FC2ブログ

男達は無我夢中に媚薬を求める

2018.10.06.Sat.21:00
「はぁ、はぁっ……あぅ、あぁぁ……っ」
「ん、くぅ……ひ、はっ、はぁ、あはぁぁ……」

二人の男が、拘束された裸体を苦しげによじらせながら荒い呼吸を繰り返している。息を整えたくても整えられない。呼吸をすればするほど苦悶が強まっていくと頭で理解していても、二人は乱れた呼吸をやめられない。
そんな哀れな男達を作り出し、赤色のソファーに腰掛けて二人が悶える様を目と耳で愉しんでいた男は、一際にんまりと微笑むと右足に力を込め、足下に置いたペダルをゆっくりと踏み込んでいく。

「ひっ!? や、やめろ! やめてくれぇっ!」
「ふま、ないれぇ……許して、許して……ぇ!」

ペダルが操作されている。その事実に気付いた男達は、ガスマスクに似た黒の器具ごしに縋る視線を男に向けてなりふり構わずに哀願を行った。だが、無慈悲な男は足の動きをとめない。男は、無様な哀願と、両手両足を床に置かれた白い箱形の器具に飲み込まれた男達の裸体が必死に身悶える光景を眺めながら、徐々にペダルを踏む力を強めていく。
それをやめさせたくても、太ももから先と二の腕から先を箱に拘束され、硬いスポンジのような素材で緩み無く絞め付けられた手足ではやめさせられない。頭部に被せられたガスマスク似の器具を外せれば足を限界まで踏み込まれても苦しみが訪れないと知っていても、今の男達の手では器具に触れることさえ出来ない。
誇りを捨てて許しを請い、一生懸命に足掻いて苦しみから逃れようとしていた男達の行動は全て無駄で。ペダルが限界まで踏み込まれると同時に、男達は先程までとは全く違う苦しみに襲われることとなった。
ペダルと連動している器具が透明なゴムチューブを強く挟み込んだことで床に置かれたビンに並々と注がれた強力な媚薬を吸入しなくて良くなった代わりに、男達はガスマスクに繋がれたゴムチューブを通してもう一人と空気を交換し合う不完全な呼吸を強いられてしまったのだ。

「あ、うっ……こ、ほ、あぁ……!」
「ふ、ひゅ、か、はっ……は、おぉ……!」

媚薬によって容赦無く火照らされた裸体をくねらせて汗を飛ばし、硬く張り詰めた男根をぶるぶると振り乱しながら、二人は息苦しさに悶絶している。快楽を欲する思考は理性で抑え付けることが出来るが、酸素が欲しいという生物として当然の欲求はどうやっても抑えられない。元々発情のせいで息が乱れていたこともあり、二人はあっという間に酸欠の状態へと追い込まれていく。

「は、が……! あ、ふ、はっ、は……」
「ふ、ひ、くひ、はぁ、あぉ……!!」

呼吸が、したい。媚薬混じりでも良いから、吸いたい。もう一人が吐き出した空気に含まれるわずかな酸素を貪るように消費しながら、二人は悲痛な願望を胸に抱く。
その胸の願望を手に取るように見透かしている鬼畜な男は、愉快その物といった口調で二人に問いをぶつけた。
実質選択肢が一つしか無い、悪意の固まりと称しても過言では無い問いを、だ。

「刑事さん達、また媚薬吸いたい? それとも、もう一生吸いたくない? 好きな方を選んでも良いよ?」

更に発情を加速させるか、死か。答えは決まりきっている。
刑事と呼ばれた男達は屈辱も羞恥も忘れ、死を避けたい一心で媚薬の吸入を望んだ。

「び、やぐ……ずわ、ぜで……っ!」
「ずいだい、です……は、やぐ……おねっ、おにぇ、がひ……!!」

力を振り絞って、無我夢中に媚薬を吸わせてくれと口にする刑事達。正義とは程遠い惨めな姿をしばらく堪能した男は右足を動かし、ペダルを元の状態に戻して二人に呼吸を許した。
チューブを挟んでいた器具がチューブを離し、媚薬入りのビンと二人の頭部の器具を繋ぐ道が解放される。

