FC2ブログ

少年怪盗は怒りを収めるために淫薬を塗り込まれる

2018.02.14.Wed.21:00
早く逃げ出さなければ。
焦りを抱きながら、少年はじたばたと裸体をよじらせ、与えられた拘束を振り解こうとする。
しかし、少年がどんなにもがいても、拘束具は外れる気配すら見せない。手首と地下室の天井を遊び無く繋ぐ革の手枷の鎖も、左右の足首を鎖で短く繋ぐ枷も、少年の必死さを嘲笑うかのように冷たい金属音を立てるのみでびくともせず、少年の視界と言葉を塞ぐ革の目隠しと棒状の口枷も、顔を振り乱したくらいでは全く外れない。

「んー! むぐっ……ふぅ、ふぐぅぅ!」

つま先立ちの裸体をなりふり構わずにくねらせて拘束に力を込めても、拘束から逃れられない事に対する絶望と焦燥が募るだけで、状況は一向に変えられない。
それでも少年は諦めず、いつか何かが好転すると自分を励ますために根拠無く信じてもがき続けていた。
だが、自力では拘束を一つも外せない以上、好転などする訳が無い。数時間に渡ってもがき、暴れ続けた少年の努力は完全に無意味で、少年が恐れていたその時が、残酷にも訪れてしまった。

「んっ!? むぐぅぅぅ!!」

少年を捕らえ、拘束を施して地下室に放置していった男達が地下室に戻ってくる、その時が、だ。

「おーおー、随分と怯えてるねぇ。怪盗君」
「とても、ウチのボスを本気で怒らせた相手とは思えねーな」
「うぐ…ふぐぅっ…!」

愉しげな口調で言いながら、男達は身動きを封じられた少年怪盗を取り囲む。抵抗を完全に取り上げられた少年怪盗は、自分の正体を暴いて拉致し、地下室に拘束した男達の前で無様に裸体を強ばらせる事しか出来ない。

「ま、今更怯えても遅いけどな」
「だな。怪盗君が堕ちるまでボスの怒りも収まらないだろうし…可哀想だけど、怪盗君には堕ちてもらうしかねーな」

仕方が無い、といった言葉を笑顔で放ちつつ、男達は一人一人が持ってきた瓶の中身を自身の手に出し、何の躊躇いも無く出したばかりの瓶の中身を、無防備な少年の裸体に擦り込み始めた。

「んーっ!? むぐ! ふぶぅぅぅ!!」
「っと! 暴れんなよ、怪盗君!」
「この部屋の様子は別室でボスも見てるからよ…あんまりお行儀が悪いと、死ぬまでその格好のまま放置しろって指示が出るかも知れねーぜ?」
「っう…っ!?」

命を握られている事実を改めて思い知らされた少年怪盗は、ささやかな足掻きさえ行えなくされてしまった。
どうする事も出来ず、ただただ打ちひしがれる少年怪盗。そんな少年怪盗に、男達は言った。

「ま、大人しくしてれば、毎日気持ち良ーくなれるからよ。受け入れちまいな」
「俺達も、毎日毎日怪盗君に気持ち良くなれる薬を塗り込んで、堕ちるお手伝いをしてやるからよ。早く心も身体も淫乱になって、ボスの怒りを収めちまいな」
「むぐ…むうぅぅんっ……」

淫らな変化を無理矢理に生み出す薬品を男達の手で全身に塗り込まれる少年怪盗は、甘く火照りだした肉体の熱を感じながら、誰にも届かない助けてを心の中で叫んでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


男の娘学園apend~親戚のエロ漫画家叔父さんと年末年始H編~
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

