FC2ブログ

狐は想い続けた男と甘い甘い交尾に耽る

2020.04.29.Wed.21:00
「主様、お久しぶりなのじゃ。この地に帰ってきたということは、わしを娶りに来てくれたんじゃろ? 本当に待ち侘びたぞ、主様」

亡くなった祖父から受け継いだ田舎の家へと越してきた夜、古びた扉を叩く音に反応して玄関へと赴いた男を待っていたのは、人ならざる来客だった。
男の腰辺りまでの背丈をした狐の獣人が、表情を幸福色に染め嬉しそうに金色の尾を振りながら挨拶を行う。それに対し、男は何も言葉を発せずに固まっている。人間では無い存在がやって来たからだけでは無い。男に、その小柄な狐を知らないと言い切れない胸のつかえを感じているからだ。
奥深くに埋もれた記憶の中で、自分はこの狐を知っている気がする。だが、思い出せない。何も言葉を紡げぬまま忘れてしまった自分にもどかしさを募らせ表情を曇らせる男に、狐が幸福一色だった顔を哀しげに歪め、問いかける。

「嘘じゃろ……主様、もしかしてわしのことを……忘れてしまったのか?」

今にも泣き出しそうな程に目を潤ませながらの問いに、男の胸が痛む。だが、思い出せない物は思い出せない。男は罪悪感を抱きながら、狐に向かって正直に答えた。

「……すまない」

紡がれた謝罪を聞いた狐が目を見開き、耳を震わせ、尾を強ばらせる。狐を覚えていなくとも、狐がひどく傷ついているのが男には痛いくらいに分かった。同時に、傷ついた狐がこのまま手の届かない場所へと消えることが、言葉では言い表せない程の喪失に繋がると本能で理解させられた。
まだ記憶から狐との出来事を救い出せずにいる自分が悔しい。早くしなければと心は焦るのに、脳は深くに沈んだ思い出をどうやっても取り出せない。

「すまない、待ってくれ! 君が大事な相手だってことは思い出せているんだ! だから待ってくれ、もう少しで、きっと……!」

男は焦燥のままに叫び、頭を抱えて記憶を呼び起こそうとする。そんな男の必死さを目にした狐は意を決し、愛しい男に自分を思い出させるために身に着けていた白装束を脱ぎ、裸体を晒した。

「主様、見ておくれ。幼き日の主様に快楽を教えられ、雄から雌に変えられたはしたない身体じゃ。主様がここを離れてからも、主様を思い出しながら自分で育てた……土地神らしからぬ淫らな身体じゃ」

言いながら、狐は顔を赤らめながら足を開いて幼い男根を見せ付け、男に背中を向け尻尾を持ち上げ自身の指で毎日欠かさずに解していた穴を突き出し、男から快楽を教え込まれた思い出を口にする。
快楽、土地神、そして狐の手で渡された白装束からほのかに立ち上る匂い。それらに記憶を刺激された男は、とうとう狐を思い出し、謝罪を放ちながら体毛の中で真っ赤に充血して自己主張する乳首を指で強調している狐を抱き締めた。

「ごめん、○○……! 俺、どうして……○○のこと、本気で想ってたのに。絶対にお嫁さんにするって約束したのに……!」

幼き日と同じ口調で言い、その時とは全く違う体格と力強さで自分を抱き締める男が流す涙を左肩に感じながら、男の右肩に涙を零して狐が答える。

「大丈夫じゃよ、主様。もう何十年も経っておるんじゃ、忘れてても不思議じゃない」
「でも、俺……」
「あー、もう! 大の男が泣くんじゃない!」

数百という時を生きた狐が突然に年上の口調を取り、男を叱る。驚き、身体を跳ねさせた男の腕からするりと抜け出た狐は、後悔と申し訳無さからくる涙に濡れた男の顔に向かって嬉し涙に濡れた顔を見せながら、優しく微笑んだ。

「主様は、この地を治める土地神のわしが愛した男なんじゃぞ? しゃんとしてもらわねば困る。悪いと思っているなら、行動で示しておくれ。申し訳無いと感じておるなら、待たせた分……しっかりと愛しておくれ。わしの愛しい、わしだけの……旦那様」
「○○……っ!」

