FC2ブログ

残酷な男は青年達の痴態に期待を寄せる

2017.09.28.Thu.21:00
人が住む街から遠く離れた山の中に、富豪の男が建てた屋敷が存在している。街で聞こえる喧噪はどこにも無く、私有地を理由にした立ち入り禁止の先にある空間の為、不意の訪問も無い。つまりは、邪魔も入らない。
そんな場所で、男はゆったりと椅子に腰かけ、目の前の光景を目と耳で愉しんでいる。木々がそよぐ光景ではなく、小川が陽光を反射しながら流れる光景でもない、二人の青年が縄で吊るされた裸体をよじらせながら苦悶する光景を、だ。

「んー! んむっ、うぅ! うぐっ……ふぐうぅぅ!」
「むおぉっ…ふー! ふぎゅぅぅぅぅ!!」

頭部をすっぽりと包み込む形で被せられた麻袋の上から噛まされた白布の猿轡ごしにくぐもった甘い悲鳴を上げつつ、二人の青年は縛り上げられ吊るされた裸体をじたばたともがかせ、苦悶からの脱出を図っている。
しかし、青年達がどんなに力を込めてもがいても、厳重に施された縄は解けない。背中で重ねさせた手首をきつく縛り二の腕を胸部に括り付ける上半身の縄と、足首と太ももを括り膝の上下を緩み無く結合している下半身の縄は青年達が暴れてもぎちぎちと軋むのみで全く緩まず、二人は暴れる度に縄の絞め付けを感じながら天井のフックから腹側を下にして宙吊りにされた裸体を仲良くぶらぶらと揺らす事しか出来ない。
二人は自分達を愛玩奴隷の立場に堕とした憎い富豪の男の前で縄のみを身に着けた裸体を情けなく揺らめかせ、男の調教によって快楽無しではいられなくなった肉体を勝手に発情させてもどかしさを覚え苦悶する様を男の前に晒し、屈辱と惨めさを強く感じながら抑えられぬ発情に理性を蝕まれるしか無いのだ。

「んふっ…ふぐぅぅ! うぅーっ…むっ、んむっ!」
「むぶぅっ! おぉ、ほっ、ごおぉぉ!!」

連日快楽に漬け込まれ、男の物とは思えない程に肥大した真っ赤な乳首をぷるぷると震わせながら、青年達は気が狂いそうな程ももどかしさをわずかでも紛らわせる為に硬く張り詰めた男根を前後左右に振り乱す。もはや、麻袋の目隠しの向こうで憎い男が自分達を観察していても我慢が効かないくらいに高まった淫欲は、追い詰められた青年達の裸体を絶えずくねらせている。
発情に囚われた二人の青年が塞がれた口で唸りながら吊るされた裸体をくねらせ、必死になって発情を散らしている様子は無様で、惨めで、これ以上無く男の支配感を煽っている。
だが、男の黒い欲望はこの程度では満たされない。男は自分の所有物へと堕とした青年達をより淫らに狂わせる為に、近くの丸テーブルに置いていたリモコンを操作した。

「むぅっ…!? ふぅ…?」
「おっ、もぉぉっ…!?」

男が操作したリモコンは、青年達を吊るす縄が結ばれた天井のフックを動かす物で、天井に収納されていた太く頑丈な鎖が姿を現すごとに二人の裸体はゆっくりと下に移動していく。

「そろそろ、手も足も限界だろう? 下ろしてあげるよ、私は奴隷も大事にする男だからね」
「っ、うぅ…」
「むぅ、ふぐっ」

尊大な男の言葉に苛立ちを抱いたが、青年達は心に安堵の感情を湧き上がらせた。縄の絞め付けが絶えず掛かっていた手足に限界が近付いていた事は事実であり、吊るされている状況が無くなれば苦悶も減ると考えたからだ。
その考えが、どれだけ甘いかなんて二人に気付けるはずも無かった。

「ほら、もうすぐ絨毯に着くよ。もうすぐ、ゆっくり休めるねぇ」
「むぉっ、ほおぉ…」
「おぅっ…ほうぅ……」

もうすぐ休息が与えられる、そう思って疲弊し切った吐息を漏らす青年達にかけられる男の声は、欲望が溜まりに溜まった男根と乳首を絨毯と裸体の間に挟まれ、堪え切れずに縛られた裸体をよじらせて自慰を始めるであろう青年達の痴態への期待で残酷に弾んでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


