FC2ブログ

瞳は幸福色の輝きを放つ

2018.08.11.Sat.21:00
「あんっ! あっ、あっあっあぁぁぁっ!! も、らめ、とめへとめひぇぇぇぇっ!!」

涙をぼろぼろと零しながら、少年はなりふり構わずに叫び、自分を追い詰めている機械の停止を求めた。
しかし、少年の必死の哀願を耳にしても、哀願を向けられた人物は機械を止めない。それどころか、その人物は耳に心地良い少年の絶叫を聞いて微笑むと何の躊躇いも無く機械のリモコンを操作し、少年を苦しめている機械の駆動を一段階上の物へと引き上げた。
少年の尻穴を滅茶苦茶にほじくり回して雌の悦びを生んでいる極太のバイブが、リモコンから送られた指示を受けて今までより激しい駆動音を響かせながら首振りを更に凶悪な物へと変える。男根の亀頭を模したバイブの先端に腸内の奥深い場所を抉るように擦り上げられ、バイブの表面に生えた無数の醜悪なイボに解れきった腸壁を容赦無く掻き毟られた少年は、強まった快楽に目を見開き、先程よりも甘く歪んだ悲鳴を上げながら、肉体を無我夢中でもがかせ始めた。

「んぎぃぃぃっ!? ひゃめ、りゃめぇぇ! ぎもぢ、いぃぃ! おがじぐ、なりゅ! ゆりゅひへ! とめでぇぇぇ!!」

大粒の涙を流し、痛々しい声で許しを請いながら少年は暴れる。だが、少年がどんなに暴れても少年の肉体を拘束する赤色のガムテープはビクともしない。
背中で左右を重ねたまま厳重に縛られた手首も、胴体に括り付けられた二の腕も、自由を奪うテープを振り解けない。折り畳んだまま伸ばせないよう足首と太ももを括られ、黒のリクライニングチェアの肘掛けへと執拗に縛り付けられた足は閉じることも許されず、少年は無理矢理に座らされたリクライニングチェアの上で足を無様に開き、ガムテープで抜け落ちないよう固定されたバイブに尻穴が弄ばれる様子を余すところなく観察されるしか無い。
少年は自分と同じ顔で愉快そうにニコニコと笑っている双子の弟に痴態を全て観察され、それまでの立場が淫らに逆転するまで惨めな絶頂を繰り返すしか無いのだ。

「ひあぁぁ! まら、イぐぅぅ! イぐっ、イぎゅぅぅぅ! んひっ、あっ! イぐぅぅぅぅぅーっ……!!」

尻穴を機械に嬲られ、少年はまた触られてすらいない男根から精液を噴き出させた。そんな精液の放出の最中も、バイブは動きをとめない。残酷に暴れ続けて、少年を次の絶頂へと追い立てていく。

「も、ゆりゅじでぇぇ……イぎだぐ、にゃひぃぃ……た、ひゅけへ、お願い、も……ゆりゅひへぇぇぇーっ!!」

自分が兄であることも忘れ、少年は弟の笑顔に向かって快楽地獄の終わりを望む。
けれど、弟は兄に許しを与えない。弟は気まぐれにリモコンを操作しながら、最愛の兄が淫猥によがり狂う様を、最愛の兄が肉欲に溺れていく一部始終を、恍惚の表情を浮かべて存分に堪能するだけだ。

「あぁ! また、イぐぅぅっ! しゃっき、イったのにぃ……イぐのっ! イぐぅぅ! とまんにゃい、イぎっぱなひ、イぐぅ、んあぁぁっ!!」

身動きを封じられた兄の痙攣、快楽に蕩けている自分と同じ兄の顔、絶頂に合わせて男根から放出される兄の体液、それらを眺める弟の瞳は、幸福色に染まった輝きを放っていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


