操る筆でくすぐられている青年刑事はもはや呼吸さえ思い通りに出来ない。
常に息苦しさに襲われ、ギャグボールの穴から喘ぎと笑いが混じった荒く短い呼吸を行う状況。あまりの息苦しさに思考が霞み、死の恐怖を感じた青年刑事は大粒の涙を零し、刑事という立場をかなぐり捨てて自分を弄ぶ悪人達に懇願の唸りを何度も向けた。が、そんな懇願を聞き入れるくらいならば最初からこんな残酷な責め苦など与えはしない。悪人の男達は青年刑事のなりふり構わない必死の懇願を筆を持つ手を休めずに鼻で笑い、笑いと苦悶が混在する青年の無様な顔を眺めながら淫具の駆動の強さを気まぐれに変更するだけだ。

「ふぎゅぅぅぅぅーっ!? んもっ、おふっ、ふぶぶぅぅ! んむっ、んむぐぅぅぅ!!」

激しくなった淫具の刺激に一段強い悲鳴を上げ、小刻みに動き始めた筆に悲痛な笑いを発する青年刑事が許しを請う思いは、誰にも取り上げられぬまま理性と共に跡形も無く、愉しげに笑う悪人達の前で蕩け堕ちていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


英雄は性奴隷

絢爛な部屋で尻穴は痒みに襲われる

2017.06.02.Fri.21:00
一般庶民は泊まる以前に、立ち入る機会すらまず無い一流ホテル。そんな一流ホテルの最上階に存在する選ばれたVIPしか利用出来ない絢爛な部屋の絨毯の上で、一人の男が情けない姿で拘束された裸体をじたばたともがかせていた。

「ふぅ…っ! む、うぅ、うぐうぅっ…!」

口に噛まされた唾液まみれの布を強く噛み締めながら、男は手と足に与えられた拘束を解こうと必死になって力を込めている。
しかし、どんなに力を込めても拘束は全く解けない。黒い首輪の前部と短い鎖で繋がれた手首の枷は男が幾ら頑張ってもビクともせず、男は腕で自分の膝を抱えさせられた状態から抜け出せない。そして、左右の足首を繋ぐ形で取り付けられた棒状の足枷は男の足を肩幅に開いたまま閉じられなくさせ、大きく動かす事も禁じてしまっている。

両手両足の自由を奪われ、言葉を発する事も不可能にされてしまった男はもはや、それらの制限を与えた男の思い通りに…いたぶられるしか無い。
後ろにでんぐり返しをする途中のような体勢で足の棒枷を踏みつけられ、恥部を天井に向かって突き出す格好を強いられても抗えず、その丸出しの恥部に、無防備な尻穴に強力な痒み薬を流し込まれてもそれを拒めず、男は自分の指で尻穴を掻き回すという情けない行動に走る事さえ拘束に制限されて出来ぬまま、気が狂いそうな程の痒みに襲われている尻穴が淫猥にヒクつく様子と、痒みに苦悶して歪んでいる表情と、少しでも痒みを誤魔化す為にと堪えきれずにくねってしまう裸体を足枷を踏みつけている男に余すところ無く観察されてしまう。

拘束と痒み薬を与えた男に無様な体勢を強要され、はしたなく苦しむ場所をじっくりと眺められる。その状況は間違い無く恥辱であり、屈辱で。悔しさと共に殺意に近い怒りが湧き上がっても不思議ではない。
だが、今の男に悔しさや怒りを抱く気力は無い。尻穴を長い時間痒みで嬲られ理性をすり減らされた男の心は憔悴しきっており、嬲る男への敵意よりもはるかに大きな哀願の感情を抱いている。
故に、男は今まで無言で自分の痴態を観察していた男から言葉が発された瞬間、痒みの地獄が終わるかも知れないと感じられる言葉が出た瞬間、布を詰められた口で肯定の意味を持った唸りを上げながら顔をガクガクと上下に動かしていた。

