FC2ブログ

男は悲痛な身悶えを愉しんで微笑む

2018.08.17.Fri.21:00
手首と足首に巻き付けられた四つの黒革の枷を鎖で天井と床の金具に繋がれた男は、視界と言葉を塞ぐ白布の目隠しと猿轡に触れることも叶わぬまま無様に裸体を晒し続けている。
頭上高くに持ち上げさせられた腕は下ろしたくても下ろせず、床に結ばれたつま先立ちの足は持ち上げることすら出来ない。布に覆われた目は周囲の様子を伺うことも叶わず、無理矢理に詰め込まれた布を吐き出せないようにと布を噛まされ更にその上から顔の下半分を覆う猿轡を施された口は三重の布拘束の下から意味を持たぬくぐもった唸りしか発せない。

見ることと言葉を放つことを禁じられ、裸体を上下に引き延ばされたまま移動はおろか座ることも許されない哀れな男。そんな哀れな男に、拘束を施した男は無慈悲な追撃を加えていた。
それは、全ての抵抗を取り上げられた男の無防備な裸体を好き勝手に弄び、望まぬ悦楽で悶え狂わせる甘く淫らな追撃だ。

「んっ! むっ、うぅ! ふぅ、うふぅぅ! んも、おぉぉっ!!」

猿轡ごしに淫猥に歪んだ悲鳴を上げながら、男は裸体をくねらせて責めを加える手から逃れようとする。
しかし、どんなに身悶えても手は離れない。抗えない男の背後から男根に手を伸ばした男は、嬲る者を愉しませる効果しか持たない男の必死の足掻きを目と感触で堪能しながら、右手で握った男根を容赦無く責め立てるのみだ。

「うぐ! ふぅ、むぅぅ! おぶっ、ふぶぉぉぉぉっ!!」

硬く張り詰めさせられた男根をにちゅにちゅと擦り上げられ、我慢の限界に達した男は背後の男に寄りかかるように裸体を仰け反らせながら十数度目の射精を迎えた。
白の薄まった精液が男根の先端から弱々しく零れ落ち、男の足下に作られていた汗と淫液の水溜まりに合流する。その合流の最中にも残酷な右手は絶頂直後の男根を扱き、男根に萎える余裕も与えず、男に呼吸を整える余裕も許さずに、絶頂の余韻に震えている男を次の絶頂へと追い立てていく。

「あむぉぉぉぉっ! ほ、ぶぅぅ! うふっ、ふぅ! あぉぉ! ぐぶぉぉぉっ!!」

終わりの見えない地獄のような快楽責めに苦悶させられた男は、狂ったような絶叫を発しながら汗に濡れた裸体をよじらせている。
もう、許してくれ。もう、イかせないでくれ。きっとそう哀願を繰り返しているのだろう。そう思いながら嬲る男は男の腹に左手を回して自身の方に引き寄せ、より鮮明に感じられるようになった悲痛な身悶えを愉しんで黒く微笑みながら、塞がれた口で許しを請う男の男根に次の絶頂を迎えさせるために右手を動かしていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


斎藤くんは僕の肉便器
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

男は息苦しさと快楽に責め立てられる

2018.08.16.Thu.21:00
裸体に施された黒色のガムテープによって自由を奪われた男は、思い通りの行動を一切取れない姿のまま無様に身悶え、望まぬ快楽に追い詰められて絶え間無い絶頂へと追いやられている。
どんなに顔を振り乱しても、目と口を塞ぐガムテープは剥がれない。ベッドに仰向けで寝かされた裸体を必死にもがかせても、背中で手首同士と肘同士を括られた腕の自由と、後ろに折り畳んだまま足首と太ももを括られた足の自由は取り戻せない。手足の動きを大きく制限され、見ることもしゃべることも禁じられた哀れな男。そんな男に、左右の乳首と男根に貼り付けられたローターを毟り取る術は無い。尻穴から抜け落ちないようガムテープで固定されたバイブを抜き取ることも叶わない。
完全に身動きを封じられた男は、身をよじっても離れない無慈悲な淫具の駆動が生み出す甘い刺激にただただ弄ばれ、塞がれた口からくぐもった悲鳴を上げながら、情けなくイきまくることしか出来ないのだ。