オトコのコHEAVEN'S DOOR 6
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

男の絶頂は弟の笑みを濃くする

2018.08.04.Sat.21:00
背中で肘から先の部分を重ねさせられた腕を、黒のガムテープで厳重に縛り上げられ。窮屈に折り畳まされた足を伸ばしたくても伸ばせないよう、腕の物と同じガムテープでぐるぐる巻きに拘束され。意味のある言葉を口に出来ないよう、ガムテープで口に栓をされ唸り声しか出せなくされてしまった男が、仰向けに転がされたベッドの上で無防備な裸体を淫らな機械達に弄ばれている。
左右の胸にガムテープで貼り付けられたローターで絶え間無く振動させられた乳首は真っ赤に充血してガチガチに尖りきり、途切れぬローターの振動で堪らない快楽を感じている。裏筋に貼り付けられた二つのローターで根元と亀頭のすぐ下を容赦無く震わされている男根はパンパンに張り詰めた状態のまま萎えることも許されず、吐き出す精液を失った後も絶頂へと追い立てられ透明な先走りを情けなく噴き出させている。ガムテープで抜け落ちないよう栓をされ、奥深くまでをみちみちに埋め尽くした状態で暴れに暴れている極太のバイブに掻き回され続けた尻穴は柔らかな肉壁を抉られる悦びに抗うことも叶わなくなり、バイブの表面に生えた凶悪なイボが肉壁を引っ掻く刺激に合わせて、身動きを封じられた裸体を惨めに痙攣させている。

「んーんっ! んむっ、むぅ! むぐっ、ぐむぅぅぅんっ!!」

疲れの概念を持たない機械達に甘い快楽を流し込まれ続け、限界を超えた絶頂に苦しんでいる男は、涙と汗に汚れた赤ら顔を自分に拘束と淫具を与えた男に向けながら、無我夢中で哀願の唸りを発した。
だが、その哀願は聞き入れてはもらえない。男を拘束し、快楽を与えている男は必死の哀願の様子を眺めて愉しそうに微笑むと、足を勝手に閉じられないようにと膝を押さえていた腕に力を込め、悶絶する男と視線を合わせて言った。

「兄さん、可愛いよ。イきすぎて苦しんでる顔も、イっちゃった時に出る悲鳴も、気持ち良さから逃げようとして必死に悶えてるところも、全部全部可愛いよ。兄さん、もっと見せて。兄さんが可愛く追い詰められてるところ、もっと、もっともっと俺に見せて」
「うむぅ……ふぐ、あむぅぅぅ……!」

自分と同じ日に生まれ、同じ顔と声を持って育った弟。その弟が見せた自分に対する淫らな欲望と獰猛さに捕らわれた男は、笑いながら聞かされた言葉にまだ戻れるかもという淡い期待を打ち砕かれた。

「兄さん、またイきそう? 良いよ、イって。好きなだけ、何回でもイって。俺が全部見てるから、兄さんのエッチで可愛いところ、俺が全部見ててあげるから」
「うふぅぅぅ! んむ、むぅ、むぉぉ! おむぅぅぅぅ!!」

興奮した口調で絶頂を促す弟の幸せ一色の表情を涙で霞んだ目でぼんやりと眺めながら、男は堪えることも出来なくなった絶頂へとまた追いやられ、弟の笑みを更に濃くするのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


メスイキおとこのこスイッチ【DLsite限定特典付き】

男は弟の本気に捕らわれる

2018.07.11.Wed.21:00
業界を取り巻く事情が変わり、身を粉にして再建を図ったものの男の行動は実を結べず、男は自身が立ち上げた会社を畳まざるを得ない状況へと追い込まれてしまった。
借金こそ抱えなかったが、抱えないようあらゆる物を売却したために男の手元にはほとんど何も残らず、男は身一つに近い状態で実家へと、両親亡き後弟が守ってくれていた田舎の家へと帰ることになった。
そして男は、都会に出るまで自分が過ごした家の中で新しい生活を、弟の手で拘束を施され庭にある土蔵の中で快楽を用いた監禁調教を与えられる生活を送り始めた。

「兄さん、可愛いよ。感じてる顔、可愛い。もっともっと気持ち良くなって、俺の指と舌で気持ち良くなって、たくさん可愛いところ見せて」
「ん、あぁっ! らめ、りゃめ、お尻ぐりぐり、らめぇぇ! ひぅぅっ!! ひんこ、さきっぽぉ、ひょんなになめひゃ、やら、あぁ! イぐぅっ! まりゃイぐぅぅぅっ!!」

