FC2ブログ

呪術は哀れな妖怪達を淫らに捕らえて嬲る

2017.10.27.Fri.21:00
険しい山を越えた先にある、小さな洞穴。そこは、遠い昔に名を馳せた呪術の使い手の男が密かに隠し持っていた空間だ。
空を飛ぶ技を使わなければ到底たどり着けず、近付けたとしても高度な呪術で隠された洞穴は相当の実力者で無ければ見つけられない。
故に、男の死後から数十年の間、洞穴には誰も訪れない状態が続いた。人間だけで無く、小動物や虫の一匹すらも洞穴には近付かなかった。
男の呪術によって生きたまま捕らえられ、男の歪んだ欲望を満たすためだけに淫らに嬲られていた妖怪の男達は、塞がれた口での唸りと心からの叫びで数十年間ずっと救いを求めていたというのに、だ。

「んー! むふっ、ぐぅ…むぐうぅぅぅぅ!!」
「んもっ…おぉ、おぅっ、むふぅんっ!!」

赤い肌を持つ鬼の男が口に貼り付けられた札の下から甘くくぐもった悲鳴を上げながら筋肉が持ち上がったたくましい肉体をもがかせ、尖った口を何枚もの札で包み込まれて口を開けなくされた狼妖怪の獣人が銀色の体毛に覆われた裸体を必死によじらせる。
だが、拘束はやはり解けない。術者がこの世を去ってから数十年の時が経っても衰えない術が込められた札は生け捕りにされた妖怪達の口をしっかりと閉ざした上で妖怪としての術を封印し、左右の手足を折りたたんだまま決して伸ばせないよう、洞穴の地面に生やされた黒の触手に尻穴を串刺しにされた状態から自力ではどうやっても抜け出せないよう、身動きを封じてしまっている。
巨躯を持つ大鬼も、高い知能と誇りを持つ狼妖怪も、鋭い牙と爪を振るう肉体を持つ虎妖怪も、時に協力し時に競い合いながら人を化かしていた狸と狐の妖怪も、生け捕りにされてしまった妖怪達は全員が特技と行動を制限された無様な状態だ。
言葉と手足の自由を奪われ、得意の術も没収された哀れな妖怪の男達。そんな哀れな妖怪達に、洞穴に仕掛けられた呪術による恥辱を拒む術は無い。妖怪達は、移動制限を兼ねている尻穴の触手に柔らかな腸壁を好き勝手にほじくり回され、無防備な乳首と男根を休み無く刺激されて望まぬ絶頂へと追い立てられる事しか出来ない。

「むぐっ…! うぅ! ふぐぅぅぅっ!!」
「もー、おっ! ふぅ、うぐ! うぎゅぅぅぅぅ!」

屈強な肉体をビクビクと痙攣させ大粒の涙をぽろぽろと零しながら、妖怪達は触手から逃れようと身悶え続ける。が、当然逃れられはしない。尻穴を貫く触手は奥深くまでを満ち満ちに埋め尽くしたまま妖怪の身悶えを無視して蠢き、ぱっくりと開いた先端で乳首と男根をくわえ込んだ触手はずちゅずちゅという粘ついた水音を立てながら逃れようとする妖怪を引き戻すかのごとく乳首と男根を容赦無く吸い上げて絶頂を強要し、堪えきれずに溢れ出た妖怪の精液をしつこいくらいに搾り取る。
そうして搾り取られた精液は触手の内部で淫らに作り替えられ、発情を促す媚薬の効果と妖怪としての生を引き延ばす効果を有する液体となり、尻穴の触手を通じて妖怪達の体内へと流し込まれ、死ぬ事も許されない無慈悲な監禁凌辱を作り出すのだ。