鬼畜な主は気まぐれに青年を翻弄する

2018.01.23.Tue.21:00
「ご主人…様ぁっ……! お願い、します……イかせてください…射精を……させて、くださいぃっ……!」

涙と、汗と、唾液でぐちょぐちょに汚れた真っ赤な顔をベッドに腰掛けている主に向けながら、青年は荒く乱れた呼吸混じりに淫猥なおねだりを行う。
羞恥に震えながらも、湧き上がる欲望に耐えきれなくなって発せられたそのおねだりは、嘘偽りの無い心の底からの物だ。その事実は、主の男もしっかりと把握している。
だが、意地悪な主は、青年が本心から絶頂を求めている事を把握した上で青年をより追い詰める。縋る視線を一生懸命に寄せる青年の左頬を優しく右の指で撫でながら、主は左手でベッドに置いていたリモコンを操作した。青年の左右の乳首に貼り付けたローターと、根元をベルトで戒められた男根に固定されたローターと連動しているリモコンを、より強い振動を青年の淫らな弱点に流し込むよう操作したのだ。

「あぁっ!? あー! あぅっ…あぁ! ご主人、様ぁっ! 許して、ください……もぅ、いやぁぁっ!!」

ローターの振動が強まると同時に、青年はビクンと仰け反りながら、ローターを振り落とそうと無意識に身体をくねらせる。しかし、そんな事をしてもテープで固定されたローターは乳首と男根から離れない。青年がどんなに身をくねらせても、それは行動の自由を奪う縄が裸体に食い込む音を立てる事にしか繋がらない。

「ご主人…さまぁ……もぉ、ゆりゅひへぇっ! イぎだい! イきたいですぅぅっ! チ○コ…おがじくなるぅっ……射精ひたい…しゃせー…させへくだひゃいぃぃっ……!!」

太ももと足首を縄で短く括られ、赤い絨毯に座り込んだまま立つ事も不可能にされた足を限界まで酷使して青年は射精を禁じられた男根を精一杯主に対して突き出し。背中で二の腕同士と手首同士を縄で縛られ、その縛る縄を胸部と腰に結わえ付けられた腕をガクガクと震わせながら、青年は自分を淫らに苦しめる主に心の底からのおねだりを、先程よりも遥かに切羽詰まった表情と声で行う。
なりふり構わずにはしたない欲望を叫ぶ、惨めな愛しい青年。そんな青年に対して主の男は黒く微笑むと、左頬を撫でていた右手を動かした。男根を締め付けて射精を封じているベルトを外してやるためでは無く、青年を更に苦しめるために。右手の指で哀願を発している青年の口を塞ぎ、唾液に塗れた柔らかな口内を好き勝手に蹂躙するために。

「んむぅっ!? あ、むぅ…ふぐ、うむぁぁっ…!」

突然口内に滑り込んできた指に舌と頬肉をくすぐられ、青年は意味を持たない呻きを唾液と共に口から溢れさせる。
手を使えない以上、青年は口の中で動き回る主の指に触れる事も出来ない。足を使えない以上、青年は裸体を後ろに移動させて指から逃れる事も出来ない。
そして、口を使えなくされた青年はやめてくださいと懇願する事も、射精欲に震える男根の解放を訴えかける事も出来ない。青年はもはや、許しを請う事すらさせてもらえぬまま、主の男の思い通りに射精を伴わない絶頂を迎え続けるしかないのだ。

「あ…ぶうぅ! もごっ、ほぉっ…うぅんっ! うぶぅぅぅっ…!!」

見開いた目から大粒の涙を零し、拘束された裸体を悩ましげによじらせ、指を含まされた口からくぐもった甘い悲鳴を発しながら不完全な絶頂を迎える青年を眺めながら、鬼畜な主は満足げな笑いを浮かべて青年の口を嬲る指とローターの振動を操るリモコンを気まぐれに動かして、青年を一方的に翻弄していた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


迷宮BADEND ep1

少年怪盗は選択の余地無く命令に従わされる

2018.01.15.Mon.21:00
「ほぉら、可愛いだろう? 怪盗君の為に、わざわざ作ってもらったんだよ?」
「んぅ…むぐぅっ…!」

少年怪盗を罠に掛けて捕らえ、自身の邸宅に監禁している男が笑いながら取り出したそれは、黒い猫の尻尾が生えたパンツのような形状の機械で。その機械の内側には男根を模した極太の張型が取り付けられていた。