女装肉便器オークション【単話】
スポンサーサイト
[PR]

スパイは淫らな当然を脳に植え込まれる

2017.09.02.Sat.21:00
「何度も同じ事を聞かせないでくださいよ、スパイさん。貴方は一体どこから雇われているんですか?」
「何度も同じ事を言わせないでくれよ。お前達に話す事は何も無い。殺すんなら、さっさと殺せばいい」

数人の部下を引き連れた男が、冷たい笑みを浮かべながら捕らえたスパイに尋ねる。尋ねられたスパイは、目の前の男を小馬鹿にしたような笑顔を見せながら、男の言葉を引用して情報の暴露を拒んだ。
捕らえたスパイに尋問を行う男と、捕らえられた立場でありながら余裕たっぷりの態度を保っているスパイの青年。会話の内容だけを聞けば、二人が見えない火花を散らし合っているように思えるだろう。
しかし、実際は違う。二人は火花を散らし合ってなどいない。もっと正確に言うならば、スパイの青年はどんなに問いかけられても白状などしないという思いを胸に抱いて自分を捕らえた男に向かって鋭い言葉でもって火花を飛ばしているつもりだが、スパイに火花を飛ばされている側の男は鋭い問いを向けながらも本心では情報を引き出す気はさらさら無い。すでに引き出した情報を更に引き出す意味など、欠片も無いからだ。

「どうする? お前ら数人がかりで俺を痛め付けてみるかい? 俺がしゃべるのが早いか、俺が死ぬのが早いか、どっちだろうなぁ」

自分を見つめる男と男の部下達を見渡しながら、からかうように言うスパイ。その様子を見れば、尋問に屈して涙を零しながら情報を白状させられた記憶の消去が上手くいっている事は明らかで、記憶の消去と平行して行われた洗脳が大成功を収めている事は誰から見ても疑いようの無い事実だろう。
余裕たっぷりの態度を見せているスパイは拘束もされていないのに衣服を剥ぎ取られた裸体を隠そうともせずに床に仰向けで寝転がって足を大きく開き、自らの右手の指で尻穴を掻き回しながら左手で男根を扱いて当たり前のように観察されながらの絶頂を繰り返しているのだから、これで洗脳が失敗な訳が無い。

腸内の奥深くまで埋めた指で前立腺を擦り、尻穴を掻き回すのが当たり前。足を開いて恥部を見せ付けながら男根を擦って精液を放出するのが当たり前。淫らな行為を呼吸と同じような当然の行為だと認識するよう脳に直接植え込まれたスパイは、汗と精液に塗れた裸体を晒している自分がどれだけ惨めかも分からぬまま、淫らに息を切らした声で強気に挑発の言葉を放つ。

「どうした? 俺から情報を聞き出すんだろ? もっともっと頑張らないと欲しい情報は手に入んないぜ?」

とっくの昔に情報を吐いたという記憶を消され、洗脳を施された青年スパイが自らの指で尻穴をほじくり回し、男根を擦って絶頂を休み無く迎えながら強気な挑発を行う様は最高の見世物で。男はそんな最高の見世物をより盛り上げる為に、スパイに向けて言葉を放った。

「そうだねぇ、このままじゃ情報は手に入らない。けれど、時間はたっぷりあるからね。しばらくスパイさんが射精しまくるところを見ながら、良い方法を考えさせてもらうよ」
「要するに、何も思いつかないって事か。なら、俺から情報を聞き出す事も出来ない可哀想なくらいに馬鹿なお前らに、俺が射精するところを見せてやるよ。ありがたく思えよ?」

心も身体も、何もかもを思い通りに支配されたスパイ。そんなスパイが何の疑問も持たずにさらけ出す自慰行為を眺めながら、男とその部下は激しい興奮と征服感を覚え、愉しげな笑みを浮かべていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