「あぁっ、はっ、あぁ……びやく、びやくぅぅ……すえる、すえるぅぅ……!」
「いき、できるぅ……びやく、ありがとう、ごひゃいましゅ……ありらとう、ごらいまひゅぅ……っ!」

ようやく許された呼吸に安堵し、感謝の言葉まで放ちながら媚薬を体内に取り込む刑事達を正面から観察する男は順調に崩壊へと向かっている二人に満足感を募らせつつ、次にペダルを踏み込んで呼吸を禁じるタイミングはいつにしようかという残酷な思考を巡らせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


犬になった顛末
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

男達は甘い刑罰で淫らな存在へと生まれ変わる

2018.09.17.Mon.21:00
「あぁっ! あぁ……もぅ、いやぁ! 誰か、助けて、助けてぇぇっ……!」
「びゅーびゅー、させられるの嫌ぁぁ……! お尻、ほじほじ、もぉ、やだぁぁ……っ!!」

男達の哀願の言葉が部屋に響く。それも一人や二人ではなく、何十人もの男が放つ哀願だ。
男達は全員、その肉体を裸体に剥かれている。そして、その裸体に剥かれた身体は二の腕から先と太ももから先を床に飲み込まれており、男達は文字通り手も足も出ない苦しいブリッジの体勢から抜け出せないよう拘束を施されていた。
何十人もの男が裸体を不自然な格好で拘束され、恥部を丸出しにした状態へと追いやられている。だが、誰一人として拘束からの解放は求めていない。恥部を晒させられている屈辱に対する怒りを口にしている者もいない。男達は全員、子供のように泣きじゃくりながら、間もなく訪れる淫らな苦悶を嫌がり、拒絶する哀願を発していた。

「お願い、しますぅぅっ! 気持ち良いの、やだぁぁ! もう、イくの、許してぇぇっ!!」
「射精、いや、いやぁ……助けて、やめてぇぇ……!」

悲痛極まりない哀願の言葉を繰り返し口にする男達。しかし、男達に慈悲が与えられることは無い。
男達に与えられたわずかな休憩時間が終わると同時に部屋の中には残酷なアナウンスが流れ、動きをとめていた機械達は無防備な男達の裸体へと再び迫り、乳首を、男根を、尻穴を、容赦無く凌辱し始める。

『休憩時間終了。これより、囚人達への快楽刑を再開する』
「いやぁぁぁぁぁーっ!! やめでやめひぇやべでぇぇぇーっ!!」
「ゆりゅじでぇぇぇーっ!! しゅぐイっひゃぅぅぅっ!! 乳首と、ひんこと、けひゅあなれ! イぎまぐりゅぅぅぅぅぅーっ!!」

毛先に媚薬を含んだ筆を持っているアームに乳首と男根を丹念に撫で回され、同じ媚薬をたっぷりとまぶした張型で奥深くまで埋め尽くされた腸内をゴリゴリと抉り倒された男達はあっという間に絶頂へと追い立てられ、先程まで哀願を発していたのと同じ口で無様で淫猥な絶叫を発しだす。

「あぁっ! あー! あひっ、ひぎっ! んぎぃぃぃぃーっ!!」
「おほっ、ほひぃぃっ! あぉ、おぉ! ほっ、おぉ! んほぉぉぉぉっ!!」

もはや、男達は意味のある言葉を発することはおろか、自らの罪を顧みることすら出来ない。
苛烈な快楽を容赦無く注いで精神と肉体を淫らに破壊し、二度と犯罪に手を染めないよう淫欲のみを求める存在へと生まれ変わらせる快楽刑。
その刑罰を受けさせるために作られた刑務所ではあちらこちらの部屋で重罪人の男達の淫らな鳴き声が響き渡り、淫欲に溺れた淫らな存在が一つまた一つと生まれていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ヌルヌルプール

青年捜査員は淫らな餌で苦しめられる

2018.08.29.Wed.21:00
木々の間から穏やかな日差しが降り注ぐ山の中に建てられた、一軒の別荘。その別荘のウッドデッキで、別荘の主である男がペットに食事を与えている。
それは一口ごとに屈辱を煽られ、淫らな苦悶を加速させる残酷な食事だ。

