FC2ブログ

淫らな電流は逃れられぬ裸体を残酷に駆け巡る

2020.03.28.Sat.21:00
子供を人質に取った卑劣な悪の組織に捕らわれ、身に着けていたヒーロースーツを剥ぎ取られた裸体に機械を使った拘束を施された俺は、左右の手足を真横に伸ばした体勢のまま空中に固定され何もかもを丸出しにした姿で自由を奪い取られてしまった。
どんなに力を込めても、二の腕から先と太ももから先を飲み込み柔らかなクッションで絞め付けている機械からは抜け出せない。俺の身体を左右から挟み手足の動きを完全に封じている巨大な箱形の機械達はヒーローの力を失った俺が暴れたくらいではビクともせず、必死で暴れてみてもそれは無防備な性器を情けなく振り乱すという屈辱を増幅させるだけの変化しか生めない。
手も足も出せず、逃げる以前に固定された空中の位置から離れることすら叶わない状況。誰が見ても明らかな絶体絶命の危機に、俺は置かれている。
だが、俺は諦めなどこれっぽっちも抱いていない。必ず、仲間が助けに来ると信じているからだ。
故に、俺は身動きの取れない全裸で放置されている状態に屈辱を受けても決して絶望せず、俺を捕らえてヒーロースーツを没収し手足を拘束した悪の組織の構成員が愉しげに笑いながら部屋に戻ってきても怯えではなく反抗を募らせ、鋭く構成員達を睨み付けて怒りを示した。

「おやおや、こんな格好で睨み付けてくるなんてね。ヒーローさんは俺達が思ってたよりずっと頭が弱いらしいな」

構成員の一人である男が、右手と右足を飲み込んでいる方の機械に寄りかかりつつ睨む俺の顎を右手で緩く掴んで持ち上げ、嘲りを込めて言葉を放つ。すると、それを聞いた他の構成員達も表情に嘲りを滲ませ、愉快そうに細めた目で隠す物の無い俺の裸体を舐め回すように観察し始めた。
性器に、視線が突き刺さる。自分ですら見たことの無い尻穴に、背後に回った構成員の視線が容赦無く浴びせられる。
憎い悪の構成員達に恥ずかしい場所を好き勝手に眺められる辱めに、俺は心を掻き乱される。しかし、俺は屈しない。恥辱に苛まれながらも俺は反抗を保ち、隙あらば指に噛み付いてやると考えながら顎を掴んでいる構成員と醜悪な笑みを晒して俺の裸体を愉しんでいる構成員達を先程よりも強く睨んだ。

「ふふっ、すごいすごい。この状態でさっきよりも強気な態度が取れるなんて、大したもんだよ。流石ヒーローさんだ」
「そんなヒーローさんを今から好きなだけ弄べるなんて、俺達は幸せ者だよ。無様に鳴き叫んで、許してくださいってお願いするヒーローさんをたっぷり見られるって考えたら、興奮が抑えられなくなっちゃうねぇ」

絶対、構成員達が見たがっている様子など晒しはしない。その思いを改めて抱いた俺との距離を詰めた構成員達が、いたずらに俺の裸体を撫でながら左右の手足を飲み込んでいる機械を操作する。
尻に触れる手と性器を擦る指が注いでくる嫌悪感を歯を食い縛って耐えながら、俺はもうすぐ始まる本格的な責めに身構える。左右の機械から電子音が一際大きく鳴り、苦悶の訪れを察した俺は一層強く身を強ばらせて唇を引き結び、構成員達を悦ばせる悲鳴が漏れ出ないように努めた。
けれど、俺は堪えきれずに声を上げてしまった。何故なら、俺の裸体に一気に流れ込んできたのは覚悟していた痛みとは全く違う苦悶だったからだ。

「ひぎぁぁぁっ!? んひっ、はっ、んぉぉぉぉーっ!?」

左右の手足を通じて、全身に衝撃が駆け巡る。痛みとは真逆の甘い快楽に嬲られ、困惑しながら身を痙攣させあっという間に勃起させられた性器を跳ね回らせている俺の姿を愉しみながら、構成員達は口々に言い放った。

「ほらほら、どうしたんだい? さっきまでの強気さが嘘みたいによがり狂っちゃってるじゃないか」
「ちゃんとしてないと、すぐイきっぱなしにさせられちゃうよ? それで良いの、ヒーローさん?」
「誇り高いヒーローさんなら、こんな機械から送り込まれる快楽電流に負けて射精なんてしまくらないでしょ? 触られてもいないおチ○チンから精液垂れ流したりしないでしょ? ね、そうでしょ? ヒーローさん」
「あぁっ! ひあぁぁぁっ!! あえっ、はへっ、ひっ、んぎぅぅぅぅっ!!」