「苦しそうだね、探偵さん。お尻の穴、弄って欲しくて仕方が無いんでしょう?」
「んうぅっ! うっ、ふうぅぅっ!!」

その問いに肯定を示す事がどれだけ惨めなのかも分からなくなった探偵の男は、無我夢中で尻穴を弄って欲しいという意思を表す。淫ら極まりない肯定に、自尊心や誇りをかなぐり捨てた探偵の素直なおねだりに男はにっこりと微笑み、棒の足枷を踏んだまましゃがむとズボンのポケットに差し込んでいた淫具を取り出して言った。

「じゃあ、これを入れてあげようね」

取り出された淫具は、小さな球が幾つも連結したような形状をした薄緑色の淫具。それを男は痒みに苦悶している探偵の尻穴にあてがい、何の躊躇いも無く探偵の尻穴に挿入していく。

「ふむぅぅーっ…! うぐ、ふぅ、むぐぅぅぅんっ…!」

球一つ一つの小ささに加え、痒みで責め立てられた尻穴が弛緩していた上に腸液が多く分泌されていた事もあり、探偵の尻穴は生まれて初めての異物の挿入をすんなりと受け入れ、探偵は痒みを感じていた腸壁が擦られる悦びを感じて甘い呻きを漏らす。
このまま、たくさん中を引っ掻いてもらえる。探偵はそう考えていた。けれど、男は淫具を根元まで挿入すると手を離し、しゃがんだ状態から再び立ち上がりながら無慈悲な命令を下してしまった。
探偵の淫らな姿をより引き出す命令を、だ。

「そのまま自分で腰を振って、お尻を玩具で弄りなさい。それが嫌なら玩具を抜いて、またお薬をお尻に入れちゃうからね」

また痒み薬を流し込まれる。それを出されたら、探偵に選択肢など無い。探偵はわずかに残っていた羞恥の心を放り投げ、痒み薬を追加されない為に、尻穴の痒みを解消する為に命令に従って腰を振り、挿入された玩具を腸壁で揉み込み始めた。

「うっ…んふっ、うぅぅんっ……!」
「そうそう、良い子だね、探偵さん。その調子でいやらしく腰を振って、私について調べた事と人間のとしての尊厳を忘れて、気持ち良い事だけを考える淫乱になっちゃいなさい」
「ふぐっ、むぅ、むふうぅ…っ」

防音がしっかりと施されたホテルの部屋には、甘く唸る探偵の鳴き声と、尻穴の刺激でふくらみ始めた男根を揺らしながら拘束された裸体を探偵が命令に従って動かす音が鳴り、探偵を捕らえた男の心を興奮で満たしていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


犯犯衝動

吊るされた裸体は二つ仲良く凌辱される

2017.06.01.Thu.21:00
「んぅぅぅーっ! うっ…ぐっ、むぐぅぅっ!!」
「ふーっ…ふっ! ふむぅっ…んむぅぅぅ!!」

二人の男が、意味を持たない唸り声を発しながらじたばたと暴れている。暴れても助けなど来ず、裸体に与えられた縄拘束と、あらゆる感覚を封じる拘束具は外れはしないというのにだ。
衣服を剥ぎ取られた二人の裸体に与えられた縄の服は、二人の手首を背中で緩み無く縛り上げ手首の縄と二の腕を胴体に括る縄を短い縄で繋いで上半身の自由を奪い、足首と太ももに加えて膝の上と下を縛り上げ足を窮屈に折り畳んだまま伸ばしたくても伸ばせないようにしている。ただでさえ逃げる事が困難になる厳重な縄の拘束。だが、身動きを大きく制限された二人の男に、縄は更に追加されてしまった。それは、無抵抗となった二つの裸体を仲良く並んで宙吊りにする縄。折り畳まれた足を限界まで開いたまま閉じられないよう、恥部を露出したまま身体を曲げて隠す事も出来ないようにする無慈悲な縄だ。