「さ、早速装着してみようね。きっと、今よりも可愛い猫ちゃんになれるよ」
「むぐぅぅ! うー! うっうぅ!!」

黒い笑みを浮かべながら不穏な機械を持って近付く男に少年怪盗は強い怯えを抱き、必死の抵抗を行う。
白い毛と肉球が付いているブーツを履かされた足をバタつかせ、自分の身体を抱き締めるような状態を腕に強制している白の拘束服をギチギチと鳴らし、頭部に取り付けられた白猫の耳の飾りと丸出しの幼い男根をぶるぶると揺らしながら、少年怪盗はどうにかして男の悪意から逃れようとする。
諦め悪く抗う少年怪盗。そんな少年怪盗に対して男はしょうがないなと言わんばかりにため息を吐き、いったん機械を床に置くと少年怪盗の抵抗を完全に封じる一手を施した。少年怪盗の顔の下半分を覆う口枷の仕掛けを作動させる一手を、だ。

「っぐ!? ごっ! ほごっ…おもぉぉ…っ!?」

じたばたと暴れに暴れていた少年怪盗が突然暴れる事をやめ、驚愕の表情を晒しながら床の上でのたうち、苦悶の唸りを上げる。
男は、その無様な少年の様子を目を細めて観察しつつ、愉しげな口調で少年怪盗に状況を伝えた。

「息が苦しいねー? 口枷を操作して、呼吸の為に空けてた穴に栓をしちゃったから当然苦しいよねー?」
「っ!? ぐふっ…うごぉぉっ…!」

そこまで説明をされて、少年怪盗はようやく呼吸が遮られた原因に気付いた。口枷の鼻の部分近くに付いたダイヤルを回した男の指が原因だ。
だが、それに気付いてもどうしようも無い。腕を拘束されていてはダイヤルを元の位置に戻す事も出来ない。

「う…ぶふっ……も、おぉ、おぅ、ふぼぉっ…!」

閉じたまま開けないよう枷によって締め付けられた口から絶望の唸りを漏らし、ダイヤルが回された事でスライドした板によって呼吸を塞がれた鼻をピクピクと震わせながら、少年怪盗は憎いはずの男に救いを求めて哀願の視線を向ける。
すると、男は今まで以上ににっこりと笑い、少年怪盗に命令を出した。

「うつ伏せになって、お尻を高く上げて、この新しい玩具を大人しく装着されなさい。そうしたら、また呼吸をさせてあげるよ」
「っふ! うぅ、うもぉぉ…っ!」

逆らう余裕も、選択の余地も無い。少年怪盗は出された命令に、従順に従うしか無い。
息苦しさと戦いながら拘束された肉体を動かしてうつ伏せになり、尻穴と男根を高く掲げて無防備にさらけ出す少年怪盗の姿を眺めつつ男は床に置いていた機械を再び手に取り、揺れ動く尻尾を目で愉しみながら、幾度となく弄んだ幼い尻穴を極太の張型で埋め尽くしていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


メス堕ち大学~淫乱女装奴隷に堕とされた優等生の末路~

最初の一日は甘く残酷な苦悶で満たされる

2018.01.01.Mon.21:00
背中でひねり上げられた手首を縛る縄。二の腕を胸部に緩み無く括り付ける縄。二の腕の縄と手首の縄を短く繋ぐ縄。足首と太ももを結合する縄。膝と、二の腕の縄を結んで裸体を窮屈に折り畳んだ状態を強制する縄。そして、手を使う事を禁じられ、足だけで無く身体を伸ばす事も不可能にされた裸体を地下室の中央に置いた一人がけのソファーに縛り付け、ソファーから降りる事はもちろん、無防備にさらけ出された恥部を隠す事も、視界と言葉を塞ぐ白布の目隠しと赤色のギャグボールを毟り取る事も出来なくさせている縄。
厳重に施された赤縄と、追い打ちのように与えられた頭部の拘束。これらにありとあらゆる自由を取り上げられた男は逃げ出したくても逃げ出せず、一人きりの地下室で屈辱を煽られながら、一晩中ほったらかしにされるしか無かった。