構成員達の言葉に苛立ちを覚える余裕すら無いまま、まともな言葉も紡げなくなった俺は甲高い声で鳴き叫びながら射精に至ってしまった。
直接的な刺激が皆無の状態で絶頂した俺の性器は、構成員達の前でビクビクと脈打ちながら白く濁った体液を噴き出させる。だけど、俺は許されない。手足を拘束する機械を通して全身に流し込まれる特別な電流は休み無く俺を苛烈な快楽で叩きのめし、俺に次の絶頂を要求してくる。

「ひゅ、おぉっ、は、へひぃぃ! あー! うあぁーっ!!」

まだ責められ始めてから五分も経過してないというのに呼吸困難に陥っている俺を見つめて笑う構成員達の視線に痴態を観察されながら、俺は早くも不用意に反抗を示したことに後悔を募らせ、心と身体に快楽への恐怖を植え付けられていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















スポンサーサイト
[PR]

残酷な男はお詫びとして快楽を注ぐ

2020.03.27.Fri.21:00
窓の外から聞こえてくる小鳥のさえずりを耳にして目を覚ました男は、自分がいつの間にか眠ってしまっていた事実を把握しながら左側に寝返りを打ち、同じベッドにいる男に笑いながら声を掛けた。

「おはよう、刑事さん」

穏やかな声音で掛けられた起床の挨拶に対して、刑事と呼ばれた男からの返事は無い。まだ深い眠りに就いている男は何の反応も示さず、布越しに寝息を発しながら身じろぎに合わせて裸体をきつく縛る縄を鳴らすだけだ。

「ふぅ……んぅ、ふうぅ……」

口内に詰め込まれた布と、鼻と口を覆う形で施された白布の猿轡に言葉と呼吸を制限され。目を塞ぐ白布に視界を取り上げられ。背中で伸ばした腕を縛る縄と足首と太ももを繋いで足に折り畳んだ状態を強制する縄を別の縄で結合され、緩い海老反りの体勢を強いられている。
何も見えず、何も喋れず、手足の自由を取り上げられ恥部を無防備に晒した惨めな姿で眠っている刑事を見つめながら、男は昨夜の出来事を笑みを濃くしつつ思い出す。
手も足も出せない裸体を必死にもがかせ、目隠しの下で苦しげに眉根を寄せ、くぐもった声で悲痛に鳴き叫んでいた哀れな刑事。自らを拉致した男の右手で丸出しの男根を絶え間無く刺激され、決して絶頂には至れない緩い快楽でいたぶられながら淫らな悲鳴を上げて身悶えていた無様な刑事。昨夜堪能していたそんな刑事の様子を鮮明に頭に思い浮かべながら、刑事を捕らえた男は残酷に目を細めると、ベッドの上で身体を起こし静かに眠っている刑事の下半身へと移動していく。

「昨夜はごめんね、刑事さん。思ってたよりも疲れてたみたいで、刑事さんに射精をさせてあげる前に僕が先に寝ちゃったよ」

一方的に謝り、一方的に言い訳を口にしながら、男が刑事の足を縄の上から押さえ昨日の夜に散々弱い快楽で弄んだ男根に唇を寄せていく。

「お詫びに、今からたっぷりと射精をさせてあげるよ。僕の口と舌で刑事さんのおチ○チンをじっくり苛めて、何度も何度もイかせてあげる。昨夜あんなに一生懸命おねだりしてた射精を嫌ってくらいにさせてあげるよ。良かったね、刑事さん」

昨夜に叩き込まれた意地悪に動く手で射精を焦らしに焦らされる地獄とは真逆の、残酷に男根を這い回る舌と口で望まぬ射精を何十回と迎えさせられる絶頂地獄が迫っている無慈悲な事実など全く知らずに眠る刑事を見つめながら、男は大きく口を開けて萎えている刑事の男根をくわえ込むと、淫らな弱点を襲う快楽で眠りから引きずり出された刑事が放つ驚愕と哀願を乗せた絶叫を無視しながら口に含んだ男根を嬲り、体積を増したそれを断続的な射精へと追い詰めていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