無様に男根をさらけ出す恥辱の格好。そこから抜け出したくても厳重な縄拘束はそれを許さず、二人の男は言葉を塞ぐ為にと噛まされた黒い棒状の口枷の隙間から唾液を垂らし、視界を覆い隠す黒革の目隠しの下で悔しげに眉根を寄せ、聴覚を封じる目的で装着されたヘッドホンを無意味に揺らしながら解けない縄をギシギシと鳴らしつつ惨めな姿を強要された裸体を情けなくくねらせるしか無い。
自分達を捕らえて毎日弄び、今日恥辱の格好をさせ、無防備な尻穴に極太のバイブを縄で固定して放置して行った男達への怒りをどれ程募らせようとも、自由を完全に奪われた二人は動いていないバイブを無意識に絞め付けて緩い快楽に震えるしか無いのだ。

「んむっ…ふっ、ぐうぅ…」
「むふっ、ふぅ、ふぶぅぅ……!」

もう、どれだけの間放置されたのか。様々な感覚を遮断された二人の男には永遠とも思える時間が過ぎ、逃走を図る身悶えの力も薄れた頃、突然二人の元に男達が戻り、聴覚を奪っていたヘッドホンを外した。

「むぅっ…!? うぐ! ぐふぅぅ!」
「んんーっ! むぐぅぅぅ!!」

いきなり音が戻った事に一瞬戸惑いつつも、二人は男達が帰ってきた事にすぐさま気づいて抗議の唸りを上げる。だが、男達はその唸りに反応する事無く外したヘッドホンを自身の腕にかけ、二人の視界を覆っていた黒革の目隠しを手早く外した。
拘束を解いてやる為ではなく、絶望を与えてやる為。二人の男に自分達が吊られている場所がステージの上だと理解させ、裸体で吊るされている自分達を何十人もの男達が嘲笑と好奇が混ざり合った視線で見つめている羞恥の事実を叩き込む為だ。

「ふぅ…っ!? むっ、ぐふぅっ…!?」
「んぅ、んむっ…んふぅぅ!?」

無様に吊るされた自分達の裸体を、多くの男の目が貫いている。その視線が特に恥部に集中し、バイブをくわえ込まされている尻穴と、バイブを無意識に絞め付けたせいで緩く勃起してしまっていた男根が、余すところ無く観察されている事が嫌でも分かる。
予想もしていなかった状況に、二人の思考は様々な負の感情で掻き乱される。そんな二人が、ヘッドホンと目隠しを外した男の一人がポケットから小さなリモコンを取り出した事に気付けるはずも無く、二人はリモコンが操作された事によって始まったバイブの激しい駆動に構えられず、一気に快楽に流されて喘ぎ鳴かされ、吊るされた裸体をビクビクと跳ねさせながらよがり狂う状態へと追いやられてしまう。

「んぐぅぅぅぅーっ!? ふっふっ、ふぐぅぅぅ!!」
「んもぉぉぉんっ!! うー! んぅぅぅーっ!!」

くぐもった悲鳴を上げ、硬度を増した男根をぶるぶると上下左右に揺らし、縄に拘束された裸体を強張らせる哀れな二人の男。そんな二人の男を残して男達は外したヘッドホンと目隠しを持ってステージを去り、男達が去った事を確認すると別室でマイクの前に座っていた男は会場にアナウンスを行う。

「皆様、お待たせ致しました。本日は、捕らわれの身となり雌の快楽を教え込まされた惨めな刑事達が、バイブの刺激のみで射精を繰り返す様を心行くまでお愉しみください…」

残酷な凌辱ショーの開始を告げるアナウンスを、二人の刑事は迫りくる絶頂に身悶えつつ、心の内で誰にも届かない助けてを叫びながら哀しく聞いていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


けつはめ!
 | HOME | Next »