FC2ブログ

主は調教を施し男を愛玩奴隷に堕とす

2018.12.13.Thu.21:00
「は、あぁ……ん、くぅ……っ、ふぅ……っ」

声を口から漏らしながら、男が裸体を必死に動かして拘束から逃れられないかと試行錯誤を繰り返している。
頭上高く持ち上げさせられた手と、つま先立ちの状態を強いられている足に力を込め、拘束からの脱出を試みる男。だが、その試みはいつまで経っても望む変化を生めない。どんなに力を込めても男の手足の自由を奪う頑丈な黒革の枷と太い鎖はビクともせず、男の手足は地下室の天井と床に打ち付けられた金具に遊び無く繋がれた状況から離れたくても離れられない。
枷と鎖で上下に引き延ばされた男の裸体は、拘束と地下室からどうやっても逃れられず、無駄な足掻きに合わせて情けなくくねることしか出来ない。長時間もがき続けてもそれは無意味で、男は何一つとして状況を変えられぬまま、自分を拘束して地下室に閉じ込めた男が帰ってくる時間を迎えてしまった。

「ただいま、良い子にしてたかい?」
「あぁ……ごしゅ、じんさま……っ」

冷たい笑みを浮かべて男に声を掛けた男に対し、拘束姿で放置されていた男は今までと同じ呼び方で返す。
だが、その呼び方は男の機嫌を悪くさせた。男は笑みの冷たさを更に強めながら逃れられない男に近付き、右手で顎を緩く掴んで持ち上げさせながらわずかに責める口調で言う。

「どういう神経をしていたら、その呼び方で私を呼べるんだい? 私を警察に突き出そうとしていた裏切り者が」
「ちっ、違い、ますっ。ご主人様を裏切るつもりなんてっ」

主の怒気を感じた男が、怯えと焦りを募らせながら言葉を紡ぐ。けれど、その紡がれる言葉は途中で切れてしまった。主の左手の指が、男の右乳首を強く摘まんで捻り上げてしまったからだ。

「あぅっ!? あっ、あっあっあぁぁぁっ!!」

顎を緩く掴まれていた顔を大きく仰け反らせ、手足の枷と鎖をガチャガチャと鳴らしながら男は甘く歪んだ悲鳴を上げる。
その悲鳴は、乳首を乱暴に捻り上げられたことによる痛みと、痛みを遙かに上回る快楽からの物で。男は自由を取り上げられ地下室に監禁されている立場にありながら愛しい主に責められている事実に悦びを抱き、男根を膨張させていく。

「裏切るつもりが無い? なら、何であの資料を私の部屋から持ち出した? 納得のいく説明をして欲しい物だね」

嬲られて男根を膨らませる男に嘲りの目を浴びせながら、主が男に問いかける。その問いかけに対して、男は乱れた吐息混じりに説明を行う。主が全く想像していなかった内容の説明をだ。

「大好きなご主人、様に……犯罪なんてして欲しく無かったんです……っ! ご主人様を、本当に、愛してますからぁっ! 悪いことなんて、して……貰いたくなかったん、ですぅっ……!」

愛しい主に、悪事をして欲しくなくて。大好きな人が、汚れる事実を見過ごせなくて。男は溢れる愛情のままに主が逮捕されると理解しつつ資料を持ち出して警察に行こうとしていた。
それを告げられた主は、自分のことを愛しすぎている純粋な男を眺めて苦笑を浮かべつつ、右手を男の顔近くから移動させ……移動させた右手で左の乳首を捉え、左手と一緒に男の左右の乳首を嬲り始めた。

「おひっ!? んんっ、あぁ! ひっ、あぁぁぁんっ!」
「私は、どうやら君を甘やかしすぎたようだね」

先程の怒気を全く感じさせない、それでいて慈悲も感じさせない意地悪な表情を見せながら、主が男に宣言する。それは、男の全てを支配し、飼い慣らし、意向に沿わない行動を取ることを考えすらしない愛玩奴隷に作り変えるという調教宣言だ。

「決めたよ、私はもう君を甘やかさない。この地下室に閉じ込めて、何もかもを管理して、私の命令には逆らえないよう、余計な行動を取らずに私から与えられる快楽のことだけ考えるよう心と身体を作り変えてあげる。まずは手始めに、このまま乳首の開発だよ。指と、舌と、お薬を使って君の乳首を少し何かが擦れただけで射精しちゃうくらいに淫乱な乳首にしてあげるからね……覚悟しなさい」
「ひっ、んんっ! あぁ、らめ、りゃめれすぅぅっ! 乳首、そんなにしたら……きもぢいいっ! ぎぼぢいいれひゅぅぅぅっ!!」