「ほら、捜査員さん。ちゃんと器までペロペロ舐めるんだよ。でないとお仕置きだ」
「う、うぅっ……」

尊大な態度で命令を下され、捜査員と呼ばれた青年の中に悔しさと怒りが湧き上がる。
しかし、捜査員はそれを表には出さない。出したくても、出せない。
手足に拘束を施され、首輪から伸びた鎖をウッドデッキの柵へと南京錠で繋がれている青年捜査員は一切の抵抗の術を奪われており、お仕置きをちらつかせてくる男の命令に逆らいたくても逆らえない状況へと追いやられてしまっている。

「そうそう、上手だね。上手にペロペロ出来ているよ。捜査員さんは、もうすっかりペットらしさが身についてるね、良い子だ」
「く……んむ、は……!」

背中で手首を黒革の枷と短い鎖で拘束されていなければ、惨めさを増幅させる褒め言葉を放つ憎い男の顔を力の限り殴り飛ばし、頭を撫でてくる手をへし折れるのに。左右の足首を短く繋ぐ手首の物と同じ枷と鎖が無ければ、首輪をウッドデッキの柵に繋ぐ鎖と南京錠が無ければ、悠然と椅子に腰掛けている男を思いきり蹴り飛ばしてそのまま逃げ出せるのに。それらの拘束具で自由を奪われているが故に青年捜査員は裸体で正座をしたまま顔を限界まで低く下ろし、男が餌と言い張る媚薬と栄養剤が混ぜられた液体を手を使わずに飲み干し、空になった器を舌で舐めるという捜査員としての誇り以前に人間としての尊厳を傷付けられる行動を取るしかない。
発情を無理矢理に促す薬品を抗えずに摂取させられた捜査員の肉体は、熱く火照りきっている。赤く染まった肌からは絶えず大粒の汗が噴き出し、低く下ろした上体の下では硬く張り詰めた男根が先端から染み出した先走りを腹部に擦り付けている。
気が遠くなるような屈辱と、発情の地獄に苛まれた捜査員は心も身体も限界を超えて追い詰められている。
だが、残酷な男は捜査員に許しも、休憩も与えない。捜査員が器の中を綺麗に舐め終えたのを確認した男は、自身が腰掛ける椅子の脇に置いてあったペットボトルを手に取ると、その中身を何の躊躇いも無く空の器に注ぎ始めた。

「ほら、上手にペロペロ出来たご褒美だよ。たっぷり、おかわりを愉しみなさい」

犬の足をかたどった模様が側面に付いている濃いピンク色の器に、媚薬と栄養剤を混ぜた無慈悲な餌が再び並々と注がれる。
揺れる液体を呆然と見つめながら再度飲み干せと遠回しに言われた青年捜査員は、泣きそうに歪んだ顔を男に向けながら許しを求めた。

「もぉ……無理……飲めない、飲みたく、ないぃ」

これ以上の屈辱と発情を味わいたくない。その意思を込めて、青年捜査員は言葉を発した。
すると、その言葉を聞いた男は笑顔をわずかに曇らせ、先程青年の頭を撫でた右手をまた青年の頭部の上に運ぶと、勢いよくその右手を下ろし、青年の顔を器に注いだ餌の中に押し付けた。

「がぶっ!? ば、ごぉっ……ぼ、ごぼぉぉっ!」

突然に顔面を液体へと押し付けられた青年捜査員は、パニックを引き起こしながらも顔を呼吸が行える位置まで持ち上げようとするが、手足を拘束され、媚薬による発情で疲弊させられた肉体では男の手の力には勝てない。

「ぼ、ぶ……! ご、ぉ……あぶ、ばぁ……っ!」

呼吸を禁じられ、息苦しさが徐々に強くなり、青年の足掻きが段々と弱々しくなっていく。
頭部を持ち上げようとする力が失われ、身動きを封じられた裸体が小刻みに痙攣するだけとなった状態が十数秒続いた頃、男の右手が青年の髪を掴んで顔面を器から引き上げた。

