FC2ブログ

商品にされた刑事は壁の両側で嬲られる

2017.10.22.Sun.22:00
「んんうぅーっ!! むっ、ぐふっ! むぐぅぅぅぅーっ・・・・・・!!」

固く丸めた布を詰め込まれ、黒色をした強力なテープを使って栓をされた口から言葉にならない悲鳴を発しながら、捕らわれの身に堕とされた刑事の男は望まぬ絶頂へと追い立てられた。
見開いた目から、涙が頬へと零れ落ちる。意に反して張り詰めてしまっている男根から、絶頂の証である白く濁った体液が溢れ出る。
だが、責めはとまらない。刑事が涙を零しても、白の体液を溢れさせても、無慈悲な快楽責めは終わらない。
刑事の胴体を飲み込んでいる灰色の壁の向こうにいる男達は自分が嬲っている下半身が刑事の物だなんて知らぬまま欲望のままに手を動かし、何度も何度も情けない絶頂を迎える無様な男の下半身が悶える様子を目と指先で愉しむばかりで、誰一人として慈悲を与えようとはしない。
大きく開いたまま閉じられないよう足首と膝と太ももを壁に黒革の枷と鎖で繋がれた足をくすぐるように撫で回し、無防備にさらけ出された尻穴を男根を模した極太の玩具や複数人の指で好き勝手に掻き回し、勃起したまま萎える事も出来ずに絶頂を繰り返している男根を手や淫具で容赦無く擦って更なる絶頂を促すばかりで、男達は誰も刑事の拘束を解こうとはしないのだ。

「んー! むっ・・・ぐっ、ふぐぅぅ・・・・・・っ!」

壁に裸体を固定され、言葉を封じられた状態で顔も見えない壁向こうの誰かに丸出しの恥部を弄ばれるという苦悶と屈辱に満ちた状況に長時間置かれた刑事は、心も身体も憔悴し切っている。
もはや、刑事は自分にこの辱めを施した相手に対して抱いていた怒りの感情を思い出す事は出来ない。故に、刑事は自分の目の前に憎いはずの悪人の男が現れた瞬間縋る視線をその悪人に向け、塞がれた口で哀願の唸りを上げて甘い苦しみからの解放をおねだりした。

「刑事さん、お疲れ。お客さんに大人気だから、イきっぱなしで大変だねぇ」
「んーっ! むぅっ、んむっ! むぐぅぅぅっ!!」

壁の向こう側で尻穴をほじくられ、吐き出す精液が底を尽きかけている男根を責め立てられながら、刑事はなりふり構わず自分を捕らえた悪人に向かって許しを請う。
すると、許しを請われた悪人は無様極まりない刑事の姿を見て実に愉快そうに笑って、残酷に言った。

「刑事さん、もっとひどくして欲しいのかい? 欲張りだねぇ」
「むぅっ!? んぐ! むぎゅぅぅぅぅーっ!!」

哀願をわざと間違って解釈された刑事は恐怖に表情を歪ませ、否定の絶叫を上げながら顔を左右に激しく振る。
しかし、どんなに否定の意思を示してもそれは悪人の心を悦ばせ、加虐心を煽るだけだ。快楽地獄の終わりには繋がらず、悪人の右手が鼻を摘まんで呼吸を封じてくる事も、とめられない。
あらゆる自由を奪われ、何もかもを支配された刑事は、自分の下半身をいたぶる淫らな店の客の男達と自分を商品に堕とした悪人の手で一方的に苦しめられる事しか出来ないのだ。

「っ! ん! く・・・んんっ!!」
「刑事さん、苦しいねぇ。気持ちいいねぇ。このままだとイきまくりながら窒息しちゃうねぇ・・・これは一大事だ」
「うっ、ぐふっ! ふぅ、うぶ、うぶぅぅ・・・・・・!」

呼吸を禁止され息苦しさに震える刑事の尻穴が一際強く指を絞め上げ、男根がビグビグと脈打ちながら薄まった精液を垂れ流す。今まで以上に淫猥になった下半身の変化に客の男達は満足そうに微笑んで指の動きを強め、悪人の男は強まった快楽責めに堪えきれずに喘ぎを漏らす刑事の顔が甘い悦びと死への怯えを感じながら青ざめていく様を目を細めて観察していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


オトコのコHEAVEN 06
スポンサーサイト
[PR]

