FC2ブログ

男は三種類の痴態を優雅に眺める

2018.08.08.Wed.21:00
犬の足を模したグローブとブーツ、そして頭部をすっぽりと覆う犬のマスクは、それだけを見れば可愛らしい装飾品としか思えないだろう。だが、実際は違う。それらの装飾品は見ただけでは分からない、可愛らしさとは遠くかけ離れた機構を持っているのだ。
犬の足を模したグローブとブーツは、手足を包む部分の綿が厚くなっており、装着させられた物は指を使いたくても使えない状況へと追いやられてしまう。更に、このグローブとブーツには本体に合わせた毛が付いたベルトが付いており、そのベルトを絞められた装着者は指が使えないためにベルトを緩められず、自力ではグローブとブーツを脱げなくさせられてしまう。
指の自由を奪い、自力で脱ぐことを禁じる機構を持ったグローブとブーツ。これらは、誰が見ても凶悪な拘束具だ。
しかし、真に凶悪なのは頭部を覆うマスクの方だ。あどけない表情をした犬のマスクの内部には、外側からは想像も付かない無慈悲な機構が隠されている。それは、装着させられた者の喉奥までをみちみちに埋め尽くして言葉と口呼吸を同時に封じる太く長い棒と、鼻の部分にあてがわれたフィルターだ。
マスクの内側に生えた棒で無理矢理に限界まで開かされた口を奥まで貫かれた装着者は唸り声しか発せず、口で呼吸を行うことも叶わない。故に、装着者は鼻で呼吸するしかなく、嫌でもマスクの鼻部分にあてがわれたフィルターを通した……淫薬混じりの空気を吸入させられてしまう。
淫薬の吸入を拒みたくても、手足のグローブ達と同じようにマスクにも自力で外すことを禁じるベルトが付いているためにマスクはむしり取れず。呼吸をとめて淫薬を吸わないようにしても、永遠に息をとめることなど出来ない以上、それは望まぬ発情の加速を息苦しさに置き換えているだけに過ぎない。

甘い苦悶からの脱出を求めて拘束具を外そうと試みても、それはただただ体力を消耗させるだけに終わる。淫薬を体内に取り入れないようにしても、それは甘い苦悶の進行をわずかに遅らせる効果しか持たない。
自由を奪われ、一呼吸の度に肉体を発情させられる状態に置かれた男達は、それぞれ違う色のグローブとブーツとマスクを装着された裸体を檻の中で悶えさせながら、自分を捕らえて飼い慣らす男の前で思い思いの痴態を晒している。

指を使えなくされた上に厚い綿に遮られた手で刺激をしても絶頂に至る刺激は得られないと理解した後も茶色のグローブを嵌められた手をとめられず、無我夢中で勃起させられた自らの男根に緩い快楽を注ぎ続けている男。
淫薬が体内に潜り込んでくるのを拒んで息をとめ、息苦しさと発情に追い詰められた肉体を檻の床に敷かれた薄桃色のマットの上でのたうち回らせている白犬の男。
理性と羞恥の心を淫薬で跡形もなく破壊され、ヒクつく尻穴を檻の鉄格子に擦り付けながら右手のグローブの銀毛を揺らして自身の男根を激しく擦る男。

檻に入れられた三匹の犬が見せる三種類の痴態を優雅に眺める男は、目の前の光景に笑みを零し、調教初日の痴態を目と耳で味わっていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


VANILLA 1
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

刑事犬達は自身の男根を容赦無く苛め抜く

2018.08.02.Thu.21:00
床から伸びた二本の短い柱の先に固定された、薄桃色のオナホール。それは、二人の刑事を捕らえて山奥の別荘へと連れ去った男が好きに使えと言って刑事達のために用意した道具だ。
もちろん、二人の刑事はそれを使う気などさらさら無かった。むしろ、その固定されたオナホールを睨み付けながら自分達を捕らえた男への怒りを募らせ、その怒りを原動力にして二人の刑事は両手両足を折り畳んだ状態で拘束し肘と膝で身体を支える無様な四つん這いを強制している拘束具を外そうと暴れていた。
しかし、そんな刑事達の反抗心は、監禁調教の日々が長くなるにつれて徐々に砕かれ、跡形も無く蕩けていった。