内側にクッションが付いた黒革の枷によって手を拘束され、抵抗を大きく封じられた男は土蔵の床に直接敷かれた布団の上で足を限界まで開かされ、露出させられた尻穴を弟の右人差し指と中指でほじくられながら硬く勃起させられた男根を舌で手加減を一切挟まずに舐め回されている。
何度射精を迎えても、限界を超えた快楽に涙を零しながら許しを求めても、弟は責めを緩めない。弟は、断続的に絶頂を迎えながら甘い悲鳴を上げてよがり狂う兄の痴態を目と耳で愉しみながら、更なる痴態を引き出すために快楽を流し込み続ける。

「ん、もぉ、ゆりゅひへぇぇ……っ! おかひくなりゅ、おかひく、なっひゃぅぅぅっ……!!」

終わる気配が全く見えない甘い快楽の波に息を切らしつつ、男は舌足らずな言葉で哀願を行う。
このままでは心と身体が快楽に溺れ、理性を失ってしまうという恐怖から発せられた哀願。だが、弟は兄のその哀願を聞いて優しく微笑むと、穏やかな、しかし有無を言わせぬ強さを持った言葉を口にした。

「好きなだけおかしくなって良いよ、兄さん。もっともっとおかしくなって、俺無しじゃ生きられないようになって。俺が養ってあげるから、俺が毎日たくさん可愛がるから、兄さんは何も心配せずに好きなだけおかしくなって」
「っ、あぁ……っ!」

弟の指が尻穴からずるりと引き抜かれ、男根を舐め回していた舌が離れ、兄の膝を抱えた弟は自分が丹念に指で解した尻穴に自身の男根をあてがうと、幸福に満ちた表情を浮かべながら兄の尻穴を男根で割り開いていく。

「兄さんの中、気持ち良い。ぐちょぐちょに蕩けてて、きゅうきゅう絞め付けてきて、可愛い。大好き。兄さん、愛してるよ」
「ひっ、あっ、あぁ、んあぁぁっ!!」

腰を前後に振って尻穴を掘削してくる弟に揺さぶられ、絶頂に導かれすぎた肉体を襲う雌の悦楽に翻弄されながら、男は弟が口にした愛の言葉をきっかけにして遠い日の記憶を、当時高校生であった弟が口にした自分への恋心を冗談だと思って笑って流した記憶をぼんやりと思い出す。

「ずっと、ずっとこうしたかった。もう離さないから、絶対に逃がさないから、早く俺だけの物になって、俺のことだけを考えてね」
「ん、はぁ、あんっ、あぁ、んひぁぁ……っ!」

自分が弟の本気を笑って流したせいでここまで追い詰めさせてしまったのかと罪の意識を感じながら、男は浴びせかけられる弟の本気の愛情にもう自分は逃げられないのだと悟り、必死な顔を見せながら腰を振る弟の背中に拘束された手を回すと、兄は無意識に弟を自分の方へと抱き寄せていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


褐色少年とおじさんと俺。

弟は兄を拘束して甘く可愛がる

2016.08.18.Thu.21:00
青年は、油断していた訳じゃない。相手を侮っていた訳でもない。ただ、夏休みを利用して自分の家に泊まりに来た少年が、年の離れた血の繋がっていない弟が、こんな行動に出る程自分に対しての執着を持っている事を想像出来なかっただけだ。
誰が、弟に飲み物にこっそり混ぜた睡眠薬を飲まされ抗えぬ眠りに堕とされると考えるだろう。誰が、眠りに堕ちている間に弟の手で衣服を脱がされた裸体に透明なラップを幾重にも巻かれ、両腕を身体に沿わせ足を後ろに折り曲げた格好で裸体を固定され自由を奪われると思うだろう。
誰が目を覚まして自分の状況に気付き必死にベッドの上でもがく兄を見つめて弟が愉しそうに笑い、少年とは思えないくらいに獣性に満ちた雄の表情で熱い言葉を囁きながら、甘い刺激を注いでくると想像出来るだろう。