「んもぉぉ…おふっ、ぐぅ、むぐうぅぅぅ…!!」
「あ、うぅ…ふぅ、むぅ、んむぅぅぅぅっ……」

自分達を捕らえて辱めている男がとっくの昔に命を落とした事も知らぬまま死ぬ程の絶頂を絶対に死ねない状況で味わい続ける妖怪達の淫らな悲鳴は、誰も来ない洞穴の内部に虚しく響き続けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


オスケモアイランドの秘密
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

鬼は快楽で男を屈服させる

2017.03.30.Thu.21:00
人里から離れた山奥はすっかり夜の闇に覆われ、月明かりがあってもまともに歩けない程に暗い。屋外でそうなのだから、当然岩肌に空いた洞穴の奥はより暗いはずなのだが、洞穴の奥の広い空間は入口付近の闇からは想像も付かないくらいに明るく照らし出されている。
その光源はたいまつではなく、宙に浮かぶ幾つもの炎。洞穴に住む青肌の鬼の男が自らの妖力で作り出した特別な炎だ。
単純に明かりを得るだけなら、洞穴に設置した囲炉裏だけで事足りる。だが、今の鬼はそれだけの明かりでは到底満足出来ない状態にあった。何故なら、囲炉裏の明かりだけでは捕らえた獲物の悶える姿を、鬼である自分を討伐しようとした愚かな人間の男が快楽に喘ぐ様子を、しっかりと観察出来ないからだ。

洞穴の奥にいる鬼を見付けて切りかかろうとした男は、刀が届く距離に入る前に妖力によって刀を没収され、逃げる事も叶わないまま肉体の自由を完全に取り上げられてしまった。手と足を動かしたくても目に見えない鬼の力で制限された男はどちらも動かせず、無抵抗に衣服を剥ぎ取られ縄の拘束を着せられながら男は唯一自由な口で強気に怒りを叫んでいた。
そんな数時間前の光景が嘘のように、今の男は猿轡の下で表情を苦しげに歪め、縄で縛られた裸体を分厚い木の板に敷いた布団に寝転んだ鬼の裸体の上で震わせながら許しを求めて弱々しく唸っている。

「んぅぅぅーっ…むぐ、うぅ、んふぅぅぅ…!」

口内に詰め込まれている元々は自身の褌の一部であった布を唾液で濡らし、その布を吐き出せないようにと施されたやはり褌の一部である別の布を噛み締め、鼻と口を覆っている鬼の褌に染み込んだ雄の匂いを嗅ぎながら男は目の前に見える鬼の笑顔に向かって懇願し、裸体に這わされた縄拘束から逃れようとして手足に力を込める。
もちろん、与えられた縄はちょっとやそっと暴れたくらいで解けるような物ではない。二の腕を胸部に括り、手首を背中で縛り、足首と太ももを短く繋いでいる縄は男がどんなに力を入れても全く緩まず、男はただただ肌に食い込む痛みを感じるだけだ。
相手が圧倒的な実力差のある鬼でなくとも逃げられない厳重な拘束。それに絡め取られた男はもはや、鬼の良い様に弄ばれるしか無い。
足を大きく開きうつ伏せの状態で鬼の裸体を跨がされ、褌に覆われた苦悶の表情を間近で見られながら無防備な尻穴を鬼の指で弄られ望まぬ絶頂を強いられても、捕らわれた男は意味の無い唸りを発しつつ鬼が望む痴態をさらけ出すしか無いのだ。

「むーっ…! んふっ、ふっ、ふぐぅぅぅ…っ」

尻穴を責められて悦ぶなんて、ほんの数時間前まで想像もしていなかった。
けれど、今の男は鬼の太い指で丹念に解された尻穴を優しくほじくり回されて堪らない悦びを感じ、抑えようも無く裸体を小刻みに跳ねさせている。左右の中指を根元まで挿入され腸壁全体をねっとりと擦り上げられたかと思ったら今度は左右の指を交互に出し入れされ、その出し入れに慣れた頃不意打ちで過敏な弱点の前立腺を強く抉られる。それらの刺激が全て、疑いようも無い快楽に直結していて、男は鬼と自分の腹に挟まれた男根を硬く勃起させ直接触られた訳でもないのに白く濁った精液を何回も何十回も吐き出していた。