鋭く男を睨み付けていた刑事達の目は抱いていた怒りの感情を完全に忘れて淫猥に蕩け、憎かったはずの男に甘えるような視線を向けるようになっている。黒い棒状の口枷を装着しようとする指に隙あらば歯を立てようとしていた刑事達の口は自ら口を大きく開いて枷の装着を手助けし、よだれをだらしなく垂れ流しながら従順なペットの鳴き声で男を悦ばせるまでになっている。
心と身体を男の手で躾け直され、服従を刻み込まれた刑事達はもう、主である男に逆らうという選択肢すら思い付かない。
頭部にそれぞれ黒と茶色の犬の耳飾りを取り付けられても、刑事達は犬として扱われる事実に幸福を感じ。尻穴に耳と同じ色の尻尾が付いたアナルパールを挿入されても、嬉しそうな声で鳴きながら腸内を埋め尽くす球をきゅうきゅうと絞め付け。自分がいない間に、根元を戒めた男根を苛め抜いておくようにと男に指示を出されても、堕ちた刑事達は何の疑問も抱かずに指示を受け入れ、折り畳まされた手足を一生懸命に動かして腰を前後に振り乱し、根元をベルトで絞め付けられて射精を禁じられた自らの男根を柱の先に固定されたオナホールで休み無く刺激し、主が望む通りに射精を伴わない絶頂を断続的に迎えて自身の男根を容赦無く苛め抜いていた。

「うんっ、んぅんっ! んふっ、ふっ、ふぅっ!」
「んもっ、んもぉんっ……ふぅ、んぶぅんっ! あぉぉぉぉんっ!!」

頭部の犬耳と、尻穴から垂れ下がった犬の尻尾を揺らし、涙と唾液でぐちょぐちょに汚れているペット仲間の蕩け顔を正面に眺めながら、二匹の刑事犬は男根をオナホールの中で必死に刺激する。
射精したくても出来ない状況に追いやられた男根はパンパンに膨れ上がり、根元のベルトの食い込みを痛いくらいに感じている。加えて、感度が高まりきった男根は常にビクビクと震えており、小さな絶頂を男根が一往復する間に何回も迎えていた。

精液を吐き出せないまま、限界を大きく超えた快楽で絶頂し続けている。それは、拷問と呼んでも良いほどの甘い地獄だ。
だが、かつて刑事であった二匹の犬は、甘い地獄に苦悶しながらも腰をとめない。勝手に腰をとめたら部屋に帰ってきた主にお仕置きをされてしまうからだ。
至福の瞬間である、主の男根の挿入をおあずけされるという、これ以上無く残酷なお仕置きを。

「んむぅぅ、むぅ、はぉ、ぐむぅぅぅぅぅんっ!」
「うふっ、ふぐぅ……んっんっ、んぉぉぉぉぉーっ!」

主の男根に奥深くまでを貫かれる悦びを考えながら、仲良く射精無しの絶頂を迎える二匹の甘い悲鳴は救いの来ない別荘の一室にうるさいくらいに反響し、心と身体を完全に飼い慣らされた二匹の興奮と淫欲を加速させていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


かわいい少年は好きですか?

青年は淫らに再構築される

2018.07.28.Sat.21:00
左右の手首と足首に巻き付けられた赤い革の枷と、首に巻き付けられた赤の首輪をベッドの頭側に位置する金属製の柵に短い鎖で繋がれた青年の裸体は、無様に恥部を丸出しにする恥辱の体勢から抜け出せないようにされてしまっている。
青年が手足をじたばたともがかせても、枷と柵を繋ぐ鎖は甲高い金属音を立てるのみで外れる気配すら見せない。口に噛まされた穴の空いた赤色のギャグボールから言葉にならない唸りを発しながら頭部を左右に振ってみても、枕の下を通って首輪と柵を結ぶ鎖は金属音すら立てずに青年の首を柵に繋ぎ続けている。
手足と首を鎖で拘束され、意味のある言葉を口にすることも出来ぬまま男根と尻穴を無防備にさらけ出している。その状況だけでも、辱めとしてはこれ以上無い効果を持っている。
だが、青年を捕らえ、拘束を施した男達は青年に更なる辱めを加えた。当然だろう。男達の目的は青年を辱めることではなく、辱められているという感情すら抱かないほどの淫乱に作り変え、肉奴隷として好事家に売り飛ばすことなのだから。