言われた言葉に従って行動で示し、全身全霊でぶつけられる男の愛を受け止めながら、狐は自身の小柄な肉体を逞しく育った男に預けていた。




「は、うぅぅんっ……旦那様の魔羅、昔よりずっと太いのじゃぁっ……!」
「○○、大丈夫? 苦しくないかい?」
「うん、大丈夫、なのじゃ……苦しいより、嬉しくて、幸せで……気持ち良い、のじゃ……っ!」
「○○、可愛い……昔と同じその蕩けた顔、本当に可愛いよ」
「あっ、あぁっ! 激しいぃっ! 旦那様の魔羅が、わしの身体を抉ってるぅぅっ! もっと、もっと、激しくしてぇっ! わしの穴が、閉じなくなるくらいにぃっ……たくさんほじって、子種を注いでっ! 旦那様ぁぁぁぁっ!」

自分よりも遥かに小さい年上の狐に覆い被さり負担を掛けないよう加減しながら一生懸命に腰を振って狐を悦ばせる男と、自分で弄っていたときとは比べ物にならない快楽を叩き込まれ太く逞しく育った愛しい相手の男根を尻穴で夢中になって舐めしゃぶる狐の甘く蕩けた交尾の声は古びた家の壁を突き抜けて周辺に響き、土地神である狐を慕う動物達に狐の恋が実った事実を知らせ、祝福の感情を抱かせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















スポンサーサイト
[PR]

愚かな退魔師は甘く歪に壊される

2020.04.12.Sun.21:00
「んぅーっ! んぐっ、むぎゅぅっ! ふぅ、むっ、んむぅぅぅっ!」
「札ごしに甘く鳴き喚いて、全身を情けなく震わせて……本当に愛い奴じゃのう。お主は」

背中で重ねさせられた肘から先と、左右をきっちりと揃えさせられた足首を黒色をした妖力で縛られ、同じ妖力を込めた札を口に貼り付けられたことで言葉を封じられた少年が、布団の上でくぐもった唸りを発しながら衣服を奪われた裸体をよじらせている。
どうにかして逃れたい。絶え間無く注がれる苦悶に喘ぎながら、少年は責めからの脱出を求めて必死にもがき続ける。しかし、幾らもがいても妖力で作られた拘束具は振り解けない。なりふり構わずに叫びながら布団の上でのたうち回っても、その声は助けを呼ぶことには繋がらず、意地悪な手は暴れる裸体を器用に追いかけて休み無い責めを加えてくる。
どうやっても逃げられない。その絶望の事実を改めて思い知り、打ちひしがれる少年の表情を眺めて笑みを浮かべた男は人ならざる尖った口を醜悪に歪めながら、責めを生んでいた右の手を少年から離した。
絶頂が迫っていた男根から刺激を無くし、白く濁った欲望の解放という淫らな至福をまた目の前で取り上げたのだ。

「んぐぅぅーっ!! ふっ、ふぶぅっ!! んも、むおぉぉぉーっ!」

もうすぐ、溜め込んだ欲望を吐き出せる。乱され切った思考でそう考えていた少年は、もう何十度目かも分からないお預けに目を見開きながら絶叫し、無意識に腰を振って痛々しく脈打っている幼い男根を跳ね回らせる。
そんな無様極まりない少年の姿を間近で観察し、喉奥で小さく笑った男は少年の男根から分泌された体液で汚れた右手で震える少年の腹部を撫で回しながら、愉快色に染まった声で無慈悲な言葉を紡いだ。

「どうした? 果てさせて貰えるとでも思うたか? そんな簡単に許す訳が無いじゃろう? 身の程知らずな愚かな退魔師には、妖狐に挑んだことをまだまだ後悔させてやらなければならないんじゃからのう……」

自分を退治すると息巻いてあっさりと破れた少年を嘲笑い、射精欲が引いて萎え始めた男根に妖狐の男が再び右手を這わせる。
柔らかな毛に覆われた手がまた男根を緩く握り込み、上下に扱いて快楽を流し込んでくる。このままでは、さっきのように射精寸前でそれを禁じられる苦しみを味わわされてしまう。