「お兄ちゃん…可愛いよ。気持ち良さそうにとろんとしてる目も、僕の指に弄られてラップを押し上げてる乳首も、射精させて欲しそうにビクビクしてるおちんちんも、全部、全部可愛いよ」
「はぅ、あ…あはぁっ…!」

仰向けに寝かせた兄にまたがった全裸の弟は、幼い顔を恍惚に染めながら、掠れ声で兄の淫らな状態を指摘しつつ快楽を与え続ける。
こんなの駄目。気持ち良くなっちゃ駄目だ。青年は兄の立場を保ちたい一心で自分に言い聞かせるのだが、肉体は言う事を聞いてはくれない。
弟の巧みな指でラップごしに上下に弾かれ、優しく押し潰された乳首は、右も左も硬く尖り切り淫猥な赤色になって自己主張してしまっている。弟がラップを使って固定した楕円形の淫具に弱く振動させられている男根はラップの拘束の中で限界まで勃起し、いつまで経っても迎えられない射精の瞬間を欲してビクンビクンと脈打ってしまっている。

否定の出来ない気持ち良さに責め立てられ、せり上がる射精欲に追い詰められ、ラップの中に溜まる逃げ場の無い熱に思考能力を削り落とされる青年。そんな青年は今、心の底から危機を感じていた。
このままこの責めを続けられたら、堪え切れずに射精をおねだりしてしまう。弟に屈服し、従わされてしまう。
大事な弟に道を踏み外させる訳にはいかない。だから、青年は震える唇で、兄として制止の言葉を発した。

「もう…やめな、さ…っ! 今なら、ゆるひ、んむぅぅ…っ!?」

兄の言葉は、途中で遮られた。弟が裸体をゆっくりと降ろし、兄の腹部の辺りに自らの勃起した男根を擦り付けながら、熱烈な口付けをして唇を塞いだからだ。

「ん…むぅ。は、ふっ…んむぅぅ…っ」

口内に侵入してくる弟の舌を押し返そうとした舌を絡め取られ、柔らかな舌同士の擦れ合いに快楽が走る。同時に弟の口から流し込まれた唾液をコクコクと飲まされ、息苦しさと息苦しさが霞む程の興奮を与えられる。
たった一回。たった一回の深い口付けが終わった頃、すでに蕩けていた青年の身体は完全に骨抜きになってしまった。もはや、上手く力を込める事も不可能。ぐったりと脱力し、制止を口にする事もやめて甘く火照った顔で甘い吐息を漏らしている兄に、弟は強く抱き付きながら耳元に唇を移動させて言った。

「やめないし、許してもらえなくても大丈夫だよ。だって、このお泊まりが終わるまでにお兄ちゃんをたっぷり調教して、心も身体も僕無しではいられないようにしてあげればいいだけだしね」
「っ、あぁ…」

自分の知らない弟の獰猛な本性に背筋を震わせる兄は、本能で逃げられないと察知して諦めを抱いた。
どんなに抗っても、甘い快楽で陥落させられる。堕ちないように意識しても、その意識が維持出来なくなるまでよがり鳴かされる。
兄と弟の関係を壊したくないと考えても、それは弟が注ぐ情熱的な愛撫の数々で崩され、上下が逆転した淫らな主従関係に作り変えられてしまうのだと気付き、諦めを抱いた。

夏の夜のマンションの一室ではその日一晩中ラップが擦れる音と性行為の声が響き、次の日からは朝も昼も夜も無く弟が兄を躾ける音が、次第に甘さを増しながら響いていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


鯖11:猫の卵

淫乱な少年は箱の中で興奮を覚える

2016.03.24.Thu.21:00
リビングの中央に、大きな段ボール箱が一つ置かれている。大きさ以外は普通の段ボール箱にしか見えない為、一見しただけでは何の変哲も無い風景に思えるだろう。場所がリビングという事もあり、中身が家具だと思う者もいるだろう。
だが、実際は全く違う。横から見たら普通の段ボールだが、上から中を覗き込むと普通とは明らかにかけ離れた様子が見える。何せ、箱に入っているのは家具ではなく人間で。高校生くらいの少年が裸体に拘束を施されたまま、格子状に組んだ段ボール製の蓋がされた箱の中に入れられているのだから。