「んぐぅぅぅっ、むぅ、んぶぅぅっ」

責められ始めた頃に持っていた気持ち良くなるものかという心は、とっくの昔に鬼を討つ決意と共に気持ち良いの感情に塗り潰された。
わずかに理性は残っているものの男の身体はすでに鬼の責めに屈服しており、仮に縄を解かれ鬼が手出ししなかったとしても逃げ出せはしないだろう。

堕ちた。捕らえた人間の男が快楽に負けた事を確信した鬼は愉しそうに口元を歪め、不意に指を尻穴から抜くと男を抱えて体勢を変えた。
それは男が上、鬼が下ではなく。男が下、鬼が上の体勢。宙に浮かぶ炎によって蕩け切った男の顔と淫液に塗れた腹部と脈打っている男根が今まで以上に照らし出され、淫猥に緩んだ男の尻穴に青肌の鬼のたくましい肉棒があてがわれている状況がはっきりと見える体勢だ。

「そろそろ、指じゃ物足りないだろう? 俺のモノで、お前のこの穴を征服してやろうな」
「っ、う! むぐぅーっ、んふっ、ふぅ!」

嫌だと示すように男は顔を横に振るが、本心は鬼の男根を見て期待を抱いていた。
指だけであんなにも気持ち良かったのに、より太い男根を入れられたらどれだけの快楽を得られるのだろう。鬼の上で責められている最中内股や尻の谷間に擦れていた人間とは比べ物にならない大きさを持った男根で貫かれる悦びは、一体どれ程なのだろう。

「ふふっ…お前の淫らな穴は食いしん坊だな。俺のモノをすんなりと受け入れているぞ?」
「んもっ、おぅ…うぐっ、ふむぅぅ…!」

理性が男に働きかけて嫌がる振りをさせるが男はずぶずぶと侵入してくる鬼の男根に充足感と幸福を覚えて腸壁をきゅうきゅうと搾り、隠し切れぬ悦びに染まった淫らな鳴き声を炎が浮かぶ鬼の洞穴に反響させる。
その反響する鳴き声を聞きながら鬼は当初の一しきり遊んだら男を解放する選択肢を捨て、可愛くよがり狂う淫乱な人間の男を洞穴で淫らに飼い慣らす事を心に決めていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


NIPPLE BOY FRAGMENTS

繭の中で淫乱青年は熟成する

2016.10.21.Fri.21:00
下駄の小気味良い音を鳴らし、着流しを夜風に揺らめかせながら、一人の青年が歩いている。顔立ちは人間の青年と変わりは無いが、その青年は人間ではない。短髪に覆われた頭部から二本の角を生やし、肌は人間のそれとは違って薄い赤みを帯び、見た目の若さからは想像も付かない程の年齢を重ねた青年は赤鬼で、険しい山道を不安定な下駄で汗も流さずに軽々と登っている。
普通の人間はおろか、鍛えた人間であっても困難な道をわざわざ進む赤鬼の青年は、一歩一歩と前に出る度に笑みを濃くしていく。その笑みの理由は、目的地で待ち受ける光景への期待だ。一年前にこの道を進み、人間ではまずたどり着けない場所にある洞穴に隠したモノが一年の熟成を挟んでどんな変化を遂げているかが愉しみで仕方無く、赤鬼の青年は思わず笑みを零しているのだ。