YKS

青年は非道な調教の標的にされる

2017.06.24.Sat.21:00
目を覚ました青年を待っていたのは、目を開いても視界が黒い何かに覆われている状況と、口に何かを噛まされて言葉を封じられている状況、そして頭上に持ち上げさせられた手首と仰向けに寝かされた台の横に垂らした足首を何かの器具によって拘束され、裸体の自由を完全に奪われているという状況だった。

「うぅ!? んーんっ! んぐっ、むぐぅぅぅ!!」

目を覚ましたら裸体に剥かれていたばかりか、恥部をさらけ出す格好で身動きを封じられていた。それは明らかに異常、かつ危機で。青年は困惑しながらも拘束された裸体を台の上で必死になってよじらせ、手足の拘束をどうにかして外そうともがく。
しかし、拘束は青年のもがきも虚しく外れる気配すら見せない。黒い革製の枷は青年の両手首と足首を捉えて離さず、細長いベッドの脚同士を繋ぐ棒に南京錠で結ばれた太い鎖を青年のもがきに合わせて冷たく鳴らすだけだ。手足の枷とベッドを結ぶ鎖と南京錠は、生身の人間が力を入れたくらいで振り解けるような物ではない。故に、青年はもはや自力では自由を取り戻せず、視界を覆う黒布を毟り取る事も口に施されている穴あきの赤いギャグボールを外す事も出来ず、もがく自分を見下ろしている男達から逃れる事も出来ない。

田舎から都会に来た純朴な青年を柔和な態度と巧みな言葉で騙して防音が施された建物へと誘い込み、実際の目的とは大きく違うマッサージ店のモニターの説明に気を取られている青年の飲み物に睡眠薬を混ぜて深い眠りへと落とし、意識を失って抵抗を行えない青年を目が覚めても抵抗が行えない状態に追い込んだ卑劣極まりない男達の標的にされてしまった事など知る由も無く、青年は露出している乳首と男根を揺らしながらじたばたと足掻き続けている。
意識を取り戻した直後に無意味な足掻きを行う青年の様子に、男達は顔を見合わせながら満足そうに笑い、見込んだ通りに均整の取れた美しい裸体が淫らにくねる様を目で愉しみながら逃れられない裸体に手を伸ばし、性の弱点を無遠慮に撫で回し始めた。

「ん!? むぅ! んぐぅぅぅぅーっ!!」

突然肌に触れ始めたたくさんの手に過敏な箇所を弄られた青年は当然拒否の反応を示し、イヤイヤと顔を横に振りながらやめてくれの意思を込めて唸り声を発した。もちろん、そんな唸り声で非道な男達が手をとめる訳が無い。むしろ男達は唸りを聞いて一層愉しそうに笑い、左右の乳首をクリクリと指先で弾きながら男根を手で揉み込み、尻穴の入口を指の腹で擦りながら内股や脇の下といった皮膚の薄い場所をくすぐるように撫で、それらの動きを行いつつ媚薬を含んだローションを裸体に塗り広げて純朴な青年を甘い快楽無しでは生きられない淫乱肉奴隷に作り変える調教の下準備を進めていく。

「うぅぅ!? んー! んむっ、うぅ! うぐぅぅぅぅーっ!!」

裸体に落とされた滑る液体の正体が分からずに怯え、視界を塞がれているせいで次にどこを触られるのか全く分からない恐怖を抱き、怯えと恐怖を感じながらも確かな快楽を覚えてしまっている自分の肉体に混乱する青年が無我夢中で救いを求める唸りを聞きながら、残酷な男達は媚薬ローションの感触と淫らに変化していく青年の裸体の感触を、心の底から堪能していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


お前じゃないと立たねぇよ~ノンケ同士のセックスゲーム(1)

冷徹な男達は少年達を淡々と壊す

2017.06.21.Wed.21:00
「お疲れ様、経過はどうだい?」
「あぁ、主任。お疲れ様です。今のところ問題はありません、数値の方も上昇を続けています」
「そうか、ありがとう」