裸体を痙攣させながら淫猥な絶叫を上げている男が自分の話をちゃんと聞いているのかは分からない。分からなくとも、主には関係ない。どっちにせよ、快楽で丹念に躾けてこれまで以上に自由を奪った愛玩奴隷へと堕とす予定は変わらないからだ。

「あぁぁっ!! イぐ! イぎますぅぅっ!! 乳首れ、イぎゅぅぅ!! イぐっ、イぐイぐイぎゅぅぅぅっ!!」
「存分にイきなさい。私に相応しい淫乱になれるように、たっぷりイきまくってしっかり壊れるんだよ?」

責めの苛烈さとは裏腹な優しい主の声を遠い世界のように聞きながら、男は愛玩奴隷としての生活の第一歩となる乳首のみでの射精を迎え、立ったままの裸体を主の前で折れそうな程に反らしつつ、吐き出された体液で主の衣服を白くべっとりと濡らすのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


女装部の合宿でおっさんたちに開発されちまった~女性ホルモンを打たれた俺~
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

青年探偵は無慈悲な機械の中で淫らに陥落する

2018.12.02.Sun.21:00
大の字の形をした機械の中に仰向けで裸体を入れられ、蓋をされた探偵の青年はあらゆる自由を奪われた状態だ。
硬いスポンジのような物で緩く、しかし隙間無く圧迫された探偵の手足はわずかに折り曲げることさえ出来ず、指一本すら思い通りに動かせない。機械内部の機構によって包み込まれた頭部は顔を振ることも叶わず、機械内の様子を伺うことだけでなく、耳に流し込まれる大音量以外聞けなくされてしまっている。
機械内で蠢き、乳首や男根や尻穴を淫らに弄ぶ決して小さくない機械の駆動音を掻き消す程の大音量の正体。それは、依頼を受けて調査していた団体に拉致され、淫薬を用いた残酷な絶頂地獄に甘く悶え苦しんでいた昼の青年探偵自身の淫らな絶叫だ。

『あっ、あぎっ、ひぃぃぃっ! んもぉっ、ゆりゅじでぇぇっ!! おひり、ほじほじ、りゃめぇぇぇっ!! イぐっ、イぐイぐっ! イぐのとまらにゃいぃぃぃぃっ!!』

発情を促し感度を何十倍にも引き上げる淫薬を投与された上で全身を甘い快楽でいたぶられていた昼の青年探偵は、されるがままに喘ぎ鳴かされ、堪える意思を挟むことすら出来ずに休み無い射精へと追い立てられていた。
気が狂いそうな程の火照りに苛まれながら乳首と男根と尻穴を好き勝手に弄り倒されて絶叫を繰り返させられた青年探偵は、もう射精したくない、快楽は欲しくないと本心から叫んでいた。
だが、今は違う。青年探偵は本心から射精がしたいと、快楽が欲しいと望んでいる。それどころか、悲痛極まりない淫らな絶叫を放つ昼間の自分にうらやましさすら感じている。青年探偵を閉じ込めた機械が同じ淫薬を投与しながら、射精にはどうやっても至れないもどかしい快楽で青年の裸体を容赦無く責め立てているからだ。

『もぉ、イぐのやらぁぁぁっ!! 乳首れ、イぐぅぅ! おひりでイぎゅぅっ! ひんこで、イぐ……全部で、イぎまぐりゅぅぅぅっ! たひゅけへ! おがじぐなりゅぅぅぅぅっ!!』
「んむ、んぐ、んぅぅ……!」

昼間の自分のように、全部でイきまくりたい。おかしくなるくらい、射精を繰り返したい。そんな破滅的な願望を抱いても、それを実現する術は無い。
裸体を緩く責める機械達は青年が幾ら求めても強い快楽は与えてくれず、拘束された裸体を必死に動かしても射精したがっている男根に最後の快楽を加えることは出来ない。
青年は、耳に大音量で送られるよがり狂う自分に理性と思考を蝕まれながら、募る一方の射精欲と絶頂への渇望に探偵としてだけではなく人間としての自分を壊されるしか無いのだ。