「ただいま」

洞穴の入口に立った赤鬼は笑い交じりで小さく呟き、明かり用の炎を幾つか生み出して洞穴内を照らすと、下駄の足音を消す術を使って内部へと足を踏み入れた。
術の力によって無音で歩く赤鬼。洞穴の中は静かで、誰かが最深部に向かって歩いているとは言われても気付かないだろう。赤鬼の目的地である最深部にいた者も、赤鬼が近付いて来ていた事に全く気付かなかった。その者は赤鬼が妖術で作り出した白い繭の中でか細く唸り、繭の内部で蠢く触手に全身を休み無く愛撫され、赤鬼がにやにやと笑って自分を見下ろしている状況を知らぬまま小さな絶頂を秒単位で迎えて地面の上でのた打ち回っていた。

一年もの間、この静かな場所で快楽を与えられ、毎日毎日万単位の絶頂へと追いやられて身悶えていた者が可愛く鳴いて転がる姿に赤鬼は自身の男根を最大限まで膨張させ、ごくりと唾を飲む。そして、ここに訪れる前に放とうとしていた意地の悪い焦らしの言葉を完全に忘れ、早く熟成された中身を見たい欲望に駆られて繭に手をかけ、小声で呪文を唱えた後指先一つで繭を引き裂いた。そうして中から現れたのは、同じ鬼族の青年。肌の色が赤ではなく青で、その青色の裸体を汗と淫液塗れにした青鬼の青年だ。

「久しぶりだな。一年間良い子にしてたか?」
「あ…! はぁ…ごひゅじんさまぁっ……!」

一年という長い間触手に絶頂を強要されぐったりと脱力している身体を起こし、嬉しそうに表情を綻ばせながら一年ぶりに主に抱き付こうとする青鬼を赤鬼は優しく抱き寄せ、頭をそっと撫でながら熱烈な口付けを与えた。

「ごしゅじんひゃまの…くひびりゅ……一年ぶりの、しひゃ…っ!」

貪るように唇を重ね舌を絡めてくる青鬼。その淫猥さに満足した赤鬼は、差し込まれる青鬼の舌を器用に弄びながら問いかける。

「どうだ? 一年間ほったらかしで、俺の術にイかされ続けた気分は?」
「んっ…ひゅごかった、れふっ……ご主人ひゃまに起きている間もねひぇいるあいらも躾されて、幸せしゅぎへ、あっという間に一年がたってまひたぁ」
「そうか…じゃあ、そんなに幸せならこれからはこの術だけで十分だな」
「や…! それは、いやですぅっ……!」

意地悪な言葉に怯え、青鬼は唇を離して顔を左右に振る。その反応を見た赤鬼は喉奥で笑い、再度問いかける。
愛しい青鬼の淫ら極まりないおねだりを引き出す為に。

「ん? 何で嫌なんだ?」
「繭もっ…きもちよくへ幸せでしたけど…一番ひあわひぇなのは、ごひゅじんしゃまのおひんひんですぅっ。このおひんひんをお尻に入れられて、ゴリゴリ抉られて、しぇーえきをたっぷり注いでいただくのが、一番なんれふぅぅっ…!」

自らの腹部を赤鬼の男根に擦り付けながら、青鬼は舌足らずな口調で主の男根が一番だと告げる。
自ら一年間の放置調教を望み、それが終わってすぐに男根を欲しがる生粋の淫乱青鬼の青年に赤鬼の青年は改めて愛しさを募らせ、主の余裕を若干失いながら青鬼の裸体を持ち上げ、触手に一年かけて丹念に育てられ以前よりも淫らになった尻穴に男根を押し当てた。

「なら、その一番好きなモノを、今から入れてやるよ。正直な淫乱へのご褒美だ」
「あぁんっ…ありがとう、ございましゅぅぅっ……んはぁ、一年ぶりの、ごひゅじんしゃまのおひんひんっ! ずっと、ずっとほしかっひゃのぉぉぉーっ…!」