「ぷぁっ! あ、え……げほっ、えほぉっ!」
「さ、おかわりを愉しもうね。わがままなんて、もう言わないよね?」
「ふ、あ……え……? ぶぅっ! ぼぼぉぉぉっ!?」

死を覚悟する程の息苦しさと、その息苦しさから解放された安堵で思考能力が鈍っていた青年捜査員は男の問いに即答できず、呆けている間に再度顔を器の液体に沈められてしまった。

「ちゃんと返事をしないと駄目でしょ? 次引き上げたときにすぐ返事できなかったら、気絶するまで沈めちゃうからね? 分かった?」
「あぶ、ぼ、は……うぶ、ぼご、はぶぅっ……!」

一方的な言い聞かせの言葉と、水中で発せられる悲痛極まりない哀願の声は助けの来ない山の中に水音と共に虚しく響き、鬼畜な男の興奮と嬲られる青年捜査員の絶望を際限なく加速させていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


娼年インモラル

男は三種類の痴態を優雅に眺める

2018.08.08.Wed.21:00
犬の足を模したグローブとブーツ、そして頭部をすっぽりと覆う犬のマスクは、それだけを見れば可愛らしい装飾品としか思えないだろう。だが、実際は違う。それらの装飾品は見ただけでは分からない、可愛らしさとは遠くかけ離れた機構を持っているのだ。
犬の足を模したグローブとブーツは、手足を包む部分の綿が厚くなっており、装着させられた物は指を使いたくても使えない状況へと追いやられてしまう。更に、このグローブとブーツには本体に合わせた毛が付いたベルトが付いており、そのベルトを絞められた装着者は指が使えないためにベルトを緩められず、自力ではグローブとブーツを脱げなくさせられてしまう。
指の自由を奪い、自力で脱ぐことを禁じる機構を持ったグローブとブーツ。これらは、誰が見ても凶悪な拘束具だ。
しかし、真に凶悪なのは頭部を覆うマスクの方だ。あどけない表情をした犬のマスクの内部には、外側からは想像も付かない無慈悲な機構が隠されている。それは、装着させられた者の喉奥までをみちみちに埋め尽くして言葉と口呼吸を同時に封じる太く長い棒と、鼻の部分にあてがわれたフィルターだ。
マスクの内側に生えた棒で無理矢理に限界まで開かされた口を奥まで貫かれた装着者は唸り声しか発せず、口で呼吸を行うことも叶わない。故に、装着者は鼻で呼吸するしかなく、嫌でもマスクの鼻部分にあてがわれたフィルターを通した……淫薬混じりの空気を吸入させられてしまう。
淫薬の吸入を拒みたくても、手足のグローブ達と同じようにマスクにも自力で外すことを禁じるベルトが付いているためにマスクはむしり取れず。呼吸をとめて淫薬を吸わないようにしても、永遠に息をとめることなど出来ない以上、それは望まぬ発情の加速を息苦しさに置き換えているだけに過ぎない。

甘い苦悶からの脱出を求めて拘束具を外そうと試みても、それはただただ体力を消耗させるだけに終わる。淫薬を体内に取り入れないようにしても、それは甘い苦悶の進行をわずかに遅らせる効果しか持たない。
自由を奪われ、一呼吸の度に肉体を発情させられる状態に置かれた男達は、それぞれ違う色のグローブとブーツとマスクを装着された裸体を檻の中で悶えさせながら、自分を捕らえて飼い慣らす男の前で思い思いの痴態を晒している。

指を使えなくされた上に厚い綿に遮られた手で刺激をしても絶頂に至る刺激は得られないと理解した後も茶色のグローブを嵌められた手をとめられず、無我夢中で勃起させられた自らの男根に緩い快楽を注ぎ続けている男。
淫薬が体内に潜り込んでくるのを拒んで息をとめ、息苦しさと発情に追い詰められた肉体を檻の床に敷かれた薄桃色のマットの上でのたうち回らせている白犬の男。
理性と羞恥の心を淫薬で跡形もなく破壊され、ヒクつく尻穴を檻の鉄格子に擦り付けながら右手のグローブの銀毛を揺らして自身の男根を激しく擦る男。