『もぉ、いやぁ……あっ、あひぃぃっ! ゆる、ひへ……だじゅげでぇぇぇぇーっ!!』
「んむ、むぐっ……ふぅ、ふむぅぅ」

許して、助けて。昼間の自分と全く同じ哀願を浮かべる青年探偵は、口内に流し込まれる淫薬をコクコクと飲み干しながら、昼間とは真逆の願望で頭の中を隙間無く埋め尽くし、自分を無慈悲な機械の中に置き去りにした者達の思惑通りに心と身体を快楽と射精欲で支配されて淫らに陥落していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


家庭教師の巨尻男子大学生がエロ過ぎて思わず俺は

探偵は内なる願望を見抜かれる

2018.11.14.Wed.21:00
一人旅をしていた息子が音信不通となった。そんな依頼を受け、足取りを追った探偵の青年は山奥に建てられた一軒の屋敷へとたどり着き、その屋敷の主の男と、屋敷に住み込みで働く探していた青年と出会った。両親が探している旨を伝えて驚く青年と、驚く青年に対して苦笑しつつも近い内に休みを出すから会いに行くようにと指示を出す主に事件性は無いと悟った探偵は突然の訪問を改めて詫び、主の好意に甘えてその日は屋敷に一泊することとなった。
慣れない他人の家での宿泊で思うように寝付けず、手洗い目的で部屋を出たことが、自分の人生を大きく変えることになるとは探偵は欠片も想像してはいなかった。

暗い廊下を歩く途中、主の部屋の前を通り過ぎるときに聞こえた室内からの呻きに、探偵は異変かも知れないと危惧してノックをしてからそっと扉を開けた。そうして開いた扉から見えた光景と聞こえてきた声は、縄で縛られた裸体を主に弄ばれて嬉しそうな表情を浮かべている青年の甘い鳴き声で。探偵は見てはいけない物だと頭で理解しつつも目と耳に染みつく淫猥な状況に釘付けとなってしまい、小さく扉を開いたまま主と青年の行為を盗み見し続けていた。

「んぁっ! ひ、あぁぁぁっ!! ご主人、ひゃまぁっ……乳首、きもひぃ……おひんひんも、きもぢいっ、れひゅぅぅっ!」
「こらこら、あんまり大きな声を出すと探偵さんが起きてきちゃうよ? もうちょっと抑えなさい」

手首を縛る縄を部屋の天井にある金具へと繋がれ、つま先立ちを強いられた裸体を淫らにくねらせながら青年は幸せ色の悲鳴を上げている。主はそんな青年の悲鳴を耳で愉しみながら頬を緩ませ、くねる裸体を後ろから抱き締めつつ左手で左の乳首を指先でくりくりと転がし、右手で硬く張り詰めている青年の男根を巧みな手つきで扱き上げる。
声を抑えろと言いながら快楽を注ぎ、声を上げさせようとする意地悪な主に、青年は甘えた口調で言った。

「んあぁんっ……無理、れすぅっ……! きもひ、よしゅぎへ、無理ぃっ……らいひゅきなご主人様に苛められたら、身体全部がきもひよくなっへ……エッチな声、とまんにゃいでしゅぅぅっ……!」

蕩けきった青年の言葉を聞いた主の表情が更に緩み、同じ言葉を聞いた探偵は右手を膨らんでしまった自身の男根へと伸ばす。
愛しい青年の正直な思いに興奮を煽られた主は優しい声音で咎める言葉を浴びせかけながら青年の乳首と男根をより激しく責め立て、青年の淫乱な告白に自分でも知らなかった内なる欲望に火をつけられた探偵は今自分が着ている寝間着が借りた物だということも忘れて男根を寝間着の布ごと擦り、覗き見ながらの自慰に耽り出す。

「全く……本当にエッチな子だね。勝手に屋敷に押しかけた上に初めて会ったときから私を誘惑してきて、身体を好きにして良いから住み込みで働かせてくれなんて言い出して、ご家族を心配させるくらい快楽に塗れた生活に溺れるなんて、君は本当にエッチで、悪い子だね」
「あぁぁんっ! ごめんなひゃいぃっ! エッチで、悪い子で、ごめんなさいぃっ!! 悪い子の俺に、お仕置き、くださいっ! ご主人ひゃまの手で、もっともっと躾してくらひゃいぃぃっ!!」

取れそうなほどに左乳首を引っ張られ、わずかな休憩すらも与えられずに男根を素早く擦られる青年はつま先立ちの裸体を大きく仰け反らせ、背後の主に寄りかかりながらビクビクと痙攣を繰り返している。
その様子を少しだけ開いた扉の隙間から眺めながら自慰を行う探偵は、本当に嬉しそうな顔でよがり狂う青年にうらやましさを抱きながら男根を刺激する手を無意識に強めていき、絶頂へと上り詰めていく。