青鬼自身の体重で尻穴にずぶずぶと侵入してくる大好きな男根の硬さと太さに青鬼は幸せ一色の嬌声を上げ、赤鬼は愛しい青鬼の歓迎の締め付けを男根で感じながら幸福に満ちた吐息を漏らす。
赤鬼の主と淫猥な青鬼の肉奴隷が行う一年ぶりの夜伽は、地元の人間ですら知らない山中の洞穴で甘く営まれていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ペンデュラム ―獣人オメガバース―

高貴なエルフ達は置物へと作り変えられる

2016.09.19.Mon.21:00
高貴な神族の血を引くエルフの一族は、森の奥深くで静かに暮らしていた。
神の血を引いているが故に権力を主張したい者の飾りとして使われる悲劇をさける為、何より森の中で満足しているのだからわざわざ危険が多くある森の外に出る必要も無い為、彼らはひっそりと、森の動物達と共に生活していた。たった一人、若き青年エルフを除いては。
数百年を生きた他の同族とは違い、唯一二桁の年齢である青年エルフにとっては森の中は退屈極まりない場所だ。もっと色んな物や事を知って経験したい。青年エルフの欲望は日に日にふくれ上がっていき、ある日彼は他の者達が眠りに就いている隙に森を抜け出し、広い世界へと飛び出してしまった。
世間知らずな青年エルフが思い描いていた外の世界は彼が思う程優しい物ではなく、自分の存在は知っている者からすればどんな非道な手段を使ってでも手に入れたいと思わせる特別な物だという事も知らぬまま、無防備に森を出てしまった。

そんな彼を待っていた運命は、あくどい者達に捕らえられる運命だ。森を飛び出し、街に着いたその日の夜に青年エルフは複数の男達によって抵抗虚しく連れ去らわれ、陽の光の届かない、狭いと感じていた森よりもはるかに狭苦しい石造りの地下室に閉じ込められた。
それだけでも、青年エルフに森を勝手に出た事を後悔させるには十分な展開だ。しかし、残酷な男達は捕らえた青年エルフに無慈悲な魔法を施し、青年に屈辱と恥辱と、絶望を与えた。
衣服を脱いだ裸体を、両手を頭の後ろに回して足を大きく広げる体勢で固定させる魔法。口を限界まで開かせて舌をだらしなく垂らした状態を強制しつつ、声を出す事を禁じる魔法。身動きと声を封じられた青年エルフの性の弱点付近に刻まれた、もどかしい快楽を休み無く注ぐ淫紋の魔法。そして、青年の意志に関係無く思考を勝手に読み取り、どんな羞恥を感じているか、他の仲間はどこにいるのかを把握する読心の魔法。
自分だけなら、まだ耐えられた。乳首と、男根と、尻穴を絶頂も許されずに刺激され身悶えられないまま自分一人だけがもどかしさを味わされるなら、まだ青年エルフの心は耐えられた。
だが、青年エルフの思考から読み取った情報を元に森を襲った悪人の男達によって一緒に暮らしていたエルフ達が地下室に運ばれ、運ばれてきた彼らが同じ魔法で自由を奪われた上で緩い快楽の責め苦を与えられると、青年エルフの心は罪悪感とこれ以上無い後悔に叩きのめされ、耐え切る事が出来ずに壊れてしまった。

捕らわれの身となった特別な血筋を持つエルフ達は、今日も身動きを封じられた姿で魔法が生む弱い快楽に嬲られ、淫らな体液を零している。
そのエルフ達の中でも、心を壊されて堕ちた青年エルフは一際多く淫液を地下室の床へと垂れ流し、他のエルフ達と違って瞳を快楽でとろつかせ、悪人の男達が求める商品へと、購入者の室内を淫らに彩る高貴な血筋を持つエルフの置物へと、誰よりも早く変化し始めていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ゆるゆるビッチ穴男子