悪人達は屈服への期待を寄せる

2017.10.09.Mon.21:00
捕らわれの身となってしまった捜査員の左右の手首に嵌められた黒い革製の枷に繋がれた鎖は捜査員の頭上へと伸び、古びた倉庫の天井に固定されたフックへと結合されている。そして、左右の足首に嵌められた手首と同じ枷は倉庫の床に打ち付けられた金具へと短い鎖で繋がれている。
まるで、万歳をしているような状態を強要されたまま腕を下ろす事はおろか座る事も衣服を剥ぎ取られた裸体を覆い隠す事も禁じられ、足は肩幅に開かされたまま閉じられず捜査員の恥ずかしい場所は何もかも丸見えだ。
言葉を封じる黒のギャグボールの穴から飲み込めない唾液が零れ落ちる様も、胸元でつつましく自己主張する二つの肉の粒も、足の間で揺れている雄の証も、尻の谷間の奥で息づく窄まった穴も、何もかもが捜査員を捕らえた悪人達の前にさらけ出されている。

敵の手に落ち、衣服を没収された裸体を拘束され、ありとあらゆる箇所を視線で嬲られる状況。それは、捜査員にとって耐えがたい屈辱だ。
だが、悪人達にとっては、それだけでは到底物足りない。屈辱に震える捜査員の裸体を眺めるだけでは、満足など出来ない。
故に、悪人達は逃れられぬ捜査員に更なる責めを与え、屈辱と苦悶を何倍にも膨れ上がらせた。何をされても拒めない捜査員の左腕に、捜査員が取り締まろうとしていた強力な媚薬を多めに注射し、気が狂いそうな発情を誘発させたのだ。
勝手に身体が淫らに火照り、快楽を欲する強烈な発情。乳首が硬く尖り、男根が限界まで張り詰め、全身の皮膚が泡立ったように疼く暴力的なまでの淫薬による発情。そんな発情を、手足の自由を奪われた上で強いられた捜査員はあっという間に淫らな欲望に理性を蝕まれ、情けない唸り声を上げながら悪人達が見ている前で無様に身をくねらせて卑猥に踊る事となってしまった。

「んーっ! んふっ、ふぅ! ふぐうぅぅぅ!!」

発情による汗で濡れそぼった裸体を激しくくねらせて踊り、捜査員はとめど無く湧き上がる淫らな欲望をどうにか散らそうとしている。
しかし、そんな事をしても散るのは汗と淫液だけだ。赤く充血した乳首と、硬く勃起した男根を揺らしながら身をよじっても、それは残酷な悪人達の目を愉しませ、興奮を煽る効果しか生まない。

「ふっ…ぐうぅ! んもっ、おぉ…おぉーっ…!!」

自分の中で暴れ回る気持ち良くなりたいという欲求と戦いつつ快楽をねだる哀願を堪え続ける捜査員の様子を、悪人達は思い思いに倉庫内でくつろぎながら無言で眺め、捜査員が屈服を迎える瞬間への期待を寄せていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


オトコのコHEAVEN Vol.25 男の娘同棲物語

残酷な悪人はおあずけを与える

2017.10.05.Thu.21:30
背中に回させた腕に伸ばしたままの状態を強制させている、黒いラバー製のアームバインダー。左右の足を折り畳んだまま伸ばせないように拘束している、腕と同じラバー製の拘束具。そして、首と床の金具を短く繋ぐ、黒革製の首輪と首輪の前部に結合された鎖。
それらの拘束具を用いて裸体の自由を奪われた青年は、指を使えず、立ち上がる事も許されず、膝と胸を床に着けて裸体を支える体勢から離れたくても離れられない。言葉を封じる為に噛まされた黒のギャグボールを外したくても外せず、視界を塞ぐ為に装着された黒革の目隠しを毟り取りたくても毟り取れず、無防備にさらけ出された恥部を容赦無く弄んでいる自分を拘束した者の手をとめる事も出来ない。
丸出しの男根を手で巧みに扱かれ、解された尻穴を指でぐちゅぐちゅと掻き回され、望まぬ絶頂の直前で快楽を全て取り上げられて射精を焦らされる屈辱の責めを加えられても、行動の自由を完全に奪われた青年はただただ相手の目論見通りに喘ぎ鳴きながら、刑事としての誇りを男としてのプライドと共に傷付けられるしか無いのだ。

「刑事さん、射精したいよねぇ? チンコもケツ穴もビクビク震わせて、もうすぐイけそうだねぇ?」
「ううーっ! むふっ、うふぅっ!」

限界まで張り詰め壊れた蛇口のように先端から透明な先走りを零している男根を擦り、三本の指をやすやすと受け入れる程に緩んだ尻穴を好き勝手にほじくり回しながら、刑事を捕らえて甘く嬲っている悪人の男は意地悪く問いかける。
どうせ、また射精を寸前で取り上げられるんだろう。刑事のわずかに残った理性はそれを理解している。だが、何度も何度もおあずけされ、射精欲が溜まりに溜まった肉体は刑事の理性を塗り潰して射精を欲し、ねだるような唸りを無意識に発させている。
それは、ほんの数時間前まで射精したいという欲求をかたくなに否定していた人物とは思えない淫らで無様な変化だ。そんな変化を確認した悪人は、刑事が徐々に陥落している事実に対して満足そうに笑い、刑事が射精を迎える直前を見計らって男根から手を離し、尻穴から指を抜き、また射精をおあずけした。