「うー…っ! ふぐ……うぐうぅ…っ!」

飲み込めない唾液をギャグボールの穴から自身の胸元にぼたぼたと垂れ流しながら、全身に巻き付けられた縄の食い込みを強く感じながら、男は諦め悪く縄を解こうともがいている。
だが、やはり縄は解けない。睡眠も取らずに一晩中暴れ続けても、男を縛る縄は全く緩まず、絶望の音が地下室に響いてしまった。
それは、男を縛り上げて放置していった男が地下室の扉を開ける音だ。
朝に戻ってくると告げて去った男は宣言通りに朝に地下室へと戻り、丁寧に扉の鍵を掛け直すと、靴音をカツカツと鳴らしつつ無様な格好を晒している男に尋ねた。

「明けましておめでとう、刑事さん。情けない格好で、尻穴をヒクつかせながら新年を迎えた感想は?」
「ん…ぐ! ふぅ……ふぶうぅぅ…!」

刑事と呼ばれた男は、自分を辱める男の余裕たっぷりの問いかけに苛立ちを覚え、塞がれた口で怒りの感情を込めた唸りを上げる。
しかし、惨めな姿で怒りをぶつけても、それは辱める男の加虐心を掻き立てる効果しか持たない。鍛え上げられた逞しい肉体を持つ刑事の男が縄に拘束され、恥部を丸出しにした格好のまま、意味の無い唸りを悔しげに発している。その状況に黒い欲望を刺激された男は残酷な笑みを浮かべて刑事を繋いだソファーの前にしゃがみ込み、右手を刑事の恥部へと動かしながら愉快そうに言った。

「ちゃんと答えてよ、刑事さん。お尻の穴に媚薬をたっぷり仕込まれて、自分で慰める事も出来ないまま年を越した気分はどうだったの?」
「っ!? ぐふ! うぐふぅぅぅっ!!」

先程よりも冷酷に踏み込んだ問いを浴びせかけられながら淫薬の効能で疼きに疼かされていた尻穴の入り口を男の指の腹でくにくにとこねられた刑事は、目隠しの下で目を剥きながらビクビクと仰け反り、甘く歪んだ悲鳴を上げる。
その欲望を加速させる悲鳴と、丹念に加えた調教によって快楽に弱くなった肉体が身悶える様子に気を良くした男は一層黒い笑みを濃くし、尻穴を責める指の動きを速めていく。

「ほらほら、早く答えないとずっとこのままだよ? それとも、刑事さんは入口だけを苛められて、イく事も射精も出来ないままよがり狂わされるのが実は好きなのかな?」
「っ、ぐ! むぐぅぅぅっ!! おふっ、ぶふっ! むぶぅぅぅぅーっ!!」

反抗心に満ちた語気の強い言葉も、男が悦ぶであろう恥辱に塗れた返事も、言葉を封じられていては放てず。刑事の男は新年最初の一日を、イく事も哀願する事も許されぬまま、意識を手放すまで喘ぎ鳴かされるのだった。

「今年こそ、刑事さんを立派な僕専用の肉奴隷に作り変えてあげるからね…」
「もっ、ごぉぉっ!! ふーぅっ! うぶふぅぅぅっ!!」

一方的な決意の言葉は、もどかしさのみが募る快楽の波にもみくちゃにされる哀れな刑事の耳にはもはや、届いてはいなかった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


だいしゅきホールド性欲図鑑

電車は犬達に苦悶の散歩を強いる

2017.11.15.Wed.21:00
歩く速度よりも遅い早さで走り、様々なアトラクションが賑わっている様子を眺めながら遊園地内を一周するミニ電車は遊園地の顔であり、子供達に人気のアトラクションだ。
だが、今は全く違う。賑わっているはずのアトラクションは全て静まり返り、喜ぶ子供と子供が喜ぶ様子に弾む親の声もしていない、そんな状況で電車は閉園時間をとっくに過ぎた遊園地内をゆっくりと走っている。
華やかな遊園地を隠れ蓑にして行われていた違法な取引の実態に迫った二人の捜査員を無様な姿で無理矢理に歩かせ、屈服と陥落を促す為に、だ。