「うふぅぅぅーっ! うっ、うぐぅぅぅ! んもっ、もぉぉ! おもぉぉぉぉーっ!!」

一切の抵抗を取り上げられた青年は、自分を捕らえてベッドの上で拘束した男達が手に持つ淫らな責め具から逃れられず、容赦無く注がれる一方的な快楽で望まぬ絶頂を何度も何度も味わわされている。
胸元に押し当てられた薄桃色のローターで尖りきった左右の乳首を上下に弾かれかと思えば今度はぐりぐりと押し潰され、マッサージ器のような形状をした淫具を幹と亀頭と睾丸の三カ所にあてがわれた男根は萎える暇さえ与えられずに自身の腹部に向かっての射精を断続的に迎えさせられ、小さな球を何個も繋げたような見た目をした薄緑色の細長い棒を押し込まれた尻穴は激しく出し入れされる棒に腸壁をぐちゅぐちゅと引っ掻かれて体内をほじくり回される雌の悦びを教え込まされている。

「ふぐぅぅぅ! あぅ、あぉ! ほっ、おぉぉ! おもぉぉぉっ!!」

イってもイっても終わらない絶頂地獄。もうイきたくないと心の底から思っているのに、青年の意思を無視して勝手に絶頂を迎えてしまう肉体。異物を受け入れることなど想像すらしていなかったのに、腸内を抉られる悦びに震えてしまっている尻穴。
誰よりも知っているはずの自分の身体が自分の言うことを全く聞かず、男達の思い通りに悶え狂わされている事実に青年は怯え、半狂乱で唸り声を上げて男達に快楽をもう注がないでくれと訴えかける。もちろん、男達は青年のその訴えを聞き入れなどしない。むしろ、青年のその反応を見て順調に青年が甘い崩壊の道を進んでいることを確信した男達は残忍な笑みを浮かべながらお互いに目で合図し、ほぼ同時に、全員が、自身が担当する淫具の責めをより無慈悲な物へと変えた。
乳首のローターと男根の淫具の振動がより激しくなり、尻穴を掻き回す棒が更に早く出し入れされる。それらの変化は快楽の量に直接結び付き、増えた快楽に嬲られ始めた青年は哀願を行う思考を挟む余裕さえも失って、自由を奪われた裸体を生き物とは思えないくらいに痙攣させながら数秒ごとに絶頂を迎えることしか出来ない状態にされてしまった。

「あぶあぉぉぉっ!! ほぼぉぉ! ふぶ、ぐぶっ、ぐぼぉぉ! むぼぉぉぉぉ!!」

痛々しい絶叫を上げてイき狂う青年。そんな青年に残っているわずかな理性を全てすり潰すために、男達は悶え鳴く青年の淫らな弱点を淫具で嬲り、気絶すらも許さない絶頂地獄で青年を壊し、自分達にとって都合の良い存在となるよう淫らに再構築していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ショタザカリ -A boy and boy-

男は少年探偵に自分好みの調教を加える

2018.07.26.Thu.21:00
「んむぅっ……ん、まっ……ふぅ、うふぅぅ、んぐぅっ……!」

口に噛まされた黒の棒枷の隙間から飲み込めない唾液と意味を持たない唸り声を零しながら、一人の少年が全裸に剥かれた身体に施された縄の拘束を解こうとして必死に身悶えている。
背中に回された手首を縛る縄と左右の二の腕を短く繋ぐ縄、そして足首と太ももを括って足を伸ばせなくさせている縄をぎちぎちと鳴らして、少年は拘束からの脱出を試みる。しかし、厳重な縄拘束はどんなに力を込めてもビクともしない。暴れても暴れても、それは縄が肌に食い込む痛みを生むだけで拘束を振り解くことには結び付かない。
それでも、少年は諦めずにもがき続けた。陽の光も、地上の音も届かない地下室の床でのたうち回りながら、隠すこともままならない幼い男根を情けなく揺らめかせながら、少年はわずかな希望を捨てずに縄を軋ませ続けた。けれど、現実は非情で。縄を緩ませることすら叶わずにただただ疲弊だけを加速させた少年は、自分を捕らえた男が地下室に戻ってくる夜を迎えてしまった。

「探偵君、お待たせ。良い子にして待ってたかい?」
「うぐぅぅぅ! ふっ、ふぅーっ!」

地下室に戻ってきた男が満面の笑みを浮かべながら距離を詰めてくる光景に少年探偵は恐怖の唸りを上げ、拘束された裸体で男から離れようとする。もちろん、両手両足を縄で縛られた状態で逃げられるはずも無い。少年の動きは、近付いてきた男の左手が二の腕同士を結ぶ縄を掴んだ途端完全にとまり、少年はどうやっても男から離れられなくなってしまった。