檻に入れられた三匹の犬が見せる三種類の痴態を優雅に眺める男は、目の前の光景に笑みを零し、調教初日の痴態を目と耳で味わっていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


VANILLA 1

刑事犬達は自身の男根を容赦無く苛め抜く

2018.08.02.Thu.21:00
床から伸びた二本の短い柱の先に固定された、薄桃色のオナホール。それは、二人の刑事を捕らえて山奥の別荘へと連れ去った男が好きに使えと言って刑事達のために用意した道具だ。
もちろん、二人の刑事はそれを使う気などさらさら無かった。むしろ、その固定されたオナホールを睨み付けながら自分達を捕らえた男への怒りを募らせ、その怒りを原動力にして二人の刑事は両手両足を折り畳んだ状態で拘束し肘と膝で身体を支える無様な四つん這いを強制している拘束具を外そうと暴れていた。
しかし、そんな刑事達の反抗心は、監禁調教の日々が長くなるにつれて徐々に砕かれ、跡形も無く蕩けていった。

鋭く男を睨み付けていた刑事達の目は抱いていた怒りの感情を完全に忘れて淫猥に蕩け、憎かったはずの男に甘えるような視線を向けるようになっている。黒い棒状の口枷を装着しようとする指に隙あらば歯を立てようとしていた刑事達の口は自ら口を大きく開いて枷の装着を手助けし、よだれをだらしなく垂れ流しながら従順なペットの鳴き声で男を悦ばせるまでになっている。
心と身体を男の手で躾け直され、服従を刻み込まれた刑事達はもう、主である男に逆らうという選択肢すら思い付かない。
頭部にそれぞれ黒と茶色の犬の耳飾りを取り付けられても、刑事達は犬として扱われる事実に幸福を感じ。尻穴に耳と同じ色の尻尾が付いたアナルパールを挿入されても、嬉しそうな声で鳴きながら腸内を埋め尽くす球をきゅうきゅうと絞め付け。自分がいない間に、根元を戒めた男根を苛め抜いておくようにと男に指示を出されても、堕ちた刑事達は何の疑問も抱かずに指示を受け入れ、折り畳まされた手足を一生懸命に動かして腰を前後に振り乱し、根元をベルトで絞め付けられて射精を禁じられた自らの男根を柱の先に固定されたオナホールで休み無く刺激し、主が望む通りに射精を伴わない絶頂を断続的に迎えて自身の男根を容赦無く苛め抜いていた。

「うんっ、んぅんっ! んふっ、ふっ、ふぅっ!」
「んもっ、んもぉんっ……ふぅ、んぶぅんっ! あぉぉぉぉんっ!!」

頭部の犬耳と、尻穴から垂れ下がった犬の尻尾を揺らし、涙と唾液でぐちょぐちょに汚れているペット仲間の蕩け顔を正面に眺めながら、二匹の刑事犬は男根をオナホールの中で必死に刺激する。
射精したくても出来ない状況に追いやられた男根はパンパンに膨れ上がり、根元のベルトの食い込みを痛いくらいに感じている。加えて、感度が高まりきった男根は常にビクビクと震えており、小さな絶頂を男根が一往復する間に何回も迎えていた。

精液を吐き出せないまま、限界を大きく超えた快楽で絶頂し続けている。それは、拷問と呼んでも良いほどの甘い地獄だ。
だが、かつて刑事であった二匹の犬は、甘い地獄に苦悶しながらも腰をとめない。勝手に腰をとめたら部屋に帰ってきた主にお仕置きをされてしまうからだ。
至福の瞬間である、主の男根の挿入をおあずけされるという、これ以上無く残酷なお仕置きを。

「んむぅぅ、むぅ、はぉ、ぐむぅぅぅぅぅんっ!」
「うふっ、ふぐぅ……んっんっ、んぉぉぉぉぉーっ!」

主の男根に奥深くまでを貫かれる悦びを考えながら、仲良く射精無しの絶頂を迎える二匹の甘い悲鳴は救いの来ない別荘の一室にうるさいくらいに反響し、心と身体を完全に飼い慣らされた二匹の興奮と淫欲を加速させていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


かわいい少年は好きですか?
 | HOME | Next »