人が多く集まり、取引の会話も掻き消される遊園地。そこが犯罪に利用されてしまっているという情報を掴んでいた捜査員達は、取引の証拠を押さえる目的で遊園地に訪れ、写真撮影が行える機械を構えて標的を尾行していた。遊園地が犯罪に利用されている側では無く、遊園地その物が違法な取引で得た莫大な金で作られた更なる取引の舞台だという事実を知らぬまま、自分達の組織の上部に取引を行っている組織と深く繋がっている裏切り者がおり、取引の情報が自分達を捕らえる事を狙って落とされた物だという事実を欠片も想像もせぬまま二人は尾行しているつもりで騒いでも助けの来ない敵だらけの空間へと誘導され、抵抗虚しく数十人の男にその身を可愛らしい顔をした白犬と茶色犬の着ぐるみの中に拘束されてしまった。
どんなに力を込めて動かしても、着ぐるみの厚い布地に包まれた手足は窮屈に折り畳まれた状態から抜け出せない。必死になって引っ張っても、着ぐるみの上から二人の首に嵌められた赤い首輪と電車の後ろの柱を繋ぐ頑丈な鎖は冷たい金属音を響かせるのみで外れない。着ぐるみの内部に仕込まれた淫らな責め具から逃れたいと思っても、着ぐるみの背中にあるファスナーに触る事も出来ない手では責め具をとめる事はもちろん、着ぐるみを脱ぐ事も叶わない。
あらゆる自由を奪われた捜査員達。彼らに取れる行動は、もはや一つしか無い。乳首と男根を激しく振動させ奥深くまで貫いた尻穴を容赦無く掻き回して射精を強いる無慈悲な機械達に一方的な絶頂を強いられながら、肘と膝で支えている犬の着ぐるみの中に閉じ込められた裸体を電車に引っ張られて遊園地内を散歩させられるという恥辱に、どうする事も出来ぬまま苦しめられるしか無い。
惨めに許しを請う事さえ着ぐるみ内に生えた張型を喉までくわえ込まされた事で封じられた捜査員達は、快楽に歪んだ言葉にならない悲鳴を発しながら、屈辱的な連続絶頂に震える肉体を歩かせるしか無いのだ。

「んー…! ふぐぅっ…うぐ、むぐぅっ……!!」
「ふーっ! も、ごほぉっ…! うぅ、うふうぅぅっ…」

くぐもった悲鳴を夜の遊園地に弱々しく響かせ、着ぐるみの上からでも分かる程に痙攣している四つん這いの身体を一歩、また一歩と散歩させられる哀れな捜査員達。もう、何十分も前から着ぐるみの中は捜査員自身が吐き出した精液の淫臭が充満し、呼吸の度に嫌でもその淫臭を吸入してしまう状態となっているだろう。淫具によって際限無く高められた肉体は十数秒ごとに絶頂へと追いやられ、精液を一滴残らず絞り出された男根は精液で濡れそぼった布地に過敏な先端を擦り付けながら透明な先走りのみを垂れ流しているだろう。
けれど、捜査員達の声は決して諦めてはいない。甘く蕩けた悲鳴を放ちつつも、捜査員達はまだまだ屈服からは程遠い声を上げている。
そんな諦めの悪い立派な捜査員達を、捜査員達に散歩をさせている電車の最後列で眺めている犯罪組織の幹部は微笑んで眺め、小さく呟く。

「捜査員さん、頑張れ頑張れ。誰も助けになんて来ないけど、見てて愉しいからもっと頑張れ」
「んぐぅぅぅーっ! ふっ、ふぎゅぅぅぅぅ!!」
「おもぉっ…ふー! むぶぅぅぅぅっ!!」

敵しかいない遊園地内で、自分の組織の上部にも敵がいる絶望の事実を知らないまま快楽責めに耐える捜査員達は、まるで満月に向かって吠えるかのように、白と茶色の犬の頭を夜空に持ち上げて悲痛極まりない喘ぎ混じりの絶叫を発していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ワケアリ少年
 | HOME | Next »