「んんっ!? むっ、ぶふぅぅーっ…!!」

もう少しで待ち望んだ瞬間を迎えられた刑事の男根は快楽の中に突然放り出され、やり場の無い欲望が中で暴れ回っているかのように激しく脈打っている。勢い良く指を引き抜かれた尻穴は開き切ったままの状態となり、腸液に濡れた内部が淫猥に蠢く様を背後の悪人の目に提供してこれ以上無い支配感を与えている。

「あーぁ、またイけなかったねぇ。一体、何時になったらイかせてもらえるんだろうねぇ…」
「んぶっ! ふぅ、むぶぅぅぅぅ!!」

自分の立場を忘れ、なりふり構わず哀願の唸りを上げながら恥部を突き出して射精を求める惨めな青年刑事の痴態を眺めながら、残酷な悪人は無抵抗の青年刑事に再度のおあずけを与える為に、男根と尻穴へと手を動かしていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


オトコのコHEAVEN 05

少年達は淫らな機械の上で許しを請う

2017.10.03.Tue.21:00
「あっ…あぁぁ! やめて、いや、いやぁぁぁ!」
「許してぇぇ!! あ、はあぁ! 入る、入っちゃ……あぁぁーっ!!」

左右の腕を白い拘束服によって自分を抱き締めているような状態のままで固定され、左右の足に足首同士を短い鎖で繋ぐ黒い革製の枷を巻き付けられた二人の少年は、自分達を捕らえて拘束した男達の手から逃れようと必死になって暴れる。だが、両手両足の動きを大きく制限された状態で暴れても、危機からの脱出には繋がらない。
どんなに全力を込めて身体を捻っても、軽い身体を丸出しの尻肉を鷲掴みにして持ち上げている男達の手からは逃れられず、少年達は抵抗も虚しく男達の思い通りの場所へと運ばれ、哀願を無視されながら自由を奪われた肉体を無慈悲な器具の上へと下ろされてしまった。
それは、計画を散々邪魔した少年ヒーロー達に淫らな仕置きを加える為だけに作られた、器具。箱型をした機械の上部に生えた極太の張型を捕らわれの身となった少年ヒーロー自身の体重で奥深くまで飲み込ませ、みちみちに埋め尽くした尻穴を容赦無く掘削して雌の快楽による絶頂地獄を味わわせる、冷酷極まりない器具だ。

「あ、うぅ…はっ、はあぁ…っ!」
「あ、かはっ、ひっ…ひうぅ…」

自分達を捕らえた男達の手で丹念に調教を施され、異物を痛み無く受け入れられるように作り変えられてしまった尻穴でも強い圧迫を感じる程に太い張型で下から串刺しにされた少年ヒーロー達は、もはや抵抗すらもままならない。少しでも動けば腸壁を張型の表面に生えたイボで擦り上げられて快楽を覚えてしまう状況に追いやられた少年ヒーロー達は、男達が足首の枷の鎖を器具の側面にある金具へと繋いでいるのに気付いても床に着いていない足をバタつかせるというささやかな抵抗さえ取れず、より身動きを封じられていっている事実を把握していても背後で同じ拘束を辱めを受けている相棒に寄りかかったまま苦しさの滲んだ荒い呼吸を繰り返す事しか出来ない。

されるがまま。そんな言葉が良く似合う無様な少年ヒーロー達。二人の少年ヒーローを捕まえ、ヒーローとしての誇りだけでなく雄としての誇りも傷付けた男達は張型を尻穴でくわえ込んだまま箱型の機械から下りられなくさせた二人の表情と硬くふくらみ始めている幼い男根を意地悪く微笑んで一しきり観察すると、二人の表情をより苦悶に満ちた物にする為に、男根をより硬く淫らに変化させる為に、機械の側面についているボタンを操作した。
途端、箱の中で駆動音が激しく鳴り、張型と連動している部分が上下に動き始め、少年ヒーロー達の尻穴は張型にほじくり回されて粘ついた水音を段々と大きく立てていき、少年達の口からは屈辱と甘い悦びが混ざり合った鳴き声が抑える事も叶わずに溢れ出し、むくむくと体積を増した男根の先端からは快楽を感じている証拠である透明な淫蜜が、とろとろと零れ始めた。