「んんっ! むっ……うぐぅぅぅぅ!! ふっ、ふうぅ! うぶぅぅぅぅっ!!」

テープに覆われた下で苦しげに眉根を寄せ、言葉を取り上げられた口から甘く歪んだ絶叫を発しながら、男は十数度目の絶頂を迎えた。
汗に濡れた仰向けの裸体がベッドの上でガクガクと痛々しいくらいに痙攣する。だが、男が痛々しい痙攣を見せても淫具達はとまらない。
胸に貼り付けられたローターは真っ赤に充血して尖りきっている左右の乳首を容赦無く振動させ、尻穴を貫いているバイブは乱暴な首振りを繰り返して達したばかりの腸内を自身に生えた無数のイボで滅茶苦茶に掻き毟り、男根の裏筋に貼られた二個のローターは精液の放出を伴わない絶頂に震えている男根を細かく残酷に揺らして更なる絶頂を要求してくる。

「うぶぅぅぅんっ! んもっ、うぅぅ! ふぐ……むぶぁぁぁっ!!」

達しても終わらない絶頂地獄。その地獄に長時間苦悶させられた男は心の底からの哀願の感情を込めて唸り、自分をすぐ近くで観察している男に向かって救いを求めた。
しかし、救いを求められた男は哀願に応えようとはしない。
目と口、腕と足を拘束され、抵抗を不可能にされた男が惨めにイき狂う様を眺めて愉しむ男は淫具も拘束も外してやらず、許しを請う男の顔に左右の手を伸ばすと自分がより愉しむ為にと何の躊躇いも無く男に苦悶を追加した。
左手で男の顔の上半分をベッドに押さえ付けながら、口を塞がれた男の唯一の呼吸孔である鼻を右の親指と人差し指でつまみ、男の呼吸を封じてしまったのだ。

「っ!? も……ぐ……! っ、う……むぉっ……!!」

突然に訪れた息苦しさに、男は焦りと恐怖を抱きながら鼻をつまむ指を振り払おうとする。けれど、快楽責めで疲弊させられた男は顔の上半分を押さえ付ける男の左手の力に抗えず、鼻をつまむ右の指は幾ら頑張っても振り払えない。

「む……ぐぅ、う! ふ……ぶぐぅ……っ!!」

息苦しさに悶えながら、快楽に責め立てられてまた射精無しの絶頂を迎える男の苦悶のもがきを堪能する男は、鼻をつまむ指を離す失神直前のタイミングを見極めながら、次に鼻をつまんだ時にどんな情けない反応を見せてくれるだろうかと考え、黒い笑みから興奮と期待を抑えきれずに滲ませていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


オトコのコHEAVEN'S DOOR 5

男は白くまんべんなく汚し抜かれる

2018.08.15.Wed.21:00
「む……っ? う、うぅっ!? むぅぅぅーっ!! ふぅ、ぐふぅぅぅ!!」

眠りから覚めた男が、驚愕と焦りに満ちた唸りを発しながら床の上でじたばたと暴れ出す。塞がれた口、閉ざされた視界、背中で拘束された腕、後ろに折り畳んだまま伸ばせなくされた足、全ての自由を取り戻そうとして男は肉体に力を込める。だが、男に施された厳重な拘束は、パンツのみの姿にされた男の身体を包み込んできつく締め上げている黒のガムテープはどんなに力を込めてもぎちぎちと耳障りな音を立てるのみで全く緩まず、男は何一つとして自由を取り戻せぬまま床の上で黒に覆われた肉体を無様に転げ回らせることしか出来ない。

「んんっ、ふぅぅ! うぐ、ぐっ! ふぐ、うぅぅ……っ!」

唯一ガムテープに覆われなかった鼻から息をプスプスと漏らし、男はどうにかしてガムテープの拘束から逃れようと試み続ける。
まるで芋虫のようにぐねぐねと身悶え、床の上で情けなくのたうち回る男。そんな哀れな状況に男を追いやった男達は、目を覚ました男の惨めな足掻きを囲んで見下ろしながらおもむろに男根を取り出すと、身悶える男を目で堪能しつつ男根を自身の手で擦り始めた。

「んもぉっ……! うぐ、むぅ、むぅぅぅっ!!」

言葉にならない叫びを上げて暴れる男は、自分を取り囲んで自慰を行っている男達の存在には全く気付いていない。男根を擦ることで生まれる粘ついた水音も、耳をガムテープで覆われているために届かない。
男が、自分を取り囲む異常にようやく気付いたのは、頂点に至った男が放出した精液がガムテープごしに身体を叩き、テープの上から顔面に付着した精液の匂いが、男の鼻腔を淫らに犯し始めてからだった。