「んぎゅぅぅぅっ! ふ、ぶふっ、むぐぅぅんっ!」

もう、嫌だ。心の底から恐怖し、倒そうとしていた狐に涙で潤んだ目を向けながら少年が許しを請う叫びを放つ。
その恥と誇りを捨てた哀願を目にし、金色の尾を揺らめかせながら牙を露出させて舌なめずりをした狐は、数百年生きてきて初めて感じる獰猛な欲望に目を輝かせつつ少年を無情にも突き放した。

「良い恐怖じゃ。そのまま怯えながら苦しみ続けると良い。心と身体に妖狐と快楽への恐れを、儂への畏怖を、二度と消えぬほどに刻み込んで……お主の生を歪な物に変えてやろうな」
「ふぅ、ふぐぅ! んむ、も、おぉぉっ……!」

助けの来ない妖狐の領域で嬲られる少年の悲鳴は長く、虚しく響き続け、自らに刃向かった馬鹿な退魔師が壊れゆく様を愉しむ残酷な妖狐の男を悦ばせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















愚かな冒険者達は暗闇の中で甘くいたぶられる

2019.11.22.Fri.21:00
挑んだ者が誰一人として帰っては来なかった洞窟はあまりにも危険だからと言う理由で閉鎖され、近隣の町の住民ですら近付けないよう厳重に見張られている。
だが、どんなに見張りを厳重にしても突破しようと考える者はいる。そして、金を積まれればその突破に協力してしまう者もいる。
誰も踏破していない洞窟を踏破し名を上げたいという欲望と、洞窟の奥にまだ見ぬお宝が眠っているに違いないという想像を膨らませた冒険者のグループは幾つもの策を弄して見張りを突破し、洞窟内へと踏み入ってしまった。
その洞窟の凶悪さが自分達の考えていた物とはかけ離れた性質を持っているという事実を知る由も無いまま、冒険者達は洞窟へと入ってしまったのだ。
誰も帰らなかった洞窟には一体どんな怪物が待ち構えているのか。また、どんな危険な罠が仕掛けられているのか。そんな警戒を抱いていた冒険者達を襲ったのは怪物ではなく、思い描いていたのとは全く別の危険さを有した罠だった。
その罠は、転移の罠。それも、不規則に発動条件を変え、発動する範囲と場所までも変化させる数え切れない程の転移の罠だった。

まず最初に一人で少し離れた場所に移動した者が姿を消した。それを見た別の冒険者達は単独行動はいけないと判断して一カ所に集まったが、今度は複数の人間を範囲内に感知すると発動する罠によってまた一人が姿を消してしまった。
別々に行動しても、集まって行動しても罠によって一人ずつ攫われる。戻ろうにも時間経過によって場所を移した罠は今まで通ってきた道にも存在しており、為す術無くまた一人が攫われた。あっという間に一人きりとなった冒険者は、消えた仲間を考えこの洞窟に入ったことを後悔したがもはやその後悔は手遅れで、最後の一人は出口へと戻る道の途中で戦意を失った者を対象とする罠に嵌まり、先の三人と同じように攫われてしまった。
全滅。無断で、それも後ろ暗い方法で洞窟に立ち入った立場であるために救助も望めない絶望的な全滅。そんな全滅を迎えた四人の愚かな冒険者は今日も、罠によって運ばれた先にあった出口の無い部屋で罰と言わんばかりに肉体を容赦無く弄ばれている。
逃げたくても、出口の無い部屋に逃げ場など無い。抗いたくても、生きている物以外を全て溶かし尽くす粘液によって武器と防具を無にされた四人に抗う手段は無い。
四人に出来ることは、一つだけしかない。自分達よりも先に洞窟に捕らわれた冒険者達と共に閉じ込められた部屋の中で粘ついた水音を立てながら壁や床から迫る触手達に裸体を好き勝手にいたぶられ、暗闇の中に淫猥な絶叫を響かせながら絶頂へと押し上げられ続けることだけだ。