少年は壊れゆく相棒を為す術無く見つめる

2020.03.26.Thu.21:00
敵の組織に捕らえられた相棒を救い出すために、少年はヒーローである自分を後押ししてくれる科学者達と共に奪還作戦を練り、絶対に助けるという思いを胸に敵の拠点へと乗り込んだ。
相棒が捕まった理由が一人の科学者の裏切りであることを知らぬまま、この奪還作戦が敵側に筒抜けになっているという最悪の事実を知る由も無いまま、少年はまんまと敵の罠へ飛び込んでしまった。
救助を求める際に使えと言われて渡された通信機は、敵の妨害電波で無意味にされた。危険を感じて脱出をしようにも、敵の拠点には少年が身に着けているヒーロースーツを無効化する電磁波が張り巡らされており、ヒーローは飛行能力のみならず戦闘すらもままならないただの少年へと変えられてしまった。助けも望めず、抗う力も無い。そんな状態に少年ヒーローを追いやった組織の男達は、監視カメラを駆使して隠れている少年の逃げ場を的確に奪っていき、十数人がかりで少年を組み伏せ、肌をぴっちりと覆うだけとなったヒーロースーツの上から拘束を加えた。

「んんっ! んぐ……むぐぅぅっ!」

どうにかしてこの危機から脱せないかと、少年は焦りを募らせながら黒色をした強力な粘着テープで塞がれた口から唸りを漏らし、肉体をきつく縛り上げている縄を軋ませる。無論、そんなことをしても頑丈な縄はビクともしない。ヒーローの力を封じられた少年が幾ら暴れても二の腕を胴体に繋ぎ手首を背中で縛り足首と太ももを短く結合して足に折り畳んだ状態を強制している縄は緩みすらせず、もがく肉体は無様に台車の上でくねり、少年を連行する男達を笑わせるだけだ。

「むぐ、ふむぅぅ……!」

敵に屈したくないと心から思っているのに、打開策は欠片も見えない。相棒を救いに来たというのに、自分も捕らわれ厳重な縄拘束を施されてしまった。
認めたくない敗北を嫌でも思い知らされ、長い廊下の突き当たりに見える扉に向かって台車で運ばれながら、少年は八方塞がりの状況に打ちひしがれ、悲痛な呻きを漏らす。これ以上無い屈辱と、絶望に苛まれている少年。さっきまでの足掻きが萎み、分かりやすく消沈している哀れな少年を細めた目で眺めながら、突き当たりに着いた男達は扉を開けた。
開かれた扉の先に見えたのは、少年を更なる絶望へと叩き堕とす非道極まりない凌辱の光景だった。

「んーっ!! むぎゅぅぅぅっ! ふ!? んんっ、ぶぅぅぅぅっ!!」

扉が開く音を耳にして入り口に視線を向け、台車の上で縛られた肉体を晒す少年を目にして驚愕の唸りを発したのは他でもない助けようとしていた相棒の少年で。先に捕らわれた少年はヒーロースーツを剥ぎ取られた裸体にもう一人と同じように縄を這わされ、その縄に後から繋いだ縄を使って追加の拘束と、淫猥な責め苦を与えられていた。

「むーっ! むぐっ、ふぎゅっ! んもぉぉぉぉぉーっ!!」

腹側を下にして宙吊りにされ、尻穴を奥深くまで貫いた状態から離れないよう極太のアナルバイブを縄で固定され、腸壁を容赦無く機械に掻き回される淫獄に放置されていた少年は、仲間の前での絶頂を堪えることも叶わぬままテープで閉ざされた口から甲高い悲鳴を上げてほとんど何も放出しない射精に至り、台車で近くへと運ばれる少年を恐怖させる。
自分も、この辱めで嬲られるのだろうか。相棒と一緒に、機械で無理矢理に射精を強いられ続けるのだろうか。硬く勃起した相棒の男根が苦しげに脈打つのを見ながら、肉体を強ばらせる少年。そんな少年に、男達は予想外の行動を加えた。男達は少年を台車から降ろし、先に捕らえた少年の近くで正座をさせると、再び台車を押しながら少年ヒーロー達に背を向け部屋を出て行ったのだ。

バイブが生み出す苛烈な責めに抗えず尻穴のみでの絶頂を繰り返す少年と、涙を流し痛々しい唸りを上げながらよがり狂う相棒を為す術無く見ることしか出来ない少年を置き去りにして、男達はその場を去ったのだ。

「んぐっ、むぅぅぅ! ふぅ、ふぐ、むぉぉぉぉんっ!!」
「うぅ、ぐ、むふぅっ! んっ、んぅ、むあぁっ……!」

見ないでくれと願いながら、淫獄から助けてくれと視線で訴える宙吊りの少年。淫らに嬲られる相棒を助けたいと願いながらも、縄を解くどころか尻穴をほじくり回すバイブのスイッチにすら触れられない少年。じょじょに理性を失い救いを欲することも忘れて悶え苦しむ相棒に恐れを抱きながら必死で身体を動かしてもきつく縛られた肉体はやはり状況を何も変えられず、少年は目の前で淫らに壊れていく相棒を助けられない事実に心を抉られながら言葉を封じられた口で、無意味に相棒へと呼びかけていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