「こんな悪い子には、普通のお仕置きじゃ効き目が無さそうだねぇ。何年も何年も掛けて、たっぷり心と身体に躾を刻み込んであげないといけなさそうだ」
「して、してぇっ! いっぱい、刻み込んでくださいぃぃっ!! 俺の全部をご主人様の物にして、躾をしてくらひゃいぃぃぃっ!!」
「っ……ふ、あ……っ!」

主に弄ばれている事実に悦びを感じながら青年は全く制御していない大きな絶頂の喘ぎを発し、探偵は幸福に満ちた悲鳴を上げて精液を放出する青年に嫉妬の感情を芽生えさせつつ、下着と寝間着を精液で汚した。

「ふふっ、イったね。はしたない声を上げて、可愛かったよ」
「ふ、あぁ……ご主人、ひゃまぁ……」

左手で汗ばんだ前髪を優しく掻き上げられながら、青年は主が放った可愛いの単語に疲弊した表情をほにゃりと笑わせる。
それを見ながら探偵は絶頂で脱力した肉体をぺたんと廊下に座らせ、肩で息をしながらぼんやりと空想する。

あんな風に優しく激しく責められたら、間違いなく気持ち良いんだろう。自由を取り上げられた状態で甘く嬲られたら、今感じている物など比ではない興奮と悦びが全身を駆け巡るんだろう。自分も、ああやって苛められてみたい。全てを誰かに支配され、抵抗できぬまま甘くいたぶられてみたい。
一度自覚した被虐の願望は、探偵の思考内を余すところなく埋め尽くす。とめどなく溢れる欲望に呆けている探偵。そんな探偵の耳に、主と青年の会話が届いた。

「さぁ、もっともっと躾をしてあげようね。今度は、そこの探偵さんも一緒にね」
「……え……っ?」
「うん、探偵さんも、一緒にぃ……探偵さん、俺と同じだからぁ。エッチに苛められるの、きっと好きだからぁ……っ」
「…………」

自分が見ていることに、気付かれていた。それどころか青年には、自分ですらさっきまで知らなかった内なる被虐の願望まで見抜かれていた。
縄で拘束された青年を部屋の中央に残して、主が扉へと近付いてくる。絶頂の余韻で力が入らなくなっている探偵の肉体は、主から逃げられない。それ以前に、探偵に逃げる意思は全くない。
探偵は段々と大きくなる足音に期待を膨らませ、精液で汚れてしまった部分としっとりと汗で濡れている肌が見えやすくなるように衣服をはだけ、借りた寝間着を汚した自分に仕置きをしてくれという台詞を喉に用意して、主が扉を開ける瞬間を今か今かと待ち望んでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


成人の儀

幼い裸体は命令に従い淫らに動く

2018.11.01.Thu.21:00
「二人とも、今すぐ、こっちに向けているその武器を地面に捨てなさい」「次は、着ている物を全部脱いで裸になりなさい」「良い格好だよ。もっと良い格好になれるように、今度は犬のチンチンのポーズを取りなさい。足を大きく開けて、恥ずかしいところがよく見えるようにするんだよ」

愉快そうな男の声が、二人の少年に向かって続けざまに命令を与える。それらの命令は全て、少年達を不利な立場に、屈辱的な状況に追いやる内容であり、到底大人しく従えるような物ではない。
だが、少年達は為す術無く男の命令に従わされてしまっている。自身の武器を捨て、身に着けていた赤と青のヒーロースーツを自らの手で脱ぎ、幼い男根が丸見えになる恥辱のポーズを取る少年ヒーロー達の表情は羞恥と悔しさで赤く染まっている。しかし、どんなに羞恥と悔しさを胸に抱いても、少年達は男に逆らえない。反抗を示す言葉さえ放てない。
寂れた港のあちらこちらに設置された機械から飛ばされている電波によって肉体の支配権を完全に奪われた少年達は、男の命令には一切抗えず、自分の意思ではもはや指一本さえ思い通りには動かせないのだ。
追い詰めたつもりが、敵の罠が仕掛けられた場所へと誘い込まれてしまった少年達。古びた倉庫が建ち並ぶ閑散とした港の路上で、惨めに犬の芸をさせられる無様な少年ヒーロー達。そんな情けない二人を黒く微笑んで見下ろし、幼い裸体をしばし観察していた男は、おもむろに脱ぎ散らかされていたヒーロースーツを拾い上げると、それを二人の前に置いた。幼い男根のすぐ真下に、仲間がさっきまで着ていたヒーロースーツがある状態だ。