「んんっ!? ん、もぉぉ!? ふぅ、むぐぅぅぅ!!」

呼吸の度に体内へと入り込んでくる匂いに怯え、その匂いの正体が精液であると理解してしまった男は全身を濡らしていく白の淫液から逃れようとして無駄に身をよじりながらやめてくれの意思を込めて悲痛な唸り声を上げるが、悲痛な唸りを聞いてやめるような男達ならば最初からこんな行動は取らない。男達は許しを請う男の声を聞いて愉快そうに笑い、興奮によって硬度を増した男根を更に激しく擦り、男に浴びせかける精液の放出を促すだけだ。

「ん、も……ぐ、ふ……! うぅ、ふ、もぉぉ……っ!」

せめて少しでも苦しみを軽減しようと考えて呼吸をとめる男に、無慈悲な男達は容赦無くあらゆる角度から精液を浴びせ続け、黒のガムテープに完全に拘束された男の肉体を、男の背中に貼り付けた警察手帳ごと白くまんべんなく汚し抜き、男の誇りと理性を淫らに叩き壊していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ヒーロー敗北シチュエーション ブルーアイシクル ファイアスラッガー編

刑事達は裸体を情けなく壁に繋がれる

2018.08.14.Tue.21:00
「うぅ……むぅ、ぐぅっ……」
「ふぅ、うふぅぅ……んっ、んぐぅ……」

固く丸めた布を押し込まれ、その布を吐き出せないようにと黒色のガムテープで栓をされた口から言葉にならない唸りを漏らしながら、二人の刑事の男が裸体に与えられた縄の拘束をどうにかして振り解こうともがいている。
しかし、幾らもがいても状況は変わらない。後ろに回された腕の手首と肘の部分を括っている縄も、左右の足首と太ももを括っている縄も、手首の縄と足首の縄を短く繋いで二人に緩い海老反りの体勢を強制している縄も全く緩まず、二人は必死の足掻きも虚しく自由を奪われた裸体を床の上で無様にのたうち回らせることしか出来ない。

「むぅ……ぐむぅぅ! んもっ、おぅぅぅ……!!」
「ふぅーっ! うぐ、ふぅ、ふぅ……うふぅぅ……!」

怒りと悔しさと疲弊に歪んだ唸りを発し、同じ状態に追いやられた仲間と目で励まし合いながら、二人の刑事は裸体をくねらせて諦めずに縄から逃れようとしている。
そんな二人の動きが、突然とまった。二人が閉じ込められていた地下室の扉がいきなり開き、二人を拘束して放置していった男達が帰ってきたからだ。

「うぐぅぅぅっ! んー! んむぅぅ!!」
「ぐっ、ふぅぅ! おぉっ、ふぅ、うふぅぅぅ!!」

にやにやと醜悪な笑みを浮かべて近付いてくる男達に向かって、捕らわれた刑事達は拒絶と焦りの感情が混ざり合った唸りを鋭くぶつける。
もちろん、唸りを浴びせかけられても男達の動きはとまらない。男達は惨めな刑事の強気な唸りを聞いて笑みを更に醜悪な物にしながら、刑事達に新たな縄を結わえ付けていく。
抵抗したくとも、手足の動きを制限されていてはどうしようも無い。刑事達は暴れようとする裸体を男達の手で床に押さえ付けられながら手首と肘を括る縄に、新たな縄を結合され、その新たに結合された縄を、今度は地下室の壁に打ち付けられた金具へと繋がれてしまった。
二人の刑事は仲良く並んで壁に背を向け、膝で裸体を支える状態へと追いやられてしまったのだ。

「んっ、んっんぅ! ふっ、ふぅ! うぐぅぅ!!」
「も、おぉっ! んうっ……むぅぅ! ぐふぅぅぅっ!」

不安定な裸体をよじらせて刑事達は縄が食い込む痛みに顔をしかめながら自分と壁を繋ぐ縄を軋ませる。
壁に繋がれてどこにも逃げられず、口を塞がれて意味のある言葉を何一つとして発せない。刑事達にそんな屈辱を与えた男達は、刑事達を今よりも情けない姿にするために、手を無防備な刑事達の裸体へと伸ばしていく。