淹れたてのコーヒーが入ったマグカップを持った上司の言葉に反応し、状況を報告する部下。部下の言葉を聞き、短いながらも確かな感謝の意思を伝える上司。白衣の男達が行うそれらのやり取りは、何の変哲も無い物だ。言葉と彼らの様子だけを見れば、違和感はどこにも無い。
だが、白衣の男達がいる部屋で繰り広げられている光景は、明らかに異常だ。彼らがいる研究室の中央にある台の上には、裸体に剥かれた二人の少年がその身を機械のアームに拘束されていて、二人の少年は一切の身動きを許されぬまま無抵抗の裸体を幾つもの機械で淫らにいたぶられ、悲痛極まりない甘い絶叫を絶えず発しているのだ。

「あぁぁぁーっ!! あひっ、やら、もぉ、やらぁぁっ! は、ひぎっ、んひっ、はぁぁぁ…っ!」
「も、ひゃめ、やら…あひぃ、んぎっ、いぃっ! ゆりゅ、ひ、へぇ……!」

舌足らずな口調で許しを請い、荒さと甘さが混じった呼吸を行いながら、少年達は裸体に与えられた拘束を解こうともがいている。
しかし、頑丈な金属で作られた機械のアームは、ちょっとやそっと力を込めたくらいじゃビクともしない。両手首と足首に嵌められたアームはもちろん、太ももと二の腕を掴んでいるアームも外れず、細い腰と首を捉えているアームも振り解けず、少年達はブリッジに近い体勢で固定された裸体の自由をどうやっても取り戻せず、同じ苦しい体勢で固定された仲間の少年の苦悶の表情を間近に見ながら裸体に加えられる淫らな責め苦で惨めな痙攣を繰り返すしか無い。
左右の胸にあてがわれた丸いブラシの回転で容赦無く乳首と乳輪を刺激され、尻穴を貫く極太の張型に腸壁を休み無く掻き毟られ、望まぬ快楽で射精を強いられ続けている男根全体をまんべんなく撫で回す筆達の責めで更なる射精へと追い立てられながら、少年達は汗と淫液に塗れた裸体を絶え間無く痙攣させて喘ぎ鳴き、仰け反る体勢で拘束された身体をより仰け反らせるしか無いのだ。

「もぉ、やらぁぁぁ……! ひぬぅ、きもひいいの、いやらぁぁ!!」
「おひっ、へ、ふっ! たじゅげで、ゆるひへ、イぎだくない、イぐの、もぉやだぁぁぁ!!」

小さい絶頂に身悶えながら涙を零し、白衣の男達に向かって誇りを捨てた哀願をする無様な少年達。けれど、哀願を向けられた男達はそれを完全に無視して様々な数字が表示されたモニターと書類を覗き込み、冷徹な会話を当然のように交わしている。

「快楽指数は高いんですが、屈服率が少し低めなんですよね」
「そうだね…じゃあ、水分補給がてら、媚薬を追加して思考能力を削り落とすとしようか」
「ついでに口も塞ぎますか? 悲鳴を上げる事で気を紛らわせている可能性もありますし」
「あぁ、それもあるかもね。なら、チューブで口を塞いで、少しずつ媚薬を摂取させるとしようか」
「いやぁ…やめで、やめひぇぇぇぇーっ!!」
「媚薬、やら、おがじくなりゅ! おれ…くるっひゃうぅぅっ!!」

耳に届いた非情な会話に反応して蕩けた声で絶叫する少年達をまたも無視して会話を続ける男達の手元にある書類には『少年ヒーロー洗脳計画』と記され、その計画を遂行する為に追加される責め具は、口を塞いで言葉を奪いつつ発情を促す媚薬を無理矢理に摂取させる透明なチューブは、白衣の男が操作した端末の指示に従ってゆっくりと移動し、捕らわれの身となり逃れられないよう裸体を拘束された少年ヒーロー達の口へと距離を詰めていく。

「や、あぁ…こないれ! やぁ、いやぁぁぁ!!」
「も、やだ。たしゅけへ…たじゅげてぇぇぇ!!」

口に近付くチューブを見て恐怖する少年ヒーロー達の悲鳴は救いを与えてくれる者の耳には届かず、少年ヒーロー達の誇りだけでなく人格も壊そうと考えている白衣の男達の耳だけに届き、誇りと人格の崩壊を円滑に進める為の情報の一つとして受け取られていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