「ひ、あっ、んぁ、あひぃぃぃっ!」
「はっ、ほ、おぉっ! あーっ、ほひぃぃぃっ!!」

尖りきった左右の乳首を先端を花のように開いた触手に吸い上げられ、射精に達した男根を萎える暇さえ与えられぬまま触手達にまんべんなく擦り回され、凌辱によって緩みきった尻穴を太い触手でぐちゅぐちゅと奥深くまでほじくり回される生活。光の無い部屋で一方的に甘く弄ばれ、絶頂を繰り返すだけの日々。そんな地獄に追いやられた冒険者達がいることも知らずに、洞窟の周辺に住む町の者達は今日もいつもの生活を送っている。
遠き昔に封印され洞窟であると間違った認識を持たれていた巨大な魔物が、淫らに悶絶する冒険者達から奪い取った力を使って復活に向かっていることなど欠片も知らずに、町の人間は今日も普段通りに過ごし、噂を聞きつけてやって来た洞窟への侵入を試みる冒険者達を疎ましく思うのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


性の劇薬~淫らに開発される身体~ 1

妖怪狐は優秀な肉便器へと躾けられる

2019.10.29.Tue.21:00
人間が設立した怪しげな団体に、あらゆる妖怪達が捕らわれている。
その事実を知った大妖怪である狐の青年は数百年振りに山を下り、団体が所有する研究所へと足を運んだ。捕らわれた妖怪達を救い出すためでは無い、愚かな人間達にきつい灸を据え二度と妖怪を軽んじることなど出来なくさせるためだ。

「ほほう、妖怪相手に戦える大層な玩具達じゃのう。じゃが、無駄なことじゃ」

壁や床、天井などに空いた穴から現れた自分に対して向けられる幾つもの銃口に全く怯まぬ狐の青年は、小さく微笑みながらほんの少しの妖力を飛ばした。
途端、銃口達は一瞬にしてどろどろに溶け落ち弾丸を放つことすら出来ない状態となった。十数秒前と違い攻撃が飛んでくる可能性が消えた空間。焦り、怯え、泡を食って逃げ去る男達が発する情けない悲鳴が響き渡る空間。そんな空間を、狐の青年は悠々と歩いて奥へと進んでいく。
どんなに妖怪を想定し特別にこしらえた武器を用いようとも、大妖怪の妖力の前では意味を成さない。それを確信しながら、狐の青年は現れた武器を無力化しつつ研究所の奥へと向かう。慢心と油断を加速させながら、狐は自らの足でより深い場所へと歩んでしまう。
そうして足を動かし、開けた空間に出た狐を待ち受けていたのはこれまでで最高の密度で銃口が設置された場所だった。

「んん? さっきの玩具とは少し違う物のようじゃが、何を持ち出しても無駄じゃよ」

そう言いながら、狐は妖力を練り放とうとした。だが、それよりも先に、狐に予想外の攻撃が届いた。
それは、視覚的な意味で死角に設置され、妖力での探知という意味でも狐から死角となる機構を搭載した銃が放った形を持たない特殊な弾丸だ。
その弾丸を撃ち込まれ、驚きながらも当初の予定通りに妖力を飛ばそうとした狐は、自分に訪れた信じられない変化に愕然とした。

「な……!? 何だ、これは……身体が、勝手に……言うことを、聞かぬ……!?」

狐の手は纏っていた着流しの帯を手早く解くと、着流しをその場に脱ぎ捨てて頭の後ろで重ねた状態となった。狐の足は脱ぎ捨てられた自身の着流しを踏み付けながら大きく開き、軽く腰を落とした体勢で固まってしまった。
それは自ら恥部を見せ付けるような惨めな格好で、狐は支配権を奪われた肉体に必死で力を込め、この状況から逃れようとする。