「うぐぅぅ……! ふぅ、ふぅーっ!」
「んもっ、もぉぉ! うぅ、うぶぅーっ!!」

自分達に迫る男達の手が、淫らな欲望を含んでいることなど想像もしていない刑事達は拒否の意思を込めて強く唸りつつ、男達の標的となっている左右の乳首と男根を誘うようにぶるぶると振り乱してしまっていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


オトコのコHEAVEN'S DOOR 8

男は愉快な格好で甘く弄ばれる

2018.08.10.Fri.21:00
「くっ、くそぉっ! やめろ、離せぇぇっ!!」

焦りと怒りが混じった声で叫びながら、男が手足に力を込めて暴れている。
だが、男の左右の手首と足首を強く掴んでいる四人の男の手は振り解けない。暴れる男の手足を掴み、ベッドの上にうつ伏せで寝かせた男達はお互いに目で合図を送り合いながら男の抵抗を数人がかりで抑え、自身が担当する箇所にベッドの脚と鎖で繋がっている黒革の枷を装着していく。
徐々に自由を奪われていく。その事実に危機を感じて男は一層激しく暴れるが、その足掻きは枷を装着している最中でない三人の男が手首と足首を強く押さえ付けながら反対の手で肩と尻に体重を掛けただけで無力化されてしまう。
このままでは、四人の男が離れても逃げられなくされてしまう。頭ではそう分かっているのにそれに対処する術は一つも無く、男は必死の抵抗も虚しく両手両足を枷と鎖で拘束され、うつ伏せの肉体をベッドの上でX字に引き延ばされた状態から抜け出せなくされてしまった。

「外せ……外せぇっ……!」

手足の枷をガチャガチャと鳴らし、拘束を解けと叫びながら、男はベッドから起き上がることも不可能にされた肉体をもがかせる。
無様な格好で反抗的な言葉を放っても、それは愉快な見世物でしかない。そんな愉快な見世物を作り出した男達は、無意味なもがきを繰り返す男から手を離すとベッドの脇に置いた棚の引き出しを開け、用意しておいた道具を取り出した。
それは、愉快な見世物と化した男を、更に愉快な格好に変えるための道具。男が身に着けている衣服を無慈悲に切り裂いて裸体に変える、ハサミだ。

「っ!? 何をする! やめ、やめろ……!」

首筋や腰に触れた金属の冷たさに怯えを抱いた男は、震える声で制止を行う。
もちろん、その制止を耳にしても男達はとまらない。ハサミを動かす男達の手は、男の上半身を守っていた白のシャツを切り裂き、ベルトを外して引き抜いたジーンズを強引に分解し、刃物を近くで扱われているせいで暴れることも出来ない男の衣服をただの布へと変えていく。
男がさっきまで身に着けていたシャツと、ジーンズと、パンツはもうどこにもない。ベッドの上で裸体を晒し、屈辱と羞恥で小刻みに身を震わせる惨めな男を醜悪な笑みで見つめる男達は、ベッドの上に散らばった布を拾い集めながら言った。

「良い格好だね。捕らわれの刑事さんにぴったりだよ」
「尻穴とチ○コを丸出しにした姿がこんなに似合うなんてねぇ」
「拘束された手足も良い味出してるよ。実に無様って感じだ」
「とても、刑事だとは思えないくらいの情けなさだよ。幾ら見ててもこれは飽きが来なさそうだ」

好き勝手にぶつけられる恥辱を煽る言葉に刑事は何かを言い返そうとしたが、何も言えなかった。
どんな言葉を発してもそれは男達を愉しませるだけに終わってしまうと気付いたからだ。
行き場の無い悔しさに震えながら唇を噛み、刑事は自分を拘束して裸体にした悪人の男達への怒りを募らせる。

「あれー? どうしたんだい、刑事さん。せっかく褒めてあげてるのに」
「褒められたら、ありがとうございますでしょ? ほら、ありがとうございますは?」

悔しさと怒りで気が狂いそうになっている無言の刑事を見つめる悪人達は黒い笑みをより濃くしながら、刑事の心を痛め付ける残酷な言葉を浴びせながら、刑事の無防備な裸体をくすぐるように撫で回し、刑事に更なる屈辱を味わわせるための緩い快楽を注ぎ込んでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


声が変わる前に。君を、【DLsite限定特典付き】
 | HOME | Next »