俺のかわいい仏頂面 4

男は中庭で淫らな渇望に苦悶する

2017.05.22.Mon.21:00
強い陽光が降り注ぐ暑い日に、山奥に建つ一軒の屋敷の中庭で男はくぐもった呻きを上げながら拘束された身体を苦しげに悶えさせていた。

「んむっ…ふっ、ふぅ、ふぐぅぅっ…!」

口内に詰め込まれた布とその布を吐き出せないようにと噛まされた白布で言葉を奪われた男は、衣服を剥ぎ取られた裸体を中庭に置かれた木製のロッキングチェアに縄を使って縛り付けられている。低い背もたれの上を通る形で顔の後ろに回された手首と首を背もたれの柵の間に縄を通して遊び無く繋がれ、肘掛けの上に乗せた膝を肘掛けから下ろせないよう縄できつく括られ、足首とチェアの前側の脚を縄で結合されてしまった男は、言葉を奪っている布を剥ぎ取る事はもちろんチェアの上から下りる事も足を閉じる事も出来ず、手首と首を繋ぐ縄のせいで大きく暴れる事も叶わない。
情けなく恥部をさらけ出した姿のまま、手も足も口も使えない状況に追いやられた哀れな男。そんな男に、縄拘束を与えた男は更なる苦悶を与えた上で男を中庭に置き去りにし、一人きりで苦悶に喘ぐ無慈悲な状態を作り出してしまった。
日陰に置かれていても嫌という程に感じる暑さで汗が噴き出し絶え間無い憔悴を強いる苦悶と、連日施された淫らな調教で熟れ切った裸体に何の刺激も与えずに放置し内側から湧き出す淫欲に思考を蝕まれる苦悶に嬲られる、暑さと生殺しの地獄を作り出してしまった。

「ふぅっ、んぐ、むぅ、むふうぅぅ…!」

とめど無く流れ出る汗は猿轡の味を変え、チェアの下にある地面のタイルの色を変えている。そしてそれだけでなく、肌を伝う汗は、快楽が欲しいと叫んでいる肌を伝う汗は男にもどかしいだけの快楽を与え、激しい快楽へと渇望を更に高めていく。
乳首を上下に弾かれ、指で摘まんで思い切り引っ張られたい。男根を容赦無く扱かれ、幸福感に満ちた射精を迎えたい。尻穴を勢い良く掘削され、腸内に精液を流し込まれながら絶頂を味わいたい。
乳首と男根をほぼ常に指や淫具で刺激され、尻穴を張型や男根で埋め尽くされる生活を何日も何十日も送らされてきた男は、本人が全く気付かぬ内に快楽無しではいられない淫乱な肉体へと堕とされており、快楽が無い今の状態を耐えがたい苦痛と感じるようになってしまっていた。
その状態で放置された直後、男は自分をこの屋敷に監禁して弄ぶ憎い男への怒りを胸に抱いて欲望を否定していたが際限無く高まる欲望に一人きりで苛まれ続けた男はやがて怒りを抱く余裕も失い、縛られた汗まみれの裸体を揺らして快楽をねだるだけの存在に変えられた。
もはや、男は反抗的な態度を思い出す事も出来ないだろう。快楽を得る為なら、気が狂いそうなくらいに激しい全身のもどかしさを鎮められるなら、憎いはずの男の命令を従順に聞くだろう。

中庭が見える冷房の効いた部屋で様子を観察し、男の屈服が近い事を確信した男は口元を残忍に歪めて立ち上がり、幾つかの道具を持って中庭へと移動し始める。
慈悲を与える為ではなく、更なる苦悶による陥落を与える為に。水分補給と称して飲ませる為の媚薬入りの水が入ったペットボトルを左手に持ち、媚薬によって強まった発情に追い詰められながら猿轡を外された口で無我夢中で快楽をおねだりする男を正面でゆったり眺める為のロッキングチェアを右手に持ち、淫らなとどめで身も心も自分の手に堕ちる男の痴態を愉しみにしながら中庭へと移動していく。

十数分後に響き出した淫らな哀願の悲鳴は屋敷の周辺の山に虚しく溶け、悲鳴の主を眺める残酷な男の興奮と支配感をこれ以上無く煽っていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ラン★ラン★ラバーズ
 | HOME | Next »