「くっ、うぅっ! っ、あぁっ!」

だが、指一本すら思い通りに動かせない以上狐は当然逃れられない。精々出来るのは、頭部で金色の耳を、腰の位置で丸出しの男根と金色の尻尾を揺らすことのみ。そんな屈辱を煽るだけの動きしか生めない無意味な足掻きを繰り返す狐に、絶望の音が聞こえた。
自分を狙っている銃口達が、淡い緑の光を放ちながら充填を行う音。それを耳にし、為す術無く打ち抜かれるしか無い絶望の事実を把握した狐は人間を侮った己への後悔を募らせながら、銃口から発せられた光線に無防備な裸体を貫かれるのだった。




「あぉっ! おんっ、 ほひぃっ! あー! イぎゅぅっ! イぐ、ひぐっ! はぎひぃぃぃっ!!」

狐が肉体の自由を取り上げられてから十数時間。未だに狐は同じ体勢を強いられたまま、残酷な光線に肉体を嬲られている。
強制的な絶頂を迎えさせる光線に休み無く射精を促され、狐は足下に脱ぎ捨てさせられた着流しが見えなくなるほどに大きな白く淫猥な水溜まりを作っている。
それだけの絶頂を強いられたら、幾ら妖怪と言えども平気ではいられない。普通であれば意識を失うことも出来ないほどの痛みが吐き出す精液を失った男根に訪れるだろう。
しかし、今の狐は最初に受けた銃弾で肉体を作り変えられ、それらの状況とは無縁の身体にされてしまっている。失神は出来ない、吐き出す精液が涸れることも無い、男根に痛みが訪れることも無い。平常であれば生まれる苦痛と変化を取り払われた哀れな狐は、光線が浴びせられる度に絶頂するだけの肉の塊だ。
誇り高き大妖怪の狐の面影はどこにも無い。今の青年は惨めな鳴き声を上げて精液を放出する、狐の耳と尻尾を生やしたただの淫猥な肉なのだ。

「あぉっ、はおぉぉーっ! ほぎ、んぎひぃっ! あひ、はひ、ひゃ! んいぃぃぃぃーっ!!」

誇りを忘れ、矜持を失い、理性を削ぎ落とされつつ絶頂に次ぐ絶頂を迎えさせられる狐の青年は自分を辱めている憎い人間が所有する研究所内に淫らな悲鳴を響き渡らせながら心を粉々に叩き壊され、快楽に思考を支配された死ぬことも老いることも無い優秀な肉便器へと先に捕らわれていた妖怪達と同じように躾けられ、妖怪として生きてきた数百年をたったの数日で抗えぬ快楽を使って淫らに塗り潰されていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


窮鼠猫を喰らう

堕ちた二匹は無様さを競い合う

2019.10.27.Sun.21:00
「よぉ、久方ぶりだなぁ狼の」
「虎の……! お前さんどこをほっつき歩いておったんじゃ!?」

屋敷の自室にふらりと現れ、当然のように腰を下ろした虎妖怪の男に狼妖怪の男は驚きを込めて言い、虎の返事を待たずに言葉を続ける。

「お前さんの配下がお前さんを捜し回って、いがみ合ってる儂らに頭まで下げて来ていたんじゃぞ!? 虎の、お前配下にあんな恥をかかせて心配までさせて、今の今まで何をしておったんじゃ!?」
「いや、すまん。ちょいと野暮用でな。詫びの印として、上等な酒を持ってきたから少し付き合ってくれ」
「酒盛りなぞ後で出来るじゃろう! それより早く帰って配下の奴らに……」

虎妖怪が、狼妖怪の言葉を遮って畳の上に右手で瓢箪を置く。それを目にした狼妖怪は、虎に対して抱いていた失望と怒りを一瞬にして掻き消され、最優先事項を酒盛りへと上書きされてしまった。
それも、一切の自覚も無いままに、だ。

「まぁ、少しくらいなら付き合ってやらんことも無い。せっかくの詫びの意思を無下にするのは無粋だしの」
「狼のなら、そう言ってくれると思っておったぞ。どんな野暮用だったかの話もしながら、酒を愉しもうじゃないか」

虎が妖力で取り出した二つの杯に瓢箪から酒を注ぐ光景を眺めながら、狼は自分達の気を揉ませておきながら変わりない様子で酒盛りを行おうとする虎に呆れと安堵を募らせている。
目の前の虎が二度と戻れはしないくらいに変貌している事実と、自らにもその変貌がもたらされようとしている事実に全く気付かぬまま、狼は杯を虎から受け取り並々と注がれた酒を飲み干していった。