妖達は箱姿で泣き喘がされる

2016.09.14.Wed.21:00
村の者からの依頼を受けて足を運び、村からの略奪や村への暴力を振るっている妖を封印して回る陰陽師の男がいた。
彼は、仕事の速さと腕前で村の者達からの信頼を抱かれ、他の村からの依頼も発生する程の存在となっている。そんな陰陽師を、疑う村人はいない。陰陽師に対して家に礼の品を届けたいと申し出た時に、陰陽師が自分に恨みを持つ妖が近くに潜んでいるかも知れないと言い出しても疑問を持たず、鵜呑みにしてしまうくらいに村人達は陰陽師に信頼を寄せていた。
妖による自分の村の危機を救ったのだから、当然だろう。自分の村と交友がある村の危機をも救ったのだから、信頼を寄せない方がおかしいだろう。
故に、村人達は陰陽師の言葉を信じて守り、陰陽師が住む山中の屋敷には決して近付かなかった。その為、村人達は全く気付かなかった。陰陽師が他人を寄せ付けない自身の屋敷で何をしているか、屋敷の地下に存在する声を漏らさないように作られた石造りの部屋の中で何が行われているか、誰一人として気付かなかった。
その隠された地下の空間では朝も昼も夜も関係無く陰陽師に倒され自由を奪われた雄の妖達が発する苦しげな唸り声がうるさいくらいに反響し、身動きの取れない雄の妖達が堪え切れずに吐き出した淫らな体液の香りがむせ返る程の濃さで漂っているというのに、だ。

「んんっ、む、うぐうぅぅ! ふっ、うぅっ、うむうぅぅっ!」
「うーっ、うぐううっ!! うー! んむうぅぅぅーっ!!」

屈強な肉体を持つ赤鬼の男がじたばたともがき、金色をした狐の耳と体毛を生やした妖狐の青年が無我夢中で暴れる。
しかし、どんなに足掻いて状況の好転を図っても妖達の試みはまるで意味を持たない。言葉を封じている札は陰陽師の霊力が込められているせいでぴったりと貼り付いて離れず、妖達の肉体を拘束する道具は、陰陽師の男が雄の妖を苦悶させる為だけに作り出した小さな黒い箱は妖達の首から下を、男根のみを箱の側面からはみ出させた状態で質量を無視してしまい込み、文字通り手も足も出せない妖達の肉体にまんべんなく快楽を注いで望まぬ絶頂を強要してしまっている。
人間に捕らえられ、言葉と身動きを封じられ、激しい快楽で無理矢理に絶頂させられている状況は妖達にとっては恥辱以外の何物でもない。だが、その恥辱から逃れようにも身体は思い通りに動かせず、舌を噛んで自ら命を絶とうにも口を封じられては出来ず、何より妖の力の源である精力が淫らな空気と共に充満した地下空間では呼吸の度に体力が回復してしまい、吐き出す精液の底を尽かせる事はおろか気絶する事さえも許されてはいない。

人間よりも頑丈な肉体と精神を持っているが故に与えられた生き地獄。陰陽師の男が眠りに就いていても仕事と称して新たな犠牲者を捕らえに行っていても続けられる残酷な仕打ちに、妖狐も、妖虎も、鬼も、妖怪狸も、全員誇りを保ち切れずに泣き喘ぎ、苛烈な責めに屈して白の体液を容赦も休みも無く搾り取られるしか無い。

「んんーんっ! んぐ、んぐうぅぅぅ!」
「お、もおぉぉっ……ほ、おぉ、おごぉぉっ…!」

助けを期待出来ない絶望に打ちひしがれながら今日何十回目か分からない絶頂を迎える箱詰めの妖達がよがり狂っている地下の様子を想像しながら陰陽師の男は小さく微笑み、腰に吊るした瓢箪の中に閉じ込めた犬妖怪の青年が強気に吠える声を聞きながら夜の山道を進み、新しく自分の物となる犬妖怪の青年を詰めた箱を地下に置く瞬間を今から心待ちにしていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


閉領域補陀落ビル おしりの穴ほじり屋さん
 | HOME | Next »