「う…ふぅ…」

自らが履いていたパンツを丸めた物を詰め込まれ、それを吐き出せないようにとガムテープで栓をされた口からくぐもった唸り声を上げる少年は、リビングの天井にある照明が差し込む段ボールの中で仰向けに転がり、露出させられた自分の身体を虚ろな目で眺めている。
今はいないが、もし段ボールを上から覗く者がいれば、少年の裸体は何もかもが丸見えになってしまう。口を塞がれた顔も、胸元にある左右の乳首も、細い腰回りも、手首と足首をガムテープで括られている様も、手足を拘束されているせいで隠せなくされた男根と尻穴も、全て丸見えだ。恥ずかしい姿を箱の底で晒し、誰かにその恥ずかしい姿を見られても逃げられない状況は、間違い無く辱め。少年に限らず大人の男でも、同じ状況に追いやられたら屈辱と悔しさを覚える者がほとんどだ。
しかし、この少年は違っていた。屈辱と悔しさのどちらも覚えておらず、代わりに全身が熱く火照る程の興奮を覚えていた。

「んっ、むふっ」

声を奪われ、手足の自由を奪われ、裸体を惨めな状態のまま段ボール製の檻に入れられているというのに少年は鼻で荒い呼吸を繰り返し、丸出しの男根をガチガチに勃起させている。こんな状況に置かれながら、どうして少年は屈辱や悔しさではなく興奮の感情を抱いているのか。答えは簡単だ。この状況を望んだのが少年自身である上に、本当に望んでやまなかった状況はこれから訪れるからだ。

「むぅっ! んむぅーっ!」

リビングのドアが開く音に、少年が反応する。続いて聞こえた近付いてくる足音に、少年は更に男根を硬くさせる。
そして、少年は箱の底で裸体を晒している自分を段ボールで作られた格子ごしに見つめる数人分の視線を浴びた瞬間ただでさえ強く抱いていた興奮をより強く感じ、見られただけだというのに快楽を感じて身を震わせてしまった。
視線に快楽を感じ、淫らに悶える少年の姿に思わず欲情を募らせ、箱を覗いた何人かが生唾を飲みながらズボンの股間部分を盛り上がらせる。そんな彼らに、彼らをリビングに招いた者。箱の中に入れられている少年とよく似た顔をした少年が笑いながら言った。

「どう? 俺の兄貴…エロいだろ? でも、まだまだエロくなるんだぜ? チンコを見ると自分から腰を振って、精液をかけられると嬉しそうに一生懸命匂いを嗅いでくれる淫乱なエロ兄貴、皆見たいだろ?」

同級生かつ目の前で痴態を晒して悦んでいる淫乱少年の弟に問いかけられ、招かれた少年達は欲望のままに一人また一人と首を縦に振る。

「んじゃ、皆でチンコ出して、エロ兄貴を見ながら扱いてくれよ。そんで…精液塗れになりながら一生懸命に精液の匂いを嗅ぐ淫乱兄貴を、全員でじっくり観察しようぜ」

弟が兄の正面に立ち、箱の中に向かってズボンから取り出した自らの男根を手で擦り始める。すると、周りもそれを見て自分の男根をズボンから取り出し、淫らな箱詰め少年に向けて男根を夢中で擦り始める。

「んー…むふぅー…っ」

何本もの男根が、粘ついた水音を立てて擦られている。しばらくすれば、あそこから噴き出した白い精液が逃げ場の無い段ボール箱の中へと垂らされ、全身を淫らに汚してもらえる。
想像しただけで達してしまいそうな幸せな状況に少年は箱の中で蕩けた唸りを発しながら腰を揺らめかせ、本格的に淫乱になり出した兄の痴態を正面から眺める弟は愛しい兄の淫猥な欲望を満たす為、同級生の少年達と一緒になって男根を扱き、精液の放出を男根に促していた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G

 | HOME | Next »