「それで、お前さんは……んむっ、この逞しい魔羅に身も心も屈服して、は、ぷっ……妖怪でありながら人間の肉奴隷に躾けられたというわけじゃな」
「そういうことだ。このしゃぶり甲斐のある……んちゅ、ふぷっ、妖怪顔負けの魔羅の虜になって……ご主人様に調教してもらっていたんだよ……んむっ、ふぁぁ」

纏っていた着流しを全て脱ぎ捨て、人に飼われている犬が行うようなお座りの体勢を自らの意思で取った虎と狼は、自分達の目の前に立っている裸体の青年の男根に夢中で舌を這わせている。
その姿に、大妖怪の面影は残されていない。妖術を扱う青年が仕掛けた術に嵌まって服従を刻み込まれる前の雄々しさは虎にはもはや無く、虎の手引きで同じ術を掛けられる前にあった理性は狼から消し去られた。それだけでも、二人は青年には逆らえない存在となっている。その上、二人は青年が調合した妖怪専用の強力な媚薬を酒に混ぜて飲まされてしまった。淫欲に逆らえず否定も許されない状態で淫欲を加速させられた二人は、ただの獣だ。
自身の分厚く長い舌を使って眼前でいきり立つ男根を舐め回し、にじみ出た透明な先走りを我先にと舌先で奪い合い、目を蕩つかせながら甘露のように飲み干す二匹の淫獣。そんな淫獣を作り出し、大妖怪達を自分の奴隷へと変えた青年は従順な二匹の頭を優しく撫でながら問いかけた。

「そろそろ、入れて欲しいかい?」
「はいぃっ、入れて欲しい、でふぅっ……んっ、むぁ……いつもみたいにお尻ずぼずぼして、おかしくなるまで気持ち良くして欲しいですぅっ」
「儂も、魔羅を、入れて欲しい……どうか、儂の処女を……はふっ、はぁっ……このご主人ひゃまの極太魔羅に、もらって欲しい、のじゃぁっ……!」

捨てる誇りも失った状態で紡がれる一生懸命な男根のおねだり。それを目と耳で味わった青年は、二人に命令を下した。
これ以上無く残酷で、青年に陥落しきった二人にとってはこれ以上無いご褒美である命令だ。

「なら、僕にお尻の穴を見せて、手で広げながら服従宣言をするんだ。より無様な宣言を出来た方に先に入れてあげるから、頑張るんだよ?」

青年の命令を把握するやいなや、二人は舌を男根から離し何の躊躇いも無く青年に向かって尻を突き出し、言われた通りに手で尻肉を開き、尻穴がより見えやすくなるよう尻尾を持ち上げ足を開きながら服従宣言をした。男根欲しさに無様さを競い合う服従宣言だ。

「俺、はぁ……ご主人様の魔羅を気持ち良くするためだけに生まれた淫乱虎妖怪ですぅっ。自分の山や、自分を慕う配下を捨てて……ご主人様にご奉仕することを選ぶどうしようも無い肉奴隷ですっ……!」
「儂は、今日会ったばかりの人間をご主人様と認めて何もかもを捧げる淫乱狼妖怪じゃ。誇りも、尊厳も忘れて処女の尻穴をはしたなく震わせて魔羅を欲しがる、生まれついてのご主人様専用精液袋なのじゃ……っ!」

先を越されたくない。そう考えながら言葉を発し、自己主張のために腰をくねらせ青年に見せ付けた尻穴に力を込めてヒクヒクと収縮させる虎と狼に征服感と愛情を募らせ顔を黒く笑ませる青年は、欲しがりな二つの穴を男根の先端で交互につつき焦らされる二人の切なげな反応を堪能しながら、どちらの穴を先に男根でほじくり回してやろうかと迷いながら自分の手に堕とした二匹の発情を高めていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ウブそうな少年を催眠調教しようとおもったら済だったので即ハメしたった
 | HOME | Next »