「ふふっ、探偵君、どこに逃げようとしているんだい? もう君は私から逃げられないって、まだ分からないのかな?」
「も……おぉっ」

二の腕の縄を左手で掴んだ男は縄を強く引いて少年探偵に正座をさせると身体をかがめて右手を無防備な胸元へと動かし、少年探偵の右乳首を右手の人差し指と親指で弄び始める。

「んむぅぅ! ふっ、ふぅぅ!」

自分を捕まえた男から逃げられない事実を認めたくなくて、裸体を好き勝手に触ってくる男の指に対する嫌悪感を示したくて、何より、右乳首をきゅっと捻られた瞬間に背筋に走った甘い痺れを否定したくて、少年探偵は強く呻きながらイヤイヤと顔を左右に振る。
拒否の反応を見せる少年探偵。だが、男には関係無い。どんなに嫌がろうとも男は手に入れた少年探偵を思い通りに弄び、自分好みの調教を加えるだけだ。

「探偵君は、随分と聞き分けが悪いね。でも、その分躾け甲斐があって良いね。その反抗がいつまで保てるか、愉しみにしているよ、探偵君」
「うぅ、むっ、ぐむぅぅ……!」

先程よりも強い力で乳首を捻られ、引っ張られた少年探偵は、縄に自由を奪われた裸体を可愛く跳ねさせる様子を男に至近距離で観察されながら、誰にも届かない助けてを心の中で叫んでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


HOPE-side story-

男は尻穴に意地悪な妨害を行う

2018.07.22.Sun.21:00
「んっ、んむっ、んふ、ふぅ、んふぅぅ……!」

自身の丸出しの恥部を眼前にさらけ出すよう男の裸体に覆い被さった青年が、男の太く逞しい肉棒を口いっぱいに頬張り、一生懸命に奉仕を行っている。
黒の首輪の後部と手首の黒い枷を鎖で繋いで自由を奪っている拘束を解こうともせず、不自由な裸体を男の上でくねらせて男根に刺激を加える青年。そんな青年の熱烈な舌奉仕を受ける男は、目の前で揺れ動く青年の恥部を目で追って意地悪く微笑みながら気まぐれに右の親指を動かし、無防備な青年の尻穴を好き勝手にいじり回していた。

「んぅぅんっ!?」

ヒクつく尻穴を親指で素早く擦られた青年は裸体をビクンと跳ねさせながら甘い悲鳴を上げ、舌の動きを停止させる。すると、男は青年の尻穴を指の腹で時計回りにぐりぐりと回しながら、咎める口調で言った。

「どうした? 口がとまってるぞ? ケツ穴の痒みをどうにかして欲しかったんじゃないのか? 俺の指で、奥までゴリゴリほじくり回して欲しかったんじゃないのか? ん?」
「んもぉっ……! ふーぅっ、ふちゅ、むぅ、んみゅぅぅっ!!」

男の言葉に反応して、青年は舌奉仕を再開する。
尻穴に注ぎ込まれた薬のせいで気が狂いそうなほどの痒みに襲われている尻穴をなんとかして欲しい一心で、痒み薬を注いだ張本人である男が出した尻穴をほじって欲しいなら口だけで俺を射精させろの指示に従って憎い男の肉棒に舌を這わせ、青年は男に射精を促す。
だが、鬼畜な男は指示を出しておきながら、その指示を従順に守ることを意地悪に妨害し続けている。痒みによって過敏になった尻穴を弄られると嫌でも快楽が生まれ、動きがとまってしまう。男はその動きがとまる様子を愉しみながら決して痒みの解消には繋がらない緩い快楽を尻穴の浅い部分に与え、望まぬ快楽に悶えながらも痒みからの解放を求めて男根をしゃぶる無様な青年の痴態を堪能しているのだ。

「ほらほら、ちゃんとしゃぶんないといつまで経っても痒いまんまだぞ? それが嫌だったら、もっと気合い入れて舌を動かせよ」
「んっ、んむっ、むぅ、むぅぅぅ……っ!」

尻穴のしわを爪で引っかかれる刺激にビクビクと裸体をよじらせつつも、青年は舌を必死に動かして男根への奉仕を行い。男は熱心に奉仕を行う従順な青年の姿に目を細めながら右の人差し指の第一関節までを青年の尻穴に潜り込ませ、青年が本当に弄って欲しいと思っている奥深い部分からは遠く離れた場所をぐにぐにと弄んでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


休日と砂糖
 | HOME | Next »