抗えぬ裸体は時間を掛けて淫らに追い込まれる

2020.03.22.Sun.21:00
「うっ……む、あぉぉっ!」
「ふぅぅっ! んぐっ……ぶぅぅぅ……!」

口に噛まされた黒いギャグボールの穴から言葉にならない唸りと共に唾液をぼたぼたと零しながら、二人の男が裸体をじたばたともがかせ、危機からの脱出を試みている。
目の前にいる仲間と視線で励まし合い、もがく度に走る肉体への痛みに顔をしかめて呻きながら男達は必死で手足に与えられた拘束を解こうとしている。だが、状況は何も変わらない。苦痛を耐えながら手足に力を込めても、男達の自由を奪う頑丈な拘束具はビクともしない。
男達の足掻きは、どうやっても逃れられないという絶望の事実を二人に思い知らせるだけ。無意味な行動は左右の手首と足首に巻き付けられた黒革の枷を一つの床の金具へと繋いでいる短い四本の鎖を冷たく鳴らすだけだ。

「んぶ……むぁぁっ! ふー、ふぶっ、ぶぐぅっ」
「あぉっ、はぉぉっ! うぅ、ふもっ、むぉぉぉ!」

鍛え上げた肉体を持っていても、生身で鎖と革を破壊することなんて出来ない。それを頭で理解していても男達はわずかな希望を捨てず、手足を一ヶ所にまとめられた裸体を仲間と一緒に暴れさせていた。
しかし、男達の努力も虚しくその時はやって来てしまった。かすかな希望を信じて裸体をよじらせていた二人が放置されていた部屋に、扉の開く音が聞こえた。男達は恐怖に表情を歪ませて目を見開き、仲良く扉の方に目を向ける。諦め悪く助けが来たと心で小さく思いながら視線を扉に動かした二人の目に映ったのはもちろん助けなどではなく、二人を捕らえ衣服の代わりに拘束を与えた十数人の男達の姿だった。

「うぅーっ! うぐっ、ぶぐふぅぅぅっ!!」
「んもぉぉっ! ぶまっ、むあぉぉぉぉっ!!」

怯え混じりに拒絶の意思を込めた唸りを発し、男達は手首と足首への負担を忘れて狂ったように身悶える。もちろん、拒絶を示しても男達の足はとまらない。手足への激痛すら感じられなくなるほどの恐れと絶望を抱きながら身悶えても、拘束は二人を嘲笑うように冷たい音を立てるだけでやはり外れない。
無様な唸りと、惨めな身悶え。抗えない男達が晒す滑稽な姿を堪能しながら距離を詰めた男達は途中で二手に分かれ、二人の男の背後へと、丸出しの恥部がよく見える位置へと陣取った。

「ふ、うぐっ、むぅぅ……」
「んもっ、あおぉ……!」

隠す物の無い恥ずかしい場所が、自分を捕らえた男達の目に晒されている。閉じた状態で固定された足に沿う形でぶら下がっている男根と、自分ですら見たことなんて無い尻穴が、憎い男達の目で観察され辱められている。
恥辱からの逃げ道を求めて正面の仲間を見てみても、位置の都合上男達は仲間の背後に陣取った非道な男達の愉快な表情も同時に目にし、自分の恥部も今あのように見られていると改めて思い知らされてしまう。
肉体だけでなく、心の逃げ場所も無い羞恥。その羞恥に震え、窮屈に手足をまとめられた裸体を力無くくねらせる二人を眺めて優越感で胸を満たした男達は、打ちひしがれる二人を更に情けない状態へと追いやるために、無言での観察をやめて無防備な二人の恥部を直接弄び始めた。

「んんっ!? ふぅ! むぉぉぉんっ!」
「あぉぉっ!? うー! んふっ、ふむぅぅ!」

裸体の横に回った二人の男の右手と左手で鷲掴みにされた尻肉が、大きく左右に広げられる。そうして入り口の浅い部分の粘膜までもがよく見えるようになった二人の尻穴を男達は指先でくすぐるように引っ掻いてヒクつかせながら、逞しい男根全体を同じように指先でいたぶって二人に望まぬ快楽を注いでいく。

