FC2ブログ

少年は男達の前で痒みに破壊される

2018.10.17.Wed.21:00
自身の膝を抱えた状態で手首の枷と首輪の前部を短い鎖で繋がれた少年の裸体は、身動きを大きく制限されてしまった。
立つことも出来ない。当然移動も出来ない。無様な姿を男達に嘲笑われヒーローとしての誇りを鋭く痛め付けられても少年は屈辱に震えるしか無く、丸出しの恥部に無慈悲な責めを加えられても少年はどうすることも出来ぬまま、自分を捕らえた男達の思い通りに悶え苦しむしか無い。
二人の男に左右の足首をベッドへと押し付けられた少年ヒーローは、強烈な痒みを引き起こす薬品をたっぷりと注がれた尻穴が情けなく収縮する様を、為す術無く男達に観察されるしか無いのだ。

「ぐ、ひ、いぃぃっ! あぁ、がゆい! がゆいぃ、おひり、かゆいぃぃぃっ!!」

痒いと口にする度に、身をよじらせて恥部が揺れ動く度に、尻穴を凝視する男達の笑みが濃くなる。それに気付いていても、少年は痒いと叫ぶことをやめられない。窮屈な仰向けの体勢を強要された裸体をよじらせるのをやめられない。そうしなければ気が変になってしまいそうな程に、尻穴が痒くて仕方が無いからだ。
ヒーローとしての態度も、男達への憎しみも、裸体を晒している屈辱も。何もかも尻穴の痒みに飲み込まれている。少年はもはや、尻穴のことしか考えられない。どうすればこの痒みを鎮められるか、少年の追い詰められた思考は痒みの解消法を必死に探し、いつしか拒んでいた選択肢を何の躊躇いも無く本心から放つようになっていた。

「お願い、じまずぅぅっ!! おじり、ほじっでぇぇっ!! おひり、ひっがいで! 引っ掻いて、くらひゃいぃぃっ!!」

喉が破れんばかりの勢いで発せられる、淫猥なおねだり。それは、少年ヒーローが痒みに屈して誇りをかなぐり捨てたことを示すなりふり構わない哀願だ。
だが、その悲痛な哀願を耳にしても、男達は少年に慈悲を与えない。その理由は至極単純で、残酷だ。自分達の邪魔をした少年が苦しむ様子をもっと長く見たい。ただ、それだけだ。

「もぉ、ゆりゅじでぇっ! おがじぐなるぅぅ!! おひり、がゆい! がゆいぃぃぃ!! だじゅげで、おじりぃぃっ! ほじほじじでよぉぉぉぉぉっ!!」

救いを求めて鳴き叫ぶ少年の願いを聞き流す男達は、ヒーローという正義の存在であった少年が理性と正気を尻穴の痒みに破壊されて狂っていく過程を目と耳で味わい、その胸に歪んだ充足感を抱いていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


蔵男とおかず少年
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 | HOME | Next »