「今日から君達は、私達の組織で飼育されるわけだからもうこのスーツは要らないよね? だから、未練が無くなるように、今からたくさん射精して、スーツをぐちょぐちょに汚そうね」

少年達が拒絶に表情を歪ませる余裕さえ、無かった。
男の言葉を勝手に受け入れた二人の肉体は、触られてすらいない男根を膨張させ、持ち主の意思を無視して二人を望まぬ射精へと追い立てたのだ。
唸り声を漏らすことさえ許されない二人の口が小刻みに震え、顔が甘い苦悶に染まる。敵の前で恥部をさらけ出すポーズを取らされた裸体がガクガクと痙攣し、張り詰めた男根は裸体の痙攣に合わせてぶるぶると揺れ動きながら、快楽を欠片も与えられていないのに射精を迎えさせられた。
仲間のヒーロースーツが、誇り高き赤と青のスーツが、淫らな白の体液に汚される。その事実に二人は更なる屈辱と絶望を覚えるが、それらの感情は長続きしない。無理矢理に射精へと至らされた男根はわずか休憩さえ与えられず、次の射精へと押し上げられているからだ。

「その調子で、気絶するまでイきまくろうね……そうだ、このスーツをまんべんなく汚せるように、腰を前後に振ってオチンチンを大きく揺らしなさい。スーツをしっかり精液塗れに出来て、自分達がどれだけ情けない存在に成り下がったか自覚出来る、一石二鳥でしょう? 元ヒーロー君達」

嫌だ、そんなの嫌だ。
ヒーローとしてだけでなく人間としてのプライドを叩き壊される恥辱を少年達は心の底から嫌がったが、支配された裸体は男の命令を受けて従順に動き、少年達はいやらしく腰を振って男根を振り乱しながらの射精を、失神するまで行わされるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


耽美な鎖【PC版】

捜査員は自ら淫らな餌を食べる

2018.10.24.Wed.21:00
「捜査員さーん、今日の朝ご飯だよ-」

地下室の床に置かれた薄桃色のマットの上にうつ伏せで転がる捜査員の男の前に犬用の赤い食事皿を置いた男が捜査員の後頭部に手を伸ばし、口を塞いでいる黒のペニスギャグを外した。

「ぷぁっ! っは……はぁ、あふっ……」

一晩中異物によって開いたまま閉じられないようにされていた口から溜まった唾液と荒い息を漏らしている捜査員。そんな捜査員に男は笑いながら命令を出した。

「さ、食べなさい。捜査員さんのために用意した特製のご飯なんだから、残したら駄目だよ?」

男の表情と語気は柔らかいが、命令する口調は有無を言わせぬ支配者の物だ。
自分を地下に監禁し、背中で手首と足首を鎖で短く繋ぐ枷を施した憎い男の命令。それに対して、以前の捜査員であれば強気な反抗の態度を見せていただろう。
しかし、反抗すればするほど男を悦ばせる結果を生み、自分に苛烈な責めを行う理由を与えることになってしまうとその身で思い知らされた捜査員はもはや、反抗する気力を完全に失っている。
強力な媚薬を注射され、気が狂いそうな発情を強いられた状態で何時間も放置される苦悶。抵抗の叶わぬ裸体を浴室へと運び込まれ、媚薬を混ぜた風呂に顔を押し付けられる発情と息苦しさが混ざり合った地獄。それらを再度与えられるのに比べれば、目の前に置かれた餌を、媚薬混じりの淫らな餌を自らの意思で口にする方が遥かにマシだ。
故に、捜査員は拒否の言葉を一つも吐かず、拘束された裸体をマットの上でもぞもぞと移動させると、顔を食事皿に突き出して舌を伸ばし、媚薬がトッピングされた餌を命令に従って食べ始めた。

「よしよし、良い子だね。今日もたくさん苛めてあげるから、しっかり食べて体力を付けるんだよ」
「うぅ……あむ、んぐっ、ふぁ……」

優しく頭を撫でる男の手に屈辱を煽られながら、捜査員は媚薬入りの餌を自分を飼い殺す男の前で一口また一口と食べるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


女装強制調教ボンデージ少年
 | HOME | Next »