「うあぁぁぁーっ!! あっ、はひっ、はっ、はぁぁぁっ!!」
「んっ、ひっ、ぎぃっ! や、ら…とめて、とめて…んはぁぁっ!」

上半身を拘束する白の衣服をギシギシと軋ませながら、足首を拘束する枷の鎖をがちゃがちゃと鳴らしながら、叩き込まれ始めた快楽に甘い声を上げて身をよじる少年ヒーロー達を作り出した男達は、なりふり構わずに許しを請う少年ヒーロー達が理性を失いながら尻穴のみでの射精を断続的に迎える様子を口角を吊り上げて黒く微笑みつつ、無言でじっと眺めて愉しんでいた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


オトコのコHEAVEN Vol.10

拉致された捜査員は快楽で塗り潰される

2017.09.27.Wed.21:00
いつ正体を暴かれたのか。それとも最初から暴かれており、無警戒で何の苦労も無く捕らえて人里離れた屋敷へと拉致出来る機会をうかがっていたのか。真実は、捜査員の男には何も分からない。
捜査員に分かるのは、潜入捜査を行っていた自分の正体を暴いて捕らえた犯罪組織の者達に自分を逃がす気は欠片も無いという事と、その者達は自分の捜査員としての誇りだけでなく人間としての理性をも奪おうとしているという事だけだ。

「んんっ…! む、うぅ! うぐっ……ふぐぅぅぅーっ!!」

目を覆って視界を遮っている黒色をした強力なテープの下で眉根を苦しげに寄せながら、捜査員は硬く丸めた布を詰め込まれた上でテープに栓をされた口で唸りつつ、衣服を没収された裸体に与えられた拘束と無慈悲な機械達を振り払おうとする。
だが、厳重に与えられた拘束は捜査員がどんなに暴れてもビクともしない。過剰なまでに施されたテープは捜査員の手足を木製のテーブルの天板に緩み無く括り付けていて、捜査員は手足を真横に伸ばした仰向けの体勢からどうやっても抜け出せない。
当然、そんな状態で視界と言葉を封じているテープを剥がす事など出来る訳は無い。丸出しの弱点にテープで固定された機械達を、望まぬ快楽を休み無く絶え間無く流し込んで絶頂を強要する淫具達を毟り取る事も、不可能だ。

逃げ出したい意思は強く持っているのに、拘束と快楽責めからは逃げられず。快楽に屈したくないと心の底から思っているのに、視覚情報を塞がれて快楽に集中させられ、激しく身悶えて快楽を散らす事も叶わないよう拘束されていては耐えられず。捜査員はただただ左右の乳首を震わせるピンク色のローターと、男根全体に固定された白いパッドから発せられる緩い電気刺激と、尻穴から抜け落ちないようテープで固定された状態で腸壁を好き勝手に掻き毟る極太のアナルバイブと、自分を拉致した日から毎日凌辱を加えている犯罪組織の者達の思い通りに快楽でよがり狂い、萎える暇も与えられない男根から色の薄まった精液を絞り取られるしか無い。

「んっ…ぶうぅ! もっ、ごぉ! おごおぉぉっ!!」

テープによって天板に押さえ付けられた手足を震わせ、身動きを大きく制限された裸体を仰け反らせながら、捜査員は本日数十回目の絶頂を迎えた。汗と淫液に濡れた裸体が生き物とは思えない程の痙攣をし、男根からほとんど透明に近い体液が力無く分泌される。絶頂を迎え過ぎた捜査員の肉体は明らかに限界を超えている。けれど、意志を持たない淫具達と人間の心を持たない非情な男達はそんな事お構いなしだ。淫具はコードを通じて送り込まれる指示と電力に従って同じ動きを繰り返し、捜査員に更なる絶頂を強いるだけ。犯罪組織の男達は一人きりの部屋でイきまくる無様な捜査員を別室からモニターの映像で観察しながら、このまま理性が壊れた際に捜査員の仲間の元へと送り返す場合、どんな情けない状態で送り返すのが一番面白いかを愉しげに話すだけだ。

「むぅーぅっ! うぐっ…ふむおぉ! あお……おぉぉぉーっ……!!」

仲間からの救助を望む事も忘れて快楽に翻弄される捜査員の男は、今までの自分が日を追うごとに快楽で塗り潰されていく事実に絶望を抱きながらもどうする事も出来ず、吐き出す体液を失った男根の先端をパクパクと虚しく開閉させながら、射精を伴わない絶頂を迎えていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ショタオク!!!【単話】
 | HOME | Next »