「むーぅっ! んむっ、むぎゅぅぅぅぅっ!」
「ふぉっ、むぉぉ! んー! むぁぁぁぁっ!!」

やめてくれと叫んでも聞き入れては貰えず。嫌だと強く思いながら裸体を動かしても男達を嬲る手と指は責めを緩めるどころか嬉々として責めを強め、抗えない男達を淫らに追い詰めていく。
可能なら今すぐに舌を噛み切ってしまいたいほどの屈辱と恥辱に苛まれているのに、気持ち良い。抵抗を奪われ一方的に嬲られているというのに、浅い位置の粘膜を擦られている尻穴と睾丸や幹や亀頭の部分を撫で回されている男根は快楽を感じ、男達に淫猥に収縮する様とじょじょに硬度を増していく光景を提供してしまう。

「んもっ、むぅぅ! ふぐ、うぐぅっ」
「む、ふむぅ、あぉ、ふぉ、ぶむぉぉ……っ!」

気持ち良くなりたくない。快楽に流されたくない。そう意識して流し込まれる快楽に逆らい尻穴と男根の変化を抑えようとする二人の無駄な抗いを堪能する非道な男達は各々が欲望のままに緩く指を動かして甘い悦びを絶え間無く加えて二人を陥落へと、手足を枷で一ヶ所に繋がれた裸体をくねらせて射精をねだる屈服へと、たっぷりと時間を掛けて追い込んでいくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















寂れた町で男は無様に吊るされる

2020.03.20.Fri.21:00
寂れた町の広場中央に、古びた絞首台が存在している。
それは、実際の使用を主目的として造られた物ではなく、悪事の抑制として用意された物だ。故に、町に住人がまだいた頃にその絞首台が使われることは無かった。そこで処刑された悪人は一人もおらず、町の住人が全て転居し終えた後は放置された家屋達と共に絞首台も朽ちていくだけのはずだった。
しかし今、使われることの無いはずの絞首台は使われていた。本来の使い方とは全く違う形で、絞首台は使用されていた。
悪を裁くためでは無く、正義の立場である保安官を辱めるために。首を括るためでは無く、衣服を剥ぎ取った裸体を吊るし、保安官を無様極まりない姿で晒し者にするために。悪党達が縄で縛り上げられた裸体を情けなく揺らす保安官の滑稽な様子を愉しみ笑い飛ばすために、古びた絞首台は非道な役目を与えられていた。

「んっ……んむぅぅっ! ふぅ、ふぐっ、うぐむぅぅ!」

絞首台を囲んで各々の体勢でくつろぎながら酒や食事を味わっている悪党達に反抗の視線を向けながら、保安官の男はどうにかしてこの危機から逃れようとして吊るされた裸体をもがかせる。もちろん、悪党達が保安官に施した縄はちょっとやそっと力を込めた程度では解けない。
二の腕を胴体に結び付け、背中で重ねさせた手首を縛る上半身の縄はどんなに力を加えても緩みすらしない。足首と太ももを繋ぎ、足に折り畳んだ状態を強要している下半身の縄は必死で足を動かしても軋む音を立てるのみでビクともしない。
口に詰め込まれた布とその布を吐き出せないようにと噛まされた布を噛み締め、鼻と口を覆う白布の猿轡ごしに言葉にならない唸りを発しながら裸体を動かしても、手足を縛り上げる縄と絞首台の側面から伸びた三本の柱の先でT字型に組まれた木材を別の縄で結合された保安官は何一つとして自由を取り戻せぬまま、自分を鑑賞する悪党達の前で惨めに腹側を下にして宙吊りにされた裸体を揺らし、丸出しの男根がぶるぶると跳ね回る様を晒して憎い悪党達の目を悦ばせることしか出来ない。
悪党達によって拉致され、忘れられた町の広場に存在する絞首台へとぶら下げられた保安官は、これ以上無い屈辱と恥辱に苛まれながら抵抗と逃走を封じられた裸体を好き勝手に堪能されるしか無いのだ。

「んぐぅぅっ! ふーっ! んむぅぅぅ!」

今すぐ下ろせ。その感情を込めて諦め悪く唸っている保安官を見上げる悪党達は一切手を出さずに自分達に捕まった哀れな正義を視線で嬲り、精一杯の反抗と無駄な足掻きが肉体の憔悴に伴って少しずつ弱まっていく光景を悠然とした態度で眺めていた。

「うぐぅぅぅっ! んむ、むぐっ、うぐぅぅぅっ!!」

心のそこから憎んでいる悪に屈服し、涙を零しながら許しを請う未来の自分を知る由も無い保安官は誰にも届かない叫びを自分と悪党しかいないかつて町だった空間に響かせ、裸体を一生懸命愉快に暴れさせて縄と絞首台を無意味に鳴らしていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















 | HOME